歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
「W浅野」

懐かしいですね、トレンディ・ドラマの先駆けとなった
フジTVのドラマ「抱きしめたい!」主演の

浅野ゆう子 と 浅野温子 のことですね。

W浅野1


1988年7~9月の放送ですから、時はまさにバブル真っ盛り。
内容も、そんなバブル臭プンプンのドラマでした。

主演の2人はAniと同い年、今年53歳。
なんと25年ぶり(間にスペシャルをやっているので、スペシャルからは14年ぶり)に、スペシャルで復活します!
(10月1日(火) 21:00~23:17)
http://www.fujitv.co.jp/dakishimetai/index.html

当時を振り返れば、世の女子はみんな2人のファッションを真似していたというか、お手本にしていた気がします。ドラマも、ストーリーよりも、おしゃれな2人がドラマのなかで自由奔放に振舞う姿が、特に同世代の女性に支持され、ちょっとした社会現象みたいな感じでした。

浅野ゆう子さんは、このドラマで「復活」したんじゃないかな?
アイドルとして13歳でデビューした彼女。
13歳といえば中1です。まだ「子供」だったAniは、同い年なのにすでに「大人」っぽい彼女に、驚きを隠せませんでした。本当に13歳???

浅野ゆう子
これも13歳? いや16歳くらいかな?

しかしその後はパッとせず、後輩のアイドルたち(聖子や明菜etc)にどんどん追い抜かれ、たまに週刊「プレイボーイ」のグラビアでセクシーショットを披露する、フェードアウト寸前の元アイドルって感じだった気がします。

このドラマで彼女が演じた「夏子」は、28歳の子供のいない専業主婦。等身大の自分を演じられたせいか、この「暇をもてあまし気味の美しき若妻」という役どころが、ピッタリはまっていたと思います。そして、その後の活躍は皆さんご承知の通り。

浅野温子さんは映画「スローなブギにしてくれ」の印象が強いです。
クールでかっこよかった!!!
映画の原作は片岡義男。流行ってましたね、Aniはかなりはまりました。当時出版された文庫本は、恐らく全部読んだはずです。
いまではすっかり忘れ去られた片岡義男のことは、いつかこのブログで取り上げたいと思っています。
そして主題歌は「南佳孝」。
ストーリは全然覚えていないけど、当時はまさに「ツボ」にはまった映画でした。

浅野温子


ドラマ「抱きしめたい!」は、トレンディ・ドラマのはしりですから当然テーマは男女の恋愛、2人を取り巻く岩城滉一や石田純一、本木雅弘たちとの絡みなのですが(先日当時の再放送を見ていたら、若き日の生田智子=ゴンの奥さん、が出ていてビックリ!)、もうひとつのテーマは、夏子(浅野ゆう子)と麻子(浅野温子)の女同士の友情でした。
というか、最終的にはこちらのほうがメインテーマになったと思います。
恐らく、ゴールデンで女同士の友情をテーマとして取り上げたドラマは、これが始めてではないかと思います。
そこが新鮮だったとAniは記憶しています。

50歳を過ぎた夏子と麻子。観たいような、観たくない様な。
でも、同級生の誰もが言いますが、50を過ぎた今の自分は、20台30台の頃に思っていた「50歳」よりも、全然「若い」!
多少お世辞も交えて、女性陣もまだまだ「美しい」!

というか、Ani自身は「ちっとも大人になってない!」

50を過ぎた2人が、相変わらずドラマの中でドタバタやってくれるほうが、変に物分りがよくなるより、うれしいかもしれない、そんな期待を込めて、10月1日を楽しみにしています。

w浅野2
いいんじゃない!

