歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
6月22日の記事(「俺たちって、変?」)でも書きましたが、異常に仲がいいい、我が高校時代の同級生たち。
(昨夜もAni宅で、ホームパーティー!)

その様子は毎回FBでレポートされるので、参加できなかった友人も、なんとなく参加したような気分になれるのでした。

ただし、いつも「気分」だけで、どうしても参加できない友人がひとりいます。

福岡在住のMiちゃん(昔の名前はSiちゃん?)

さすがに福岡から関東にはそうそう出てこれません。(ちなみに静岡在住の2名は、しょっちゅう来てますが)

だから彼女のFBコメントは、いつも「いいな、私も参加したいな」。

コメントを見るたびに、ちょっと切なくなる、けどやっぱり遠いよね。

「今度の3連休、福岡でK高ラーメン部の夏合宿を行います!」

ラーメン部(レイクタウンのジャンクガレッジ、全部増しチャレンジに参加したK高OBメンバーによる、ラーメン食べ歩きの会。その後部員は増殖中です。なお実際のK高にはラーメン部は実在しません)初代部長 As氏が突然こう宣言しました。

なんと!

でもそうだな、こっちから行けばいいんだね!

さすが部長m(_ _)m

ということで、今回は旅のレポート、題して

「大人の修学旅行 K高ラーメン部夏合宿福岡編」 

初日

移動は往復とも新幹線、こちらの参加者は3名、あと1名は静岡から飛行機で福岡入りです。
sinkansen2

初めてのグリーン車。
sinkansen3

別に贅沢したかった訳ではなく、単に普通車が取れなかったから。

思ったほど広くはないな、というのがAniの印象、飛行機のビジネス席と変わらないかな?
でも5時間弱の長旅ですから、グリーンにして正解でした。

ウオーミングアップで、缶ビール2本andハーフボトル1本。
博多駅
一眠りしたら、博多に到着です。

駅はずいぶん綺麗になってますな!
新幹線1

As部長、初めて来たはずなのに、地図を見ないでホテルへずんずんと迷わず歩いていきます。さすが部長。

で、ホテルで静岡から参戦のSh部員と合流し、最初の目的地、中華「紅蓉軒」でMiちゃんと合流、ランチします。

ん?、どういう趣味?(悪いという意味ではなく)
abi-ro-do

で、店内。納得!

tyuuka3
tyuuka2

かなりのマニアと見ました!
(この店のマスター、先日の幻のポール日本公演、武道館組(10万円チケット!)だったそうです。やっぱり現地でどドタキャンくらって、同じくドタキャン組のAniとその話題で大いに盛り上がりました。v(^-^) )

で、エビスで先の乾杯してると、ほどなくMiちゃん、お嬢さんと共に登場です。

MiちゃんとSh部員、およそ35年ぶりの再会です!
でも案外2人とも当時と変わってないので、実にあっさりとした再会でした。?

で、ビールをやりつつ、名物の皿うどんを食し、
tyuuka4
同じく名物の麻婆豆腐、遅かった、すでに完食!

このあと2班に分かれます。

その前に記念撮影
紅蓉軒 集合

おっと、2班に別れる前に中洲川端商店街よこの「櫛田神社」寄ったんだった。
yamagasa
博多祇園祭りの山笠が飾ってありました。

何故かK藤くん(別称:Mすたー)発見!
K藤

AniとSh部員はヤフオクドーム、As部長たちは大濠公園、福岡市立美術館へ。

今回はAniの我儘により二手に別れることになってしまいました。

だってせっかく福岡まで来たのですから、行ってみたいじゃないですか。
HKT2

こっちの方!
HKT3

別に公演が見たいわけじゃないんです。
以前アキバのAKB劇場に行ったとき、ロビーまでは入れたので、今回も期待していたのですが、

ガーン(:>_<:) ロビーまで入れません(T T)

今日は「パジャマドライブ」という公演があって、公演終了後の19:00以降じゃないと、ロビーには入れないそうです。
HKT1

入れていれば、こんな感じらしいです!


結構ショック、さて、どうするか。

周りをブラブラするしかありませんな!

王さん
(ちなみに墨田区体育館の記念コーナーなら、「タダ」です!)
wan

記念撮影
V

ショップにて。今年のカラーは「赤」
ho-kusuaka
(ちなみにヤマト運輸の配送員も、JRの鉄道員も、みんなこのユニフォーム来てます。博多のホークス愛、恐るべき)

なぜか見上げた雲が、「九州に来た!」って感じさせてくれました。
kumo

※初日のスケジュール、ようやく半分消化。レポートはまだ続きます、書く方もシンドいぞ(;*_*;)

中洲に戻りました、今晩のディナー

博多といえば、「水炊き」でしょ!

