歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
「平成四半世紀」

先週、何気なく観たNHKの情報番組で、この言葉を耳にしました。
耳障りのいい言葉だなと感じたのと同時に、もう平成になって25年も経ったのかと、改めて時の流れの速さに驚きました。

四半世紀=25年。
恐らくこの「四半世紀」という言葉は、もともと日本語にあった言葉ではなく、明治時代に創られた英語の「Quarter(クォーター)」の訳語でしょう。

日本語的に考えると、「四半世紀」が1/4年を意味するって、なんだかおかしくありませんか?

「四季」という言葉は「春夏秋冬」の4つの季節を表す言葉で「四季」なので納得ですが、じゃあ「四半世紀」は「4つ」の「半世紀」で「2年」ってこと?

半分の半分ですから、「半々世紀」でも良かったのではと思いますが、きっと欧米では一般的な概念である「quarter(クォーター)」を近いニュアンスで表現するために、あえて「四半世紀」と訳したのではないでしょうか。

アジア圏では「1/4」を単位とする概念は希薄です。
例えば貨幣の単位だと、100、50、10、5と、半分にしていきますが、欧米(英語圏だけかもしれませんが)には「Quarter(クォーター)」=25という硬貨があります。

Aniが初めて米国に行った時に手にしたこのクォーター硬貨に、「果たしてこの硬貨は必要なのだろうか?」と、なんとなく違和感を感じたのは、恐らく我々アジア人にとって、この「Quarter(クォーター)」という概念に馴染みがなかったからでしょう。

さて、「25年」

結構な長さです。

あなたが「50代」なら、ほぼ人生の「半分」
「20代」なら、ほぼ「全部」
「70代」なら、約「1/3」

人の一生のうちに起こる様々なイベントは、25年間もあれば大体収まります。

20代では、「大人」になるまでのイベント。

「入学」「卒業」、「初恋」「失恋」、「出会い」「別れ」、「就職」も入りますね。

50代、「大人」になってからの25年間。

人の一生において一番内容の濃い25年間、また、人によって「生き方」の違いが表れる25年間でもあります。

「結婚」「離婚」、「出産」「死別」、「栄転」「降格」、「成功」「失敗」(これはあまりに抽象的すぎるか?!)

これ以上「対」になる概念が思い浮かばないので、あとはランダムになりますが、

「転職」、「失業」、「浮気」、「不倫」?
あとなんだろう?

70代はなってないので想像になりますが、

「定年」、「引退」、「病気」

今の70代は全然若いので、50代で挙げた項目もかなり当てはまるのかもしれません。(さすがに「出産」は無理でしょうけど)

これまでの25年を振り返ってみると、先ほどあげた人生の「イベント」について、みなさんそれそれの「思い出」があろうかと思います。
(Aniの場合、「結婚」とか「該当なし」が結構あって、ちょっと寂しい気もしますが)

楽しかったこと、辛かったこと、悲しかったことetc...

「思い出」を糧に残りの人生を生きるにはまだまだ全然早すぎますが、この25年間に起きた人生のイベントの中で、その後の人生を左右するようなイベントはなかったのか、それはなんだったのかと、ふと、思いました。

恐らくそのイベントの渦中にいる時と、その後しばらくは、これが人生を変える出来事なんて思いもしないでしょう。多分それどころじゃなく、無我夢中でだったはずですから。

どうでしょう、この25年間で、自分にとって人生を変えたイベントはなんだったのか、平成四半世紀というちょうどいい区切りなので、みなさん振り返ってみては。

「ないはずはない!」とは言いませんが、25年も生きればなんかあるような気がします。

Aniが今回振り返って見ると、平成はじめの頃の、最初の「転職」だったと思います。

それまでのAniは、自分は普通で平凡な人生を歩んでいくとばっかり思ってました。

ひとつの会社でそこそこ出世して定年まで勤め、結婚して家庭を持ち、可もなく不可もなく、穏やかに人生を送る、そんなイメージでした。

でもひょんなことから「転職」したことによって、なぜか「普通」からは外れてしまった気がしたんですね。
やはり当時「転職」は、いまほど「普通」のことではなく、結構「勇気」のいることでしたから。

だったら、「普通」じゃない生き方を、どうせならしてやろうと、なぜかだんだんその気になってしまって、その後も転職したり、海外に住んでみたりと、その程度は「普通」なのかもしれませんが、自分としては結構「普通」じゃない生き方ができたのかなと、今になって思います。