PS.あのバブルの忙しかった頃、平日の21時に始まるドラマをどうして観れたのか、不思議に思っていました。
ドラマと同じで当時のアフターファイヴは忙しかったはずです。毎晩のように飲みに行ってました。半分は会社のお金で。カフェバー、プールバー、ディスコetc、派手な遊びが流行ってましたね。

で、思い出しました。
転職したときにちょっとだけ退職金が出たので、それで当時最先端の「S-VHS」のビデオを買ったのでした。
そうだ、それで休日の暇なときに観てたんだ。
納得!
2013/09/29 08:37 映画・テレビ TB(0) CM(0)
「好きな食べ物」といっても、その食する「頻度」は食べ物によってずいぶんと違います。

たとえば「鰻」が好き、という場合、どのくらいの頻度で「鰻」を食べると「好き」といえるのか?
「月に一度」でも、それが一人前3000円以上する鰻屋で食するのなら、まあ「好き」といえるでしょう。
「週に一度」、鰻屋で食するとしたら、結構な贅沢です。Aniには無理です。でも、スーパーで売ってる1000円以下の鰻なら、「本当に鰻好きなんだね!」ってところでしょうか。これならAniでも何とかいけそうです。
では「毎日!」だったとしたら?
こうなると、鰻屋さんで食そうと、スーパーの鰻だろうと、ちょっと異常、「中毒」という病気ですね!

しかしこれが「納豆」だったらどうか?
「月に一度」、どんなに高級な納豆だとしても、月イチしか食さないなら、「好き」とはいえないでしょう。
「週に一度」、別に納豆好きでなくても、毎日の朝食のおかずに飽きがこないように、週イチで納豆を食するのはよくあることだと思います。
「毎日」、納豆好きを自認するなら、これくらい食べないと世間は「納豆好き」と言わないのでしょう!
そこまででなくても、「2日に一度」なら充分「納豆好き」といえると思います。

このように、単に「好きな食べ物」といっても、物によってその食する頻度は様々です。
何を言いたいかといえば、「好きな食べ物」に対する人々のアプローチは、その食する「頻度」ではなく、食することに対する「満足感」だということです。
Aniの場合で言えば「アイスクリーム」かな。
頻度はそうでもないですが、時々無性に食べたくなり、食するとなぜか「幸せ」を感じます。

人は「好きな食べ物」ばかりを食しているわけではなく、それほど好きでもない食べ物も、合わせて食しているのが普通です。
主食である「白飯」「麺類」「パン」
この3つに関しては、好き嫌いに関わらず、みんなどれかを毎日食しているかと思います(ダイエットで食べない、は除く)
エネルギー源としての炭水化物は人間にとって不可欠ですから、そもそも人間はそれを食することを拒否できないのかもい知れません。

じゃあ、主食以外で、それほど好きでもないけど、なぜかかなりの頻度で食する「食べ物」って、皆さんありませんか?
Aniはある日、それに気づいたのです。
それが「豆腐とトマト」でした。

この2つを多く食することについては、理由もわかっていますし、納得もしています。

1.リーズナブル
トマトは季節によって値段が上下しますが、豆腐の値段は安定しており、かつ、両者ともビックリするほど価格が高いわけではない。だから日ごろの値段よりちょっとでも安いと、つい手が伸びてしまいます。

2.ヘルシー
トマトは「リコピン」が豊富、豆腐は「畑のお肉」で低カロリー、高たんぱく。
Aniは意識して高カロリーなものや脂っこいものを避けてはいませんが、歳を考えると、豆腐やトマトを食するほうが、何となく安心します。

3.コンビニエンス
手に入りやすいのはいうまでもありませんが、めんどくさいときに調理が簡単という点がグットです。
両方とも、切って何か調味料をかければすぐに食せます。

4.バライティー
特に豆腐はいろいろな食べ方が出来て、飽きません。
冷奴は簡単ながら、乗せるものを変えればかなり楽しめます。白飯に合うものなら、だいたい合う気がします。
他に湯豆腐、麻婆豆腐、肉豆腐等あったかいのもいけます。
トマトも火を通してパスタソースにしたり、卵といためて中華風に食してもおいしいです。

このように、Aniにとってはいい事づくめなので、これからもこの2つを食べ続けることは悪いことではないのですが、最近なんだか、同じものばかりを食している自分がつまらなくなりました。

2つとも「飽きない」ので、つい食べてしまうのですが、サプライズ的な驚きがなくなりました。高い豆腐は高いなりのおいしさがありますが、今ではそれも「想定内」に成ってしまいました。

「エサ」じゃないんだから、たまには食事に「驚き」や「感動」が欲しいよね。

困ったときの「豆腐」と「トマト」のパターンを崩したい最近のAniでした。

でも一番の解決策は、誰かに御飯を作ってもらうことかも知れない...