ということで、名店「長野」さんです。
nagano1
nagano2

なんか勝手に手が出せない雰囲気。(既にセットされてます)
nagano4
仲居さんの指示に従いはじめはスープからいただきます。
nagano3
右の湯呑?に、先ほどの白濁したスープを注いでいただきます。左の器は「酢もつ」 これ、絶品!!!

で、もも肉、つくね、最後に野菜と食べ進めるのですが、すみません、写真撮り忘れました。

締めの「雑炊」をみんな楽しみにしていたのですが、甘かった、野菜でお腹いっぱいです。
リベンジを期して、次の予定、中洲川下りへ!

この船に乗ります。
nakasufune

街を流れる「那珂川」にはさまれた、この川沿いが九州一の繁華街「中洲」です。
nakasufune2

屋台が見えます、川の東側は飲食店や風俗店が立ち並ぶ、いわゆる繁華街、西側はおしゃれな感じの店がが立ち並ぶ、若者向けの街だそうです。

写真は「メイド屋台」 コンセプトは買いです、しかし演っている女子がビミョー? 
この場合、「味」より「女子」でしょう、売りは!

「ラーメン部なのに、ラーメン食べてないじゃないか!」

予定では川巡りのあと屋台でラーメンでしたが、残念、50代の胃袋は水炊きを消化できず、初日の活動は終了となりました。

いやー、部長の立てたスケジュール、けっこう「弾丸」だぞ。

明日のスケジュールも、地元の人に言わせれば、「ありえない」ハード日程だとか。

K高ラーメン部、体力勝負です!(つづく)
2014/07/28 05:47 散歩・旅行 TB(0) CM(1)
タイ料理が好きです。

最初の出会いは20年以上前に出張で訪れたバンコク。
辛くて、甘くて、酸っぱいという、和食っぽくも洋食っぽくもない、独特な感覚にはまりました。

それからは出張、バカンスでバンコクを訪れるたびに堪能し、日本や香港でも、レストランを見つけてはちょいちょい通っていました。

また2年前まで住んだ住吉・錦糸町界隈は日本でも有数なエスニックタウンでしたので、高級タイレストランからカウンター形式のカレーショップなどいろいろあっって、ことタイ料理に関しては困りませんでした。

先週の週末キッチンの棚をゴソゴソしてたら、こんなのが出てきました。

横ですみません

確か草加駅ビルの北野エースで買ったはず、すっかり忘れていました。
こっち(草加)には、近くにタイレストランがありません。
だからたまに無性に食べたくなるのですが、わざわざ錦糸町まで食べに行くのさすがに面倒なのです。
誰かを誘うにしても、タイ料理というといまいちノッてきません。

それでどうしたもんかと思っていたら、ふらっと入った北野エースでこれを見つけました。
早速買ったのですが、変なところにしまったせいで、すっかり忘れていたのでした。
もとの場所に戻すとまた忘れそうなので、賞味期限は十分ありましたが、作ってみることにしました。

まずは材料、こんな感じ。

銀色の袋はココナッツミルクパウダー、左下がカレールー、右上はナンプラー(タイのお醤油)、その下は、香草(内容不明)

で、具材を

こんな感じでカットします。

2~3人前です。パッケージに書いてあるレシピより、野菜はちょっと少なめかな。多すぎて薄味になるような気がしたので。

で、その後はレシピのとおりに料理しました。

まずはカレーペーストをサラダ油で伸ばします。

火にかけて馴染んだら、鶏肉を入れて炒めます。
(ここまでの工程の写真は、撮るの忘れましたm(_ _)m、)

軽く火がとおったら、水に溶かしたココナッツパウダーを投入し、乾燥スパイスを投入。


沸騰したら野菜を  しめじ、なす、ピーマンの順に入れ、

最後にナンプラーで味を調えて


出来上がりです。


初めて作りましたが、悪くない出来です。レシピ通りに作れば、だれが作ってもそんなに失敗しないと思います。
肝心の味のほうですが、普通にタイのグリーンカレーに仕上がりました。
決め手はココナッツミルクのようです。
これをを使うと、どうもタイ料理っぽくなるみたいです。