未だに「独身」なのも、「普通」じゃないうちかなと思ってましたが、周りを見渡すと結構いるので、これは今では「普通」なのかもしれませんが。

人生を変えたイベントがあったことに気づくことは、別にそれを「思い出」として楽しむためでなく、これからの人生に生かすためことができると考えるからです。

そのままの路線で突っ走るのがいいのか、ここらで路線変更すべきなのか、少しだけ立ち止まって考えてみるのもいいかと思います。

Aniはまだまだ、このまま突っ走りますが\(^0^)/
2013/10/27 12:42 その他 TB(0) CM(0)
東京ゲートブリッジ

東京湾を突っ切る形で架かっている橋です。


江東区の埋立地である夢の島の、一番奥の若洲キャンプ場のあたりから、中央防波堤の埋立地に架かっています。
地図で見ると、こんな感じ。
tokyo-gate-bridge_2010_map[1]


2012年2月開通、観光用の歩道が併設されているので、橋の上から都心の景色が堪能できます。
(反対側は東京湾の眺め)

Aniも開通後ほどなくして行ってきました。
当時は江東区に住んでいたので近かったし(といっても自転車で30分以上かかります)、 お金もかからなかったgatebridegesky0225[1]
(入場料とかはないです)ので。

実質、東京湾の上に架かっている橋なので、遠いですが都心の景色がかなり広範囲に一望できます。
それと羽田空港に近いので、飛行機がよく見えます。
離陸時や着陸時の態勢で飛んでいるので、飛行機好きの方には堪らないのかな?

ただし、橋の眺めだけを堪能するにしても、1時間もあれば十分なので、じゃ、他に側になにかあるかといえば特にない。
なので若洲キャンプ場に行ったついでとか、防波堤が釣り場になっているので、そのついでに行くとか、Aniの感想としては、わざわざそれだけを目的に行くと、ちょっともったいないかな、そんな感じです。

では今回なぜ、この橋をブログのネタに取り上げたかというと、この橋、東京都東部および埼玉県東部の人が神奈川県方面に出かける際には、非常に便利な橋だということに気づいたからです。

仕事で先週から使っているのですが、橋は全然混みませんし、橋までのアクセスは明治通りなのですが、これもさほど混まない。

普通、埼玉県東部の人は、三郷から首都高で神奈川県方面に抜けるが一般的なのかなと思いますが、大体渋滞に引っかかります。
お金払って、2時間近くかかるのが、ゲートブリッジ経由だと30分以上は短縮できると思います。そして高速代はかからない。

すべての時間帯でスムーズに通行できるかは、Aniの場合、朝早い時間と夕方しか知らないのでなんとも言えませんが、一度チャレンジしてもいいかなと思います。

また車道からの眺めは、遊歩道からの眺めと全然違って、飛行機なんかはかなりの迫力で堪能できます。

一度お試しあれ!
2013/10/20 19:13 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
サタデー イン ザ パーク(Saturday in the park)

1972年、シカゴのヒットナンバーです。
http://www.youtube.com/watch?v=nWxA3e9f6rY

ちょうどAniがアメリカン・ポップスに目覚めた頃、
カーペンターズ、アルバート・ハモンド、アメリカetc…
そうそう、ジョン・デンバーもこの頃ですね。

シカゴといえばホーン・セクションが売りですが、この曲でも抑え気味ながら、いい味出してます。
オープニングのピアノがいいよね、好きな曲です。

Saturday in the park
I think it was the Fourth of July
Saturday in the park
I think it was the Fourth of July
土曜日公園で
ボクは思う 独立記念日だったっけと
土曜日公園で
ボクは思う 独立記念日だったっけと

歌い出しの歌詞は、こんな感じ。
Fourth of July=7月4日、独立記念日ですね。
へー、こんな歌詞なんだ。

ウィキで調べたら、ニューヨークのセントラル・パークの土曜日の光景らしいです。
「シカゴ」なのに「ニューヨーク」ですか。

セントラル・パーク
セントラルパーク

Aniは30年近く前に行ったことがあります。

東京で言えば、ロケーションは日比谷公園で、
広さは上野公園ってところでしょうか。

ホットドックがうまかったのと、ずーっと下まで歩いていったらハーレムにぶち当たって、道路にたむろしているたくさんの黒人男性(昼間から何してんの?)にギョッとして、慌てて地下鉄に飛び込んだ記憶があります。

Ani思うに、「公園」って昔に比べると随分増えた気がします。

みなさんのご自宅の周りにも、「○○親水公園」みたいな公園が、最近(といっても、ここ10年ぐらいの間で)出来てません?

まあ、インフラ整備の優先順位で考えれば、まずは道路や橋が作られ、次に文化的な施設(図書館、市民会館などのホールetc)、で最後に公園なのかな。
また市街地の宅地化が進んだため、自然を求めるニーズが高まったことも一因でしょう。

確かに昔は(Aniの少年時代)は、人工物ではありますが、田んぼや畑、雑木林などが結構残っていたので、「自然」に触れ合う機会は多かったです。
田んぼのあぜ道で、「セリ」や「のびろ(知っているかな、エシャロットに似てます)」、「つくし」なんかを取って、おかずにしたもんです。

去年まで住んでいた江東区も猿江公園や木場公園(どちらも昔の「貯木場」を埋め立てて作った公園)、仙台堀親水公園(昔の「堀」沿いに散策路を作った公園、結構の長さです)など、東京の真ん中近くなのに、水と緑に親しめる場所があることに、ちょっと驚きました。

また、今住んでいる草加にも、近所に「そうか公園」があります。


昔の記憶では、田んぼの真ん中のロケーションなのですが、今はすぐ隣まで建売住宅がたくさん建ってます。
相続税なんかの問題もあるのでしょうが、うちの近所、急速に宅地化が進んでいます。
そんな感じなので、恐らく田んぼを潰して作った公園なのでしょうが、武蔵野の雑木林風のレイアウト、池なんかもあって、ちょっとした森林散策が味合えます。
souka P sann

souka P ike

souka Pni

若い頃、「公園」なんて見向きもしなかったのに、今はなんだか癒されます。

年とったせいではなく、そういう良さがわかるようになった、そういうことにしといてください!

PS,お暇なら、本日小岩のオルフェイスというライブハウスで、14:30から知り合いのライブがあります。

ごりごりFESTIVAL
https://www.facebook.com/home.php#!/events/525713274163405/permalink/555313154536750/

Aniは覗いてきます、お暇なら、どうぞ!

2013/10/13 08:46 散歩・旅行 TB(0) CM(1)
「クラス会」

この言い方が正しいのか?

同窓会=同じ学校の卒業生の集まり。よって学年は関係なし。で、合ってる?
同級会=同じ学校の同じ年度の卒業生の集まり。で、合ってる?

よって「クラス会」は、同じ学校の同じ学年の同じクラスの集まり、だと思ってます。

10月6日 会場は 東武スカイツリーライン「せんげん台」駅近くのお蕎麦屋さん。

ふしみ表
手打ちそば「ふしみ」
http://www.koshigayakko.com/fushimi/

ここ10年くらいは、いつもこちらを利用させていただいてます。

離れの座敷が、いいんだな、これが!

ふしみ2
縁側つきの廊下なんて、いまどき珍しいでしょ?

ふしみ3
ゆったりとした昔ながらのお座敷。40名は楽に入ります。すでに2名、飲んでます。

我が北高3年3組 卒業時の在籍者は46名。(男子 27名 女子 19名)
現時点で連絡可能な級友は 36名 今回の出席者 15名。

で、出席者 15名 のうち

・独身 かつ Ⅹなし     5名
・Ⅹあり または 別居中   3名
・孫がいる          2名
・小学生の子供がいる     2名
・既婚者(継続中)      7名

どうでしょう、今の50代前半は、こんな感じ?
30年前は、みんな結婚してて、子供はそろそろ成人で、老後が多少心配なんて50代前半を想像していましたが
実際は違いましたね、みんなそれぞれ、いろいろです。
まだまだがんばらなきゃいけない人もいれば、結構余裕の人、これから楽しむぞ!ッて人etc...
思うに、今の50代の置かれている状況が、一番「多様」なのでしょう。
これが40代なら、ほとんどががんばらなければいけないし、60代は余裕が出てくるんじゃないかな。

宴はたけなわ。
えんかい C

宴会STA

ただし、酒量は減ってますね。集めた会費で、支払い済んじゃいました、以前は必ず足りなかったのに。

もちろん、2次会 行きます!
かおけ

そして最後の〆に、サザンの「勝手にシンドバット」をみんなで合唱します!

これには訳があって、3年生の時の校内合唱大会(歌の祭典 ってタイトルだったらしい)で、
みんなで歌った曲なのです。


クラスで作った卒業文集。タイトルは「勝手ⅡSNIDBAD」
写真が、そのときのステージ写真です!

当時サザンはデビューしたばかりで、ブレイクする前だったのですが、短パン(体育用)Tシャツで歌ったら、
ウケるんじゃない? というノリで、貸スタジオでカラオケテープ作って(これがA氏のドラマーデビュー)
他のクラスがまじめに「竹田の子守唄」とか選曲する中、唯一ステージで踊りまくっていた、そんなおバカなクラスでした。

マミちゃん、写真使わせていただきました m(_ _)m

昨日マミちゃんが持ってきてくれた文集で見つけた1ページ
似顔絵

46名の似顔絵です。アキモが書いたのかな?

正確には47名載ってます。担任のU先生。
残念ながら、だいぶ前に若くして亡くなってしまいました。
多分、我らは先生の亡くなった時の歳を越えたんじゃないかな

消息不明の人もいますが、とりあえず、解っているクラスの人間は、全員存命です。
そのことは、うれしく思います。

さあ、次は新年会だ!

「よくやるわ!」と言われようが、最低年に一回は集まるつもりですので、みんなよろしく!
2013/10/06 13:28 その他 TB(0) CM(2)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。