タイ料理初心者の方は、書かれているレシピ通りに作るのがいいでしょう!マイルドな仕上がりです。

で、タイ料理上級者の方については、自分のお気に入りの味にアレンジするのもいいかも。

本場はかなり辛いですから、鷹の爪や青とうがらし(辛いのはなかなか売ってませんが)を加えたらいいでしょう。

あと、ナンプラーは味を見ながら加えてください。
Aniは添付のナンプラー、何も考えずに全部入れてしまったら、少ししょっぱかった。

この商品、普通のスーパーにはおいていないと思いますが、北野エース、成城石井、紀伊国屋スーパーなどの高級スーパーなら置いてあると思います。(ブランドは「タイの台所」)

たまにはエスニックって気分の時、お薦めです。






2014/07/17 13:05 レシピ・グルメ TB(0) CM(0)
草加市にある「草加松原」が、この春、国の「名勝」に指定されました。

いつの間にか、こんなの貼られてました

行楽地に行くと、たまに「名勝」の碑を見かけたりしたので、へー、あの松並木が名勝か、これって凄いことではない?、と思っていたのですが、その後ちっとも騒ぎになりません。ってゆうか、ほとんどの草加市民、そのことを知ってるのかな?

「名勝」って、例えば誰もが知っている風光明媚な風景や、有名な歴史的な建造物とかが指定されるんじゃないかと思って調べてみたら、確かに、有名どころがたくさん並んでます。富士山、松島、長瀞、上高地、建物系なら六義園、三溪園、銀閣寺、兼六園とか。
でも、案外一般的に知られていないところも、結構あります。半分ぐらいがそうでした。
「文化財保護法」に準拠して選出されているようですが、必ずしも「有名」だから選ばれるわけではないようです。

で、今回我が草加市から選ばれた「草加松原」、実は「草加松原」単独で選ばれていないことがわかりました。

「おくのほそ道 風景地」という、松尾芭蕉の「奥の細道」に由来する13の景勝地の一つとして、「草加松原」が選ばれたようです。
http://www.ogakikanko.jp/event/meisyo_stamprally/pdf/leaflet.pdf

なんだ、「草加の松並木」といえば、江戸時代に日光街道が整備された時に始まる、一応由緒正しい歴史を持つ所なのですが、そこは評価されたわけではないようです。
あくまで、「奥の細道」由来の一景勝地としての選出、ま、しょうがないかな。

1.5Kmの遊歩道で600本の松が植わっているところってそうはないので、珍しいといえばそうなのですが、それ以外特に変わったところはなく、ちょうどいいいジョッキング、ウオーキングコースといったところでしょう。
確かに走りやすいです、Aniもよく走ります。でもほとんどが近所の人ばかりだと思います。わざわざここに走りに来る人は、多分いない。


また植わっている松もここ20年くらいに植えられたものなので、それほど大きくありません。ここはかつて国道4号線が走っていたので、昭和3、40年頃はかなりの交通量でした。
それで江戸時代から植わっていた大木がどんどん倒壊してしまい(車のせいで、根が弱っていった)、このままだと松がなくなってしまう危機感から、昭和60年ころに遊歩道にして新たに松を植えて保護を始めたのでした。

でその時に、どういうわけか「草加松原」と「奥の細道」が結び付けられました。
?昔からの草加市民は「なんで?」と多くが思いました。

いままで「草加松原」と「奥の細道」が関係あるなんて聞いたことがありませんでした。
もし関係があるなら、きっと小学校で教えていたはずです。
草加市の小学生は、今はわかりませんが、Aniのころはせんべい発祥の由来を必ず学んでいました。

いわく、松並木の際に「おせん」というおばあさんが営む茶屋があって、ある日売れ残った団子を平に潰して、干して、醤油を塗って焼いて売ったら、これが大好評で、以来そのおばあさんの名前をとって、このお菓子は「おせんべい」と呼ばれるようになった(諸説あります)。

茶店があったと思われるところが、「おせん公園」になってました

芭蕉と草加に縁があるなら、他に逸話のない街ですから必ず学ばされていたと思います。

では全然関係ないかといえば、ちょっとだけあるんですね、これが。
「奥の細道」の冒頭の一節で「草加」が登場するのです。

「その日やうやう草加という宿にたどり着きにけり(現代語訳:その日のうちにようやく草加という宿場にたどり着いた)」

この1文だけです。一句読んだわけでもなく、街の印象も一切語られていません。

でもこの記述のみを頼りに、草加は芭蕉と縁があることにしてしまい、その後芭蕉像を立てたり、「奥の細道文学賞」を創設したりして、草加市は地道に努力しました。
で、結果、今回の「名勝」指定!
いやー、大したもんだと思います。

と、いうことで、昨日撮ってきた「草加松原」を以下に掲載します。
なんてことないただの遊歩道です。特におすすめはしません。
あ、でもここが活躍する時、ありました。
お祭り、イベントの時!
屋台の出店を出すのに最適なんです、かなりの数の屋台が出せます。
毎年11月に「草加ふささら祭り」があります。興味があったら、
どうぞ m(^_^)m

途中、こんなのがあります


となりを流れる綾瀬川


著名な学者さん、確か震災後に日本に帰化したのでは


松尾芭蕉の像  何故か「江戸」の方を振り返っています  もう後悔してるのか?

ふささら屋台
屋台が出ると、こんな感じ
2014/07/13 11:11 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
Aniのブログはノンジャンルで、思いつくまま、気の向くままにテーマを見つけ、なんとか週一UPで続けております。

で、1年半くらい続けてきて、過去にUPした記事の中で、その後をコメント程度にちょっとだけ言いたくなったものがいくつか出てきましたので、今日はそういうことで、お付き合い願います m(_ _)m

2013.12.15 上海がやばいことになってるらしい

去年の暮れに書いたこの記事、上海の大気汚染が相当ひどいことになっていることを伝えましたが、その後どうなったでしょう?

現地ブログとかいろいろ探ってみましたが、特に言及した記事は見つかりませんでした。
「相変わらず空気は汚れている!」という記事はいくつかありましたが。
どうやら既に、当たり前、諦めのようです。

そのせいか、当地の在留邦人は初めて減少に転じたようです。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140524/chn14052420400008-n1.htm

ま、日中関係の冷え込みも影響しているでしょうが、確かにここのところ、観光案内的な中国報道も、全くと言っていいほど見かけません。
わざわざ嫌な思いをしに、行く人はいませんよね。
日中関係に関して言えば、しばらく触らないことが、一番賢い選択だとAniは思います。

2014.1.26 朝の情報番組

4月の番組改変で大きく変わったのがTBS。
みのさんがこけたから。

で、そのあとが夏目ちゃん。


皆さんの評価はどうでしょう?

Aniの評価は「孤軍奮闘!」ってとこでしょうか。
フジの綺麗どころ数で勝負!に対しては、一人で頑張ってるな、ちょっと劣勢、日テレのバラエティ色に対しては、うーん、イマイチ中途半端?相方(明大教授の斉藤さん、レギュラー持っててもいいのかな?)は頼りにならず、ってとこでしょうか。

たまに天然かますところが、可愛かったりしますが、
もうすぐ、強力なライバル、田中みな実がくるぞ!


カトパンもフリーになったら、もっと面白いのにね!


2014.3.30 二度おいしい!?映画「アナと雪の女王」

いや、こんなにヒットするとは思いませんでした。

勝因は?
なんといっても吹き替えの成功でしょう!
松たか子の「Let it go」は、本当にいい出来だと思います。英語版より、ヒロインのイメージにあってると思います(英語版の人、シャウトも入ったりして、ちょっと「力強すぎ!」)


だからMay Jが歌う「Let it go」を「聞くと、なんか欲求不満を感じるのはAniだけでしょうか。(KEYが低くて迫力半減!)

気が早いですが、今年の紅白の目玉は、最初で最後の松たか子「Let it go」生歌。
プラス映画のコスチュームそのままで、神田沙也加と合唱!

ミュージカルにしたら面白いのにね。
アナと雪ワン

でもディズニーが認めないか (ToT)/^^^^^

2014.6.29 なりたいだけの人たち

セクハラやじの東京都議に続き、今度は兵庫県議の野々村某。

この人の発言を聞くと、ほんと「なりたいだけ」っていうのがよくわかります。
それだけでなく、なったら「好き勝手」ですから。

この世界中に日本の恥を晒した本人については、もう何も言うつもりはありませんが、事の問題は、この手の輩しか議員になりたい人がいないってことではないでしょうか。

地方政治にみんなが無関心だからこそ、そこにつけ込みこの手のやからが当選してしまいます。

そもそも地方議員って何をしてる?
ほんとに今の人数が必要なのか?

一度そこから見直す必要があるのかな。

みんながその意識を持てば、自ずと「なってもらいたい人」のイメージができそうな気がします。

そう言う人を、おだてて担いで議員になってもらうのです。

政治って、割に合わないけれど誰かがやらなきゃならないことだとしたら、そのことを承知している人にお願いしたいですね。

そういう、リスペクトできる人であれば、当然信頼できるでしょう?

東京の鈴木某と兵庫の野々村某。
自分からは辞めないんだろうな。

辞めたらやめたで、次も変なのだったら困るけどね。
2014/07/06 15:20 その他 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。