トマトと卵の中華風炒め
トマト卵完成
5/26の当ブログにレシピが載っています。お試しあれ!

PS.先週 8月3日に行われたAniと愉快な仲間のLIVE映像をYOUTUBEにUPしましたが、後半の1曲しかUPできませんでした。
で、再度TRYして、ようやく全編UPに成功しました。
20分弱ですが、お勧めは3曲目の「ヘルプレス」です。
なぜ「お勧め」かといえば、4曲中で一番有名な曲なので、恐らく皆さん一度は聞いたことがあるんじゃないかと。
暇つぶしにどうぞ! ↓ 下記にアクセス!
http://www.youtube.com/watch?v=qPugFPa89m0
2013/09/23 10:32 レシピ・グルメ TB(0) CM(0)
だいぶ時間がたってしまいましたが、去る8月3日 浅草橋KURAWOODで行ったLIVE映像

一緒に出演したM先輩が、すばらしいDVDに編集してくれました。



すごいでしょ、売り物みたい(非売品です)?

裏まで凝ってます!

helpless ua

で、LIVE画像、初めてYOUTUBEにUPしました。

http://www.youtube.com/watch?v=qPugFPa89m0

べーみ、サンキュー!
2013/09/15 21:38 音楽 TB(0) CM(1)
そもそも消費税UPを条件に衆議院が解散され、それで安倍政権が誕生したのだから、普通に考えれば消費税はUPされて当然と思えるのですが、ここにきて躊躇している安倍総理。

自らのブレーンからも反対の声が上がって、単に「民主党との約束だから」という理由では、ちょっと無責任な感じがして、国を預かる総理大臣としては実行しずらくなっているというところでしょうか。

Aniは民主党の野田政権が言い出したときから、消費税UPには反対でした。

1.「消費税還元セール」でデフレになる?
当たり前ですが、「消費税」とは「消費者」が負担する税金です。
消費税における「消費者」とは、最後に「消費」する人ことで、簡単にいえば我々「庶民」です。

ですから、企業は消費税の負担者ではありません。
たとえば原料を仕入れて加工して製品にして売っている企業の場合、原料の仕入れに消費税は上乗せされていますが、売るときに消費税を乗せて売っています。

企業はもらった消費税と払った消費税の差額を国に納めているだけで、企業自身は消費税の負担者ではありません。
企業は「消費者」から預かった「消費税」を「消費者」に代わって国に納めているだけなのです。
(あまりに当たり前の話でスイマセン)

で、消費税が上がると「物」の値段はUPした分上がることになります。当然、高くなったから買わない消費者も出てきます。
そこで企業の中には、売上が落ちるのを懸念して、値段を変えないところも出てきます。

さきほどの説明どおり、企業自身は消費税を負担していないので、UPした消費税の差額は、企業が売上をさげて捻出することになります。

 105円(売値)÷105×5 = 5円→5%の時の消費税額
 105円(売値)÷108×8 = 7.7円→8%の時の消費税額

7.7円と5円の差額2.7円分、企業の売上が減ります。

インフレを誘導して景気回復を図るのが「アベノミクス」のはずですが、上記の現象は真逆の「デフレ」です。
多くの企業がこれをやると、当然業績が下がるので給料が上がるはずはありません。
だから政府は「消費税還元」という言葉に、異常に反応しているのです。

2.輸出が好調というけど?
最近の景気回復の理由として、輸出の好調が言われています。それを理由として、いまは消費税を上げても大丈夫という主張がありますが、輸出の好調を果たして喜んでいいのか?

好調の一番大きな要因は「円安」だと考えます。一ドル80円から100円になれば、円ベースの売上高はそれだけで25%UPします。別に数量が伸びなくても、金額ベースでは大幅増です。言ってみれば数字のマジックみたいなものです。

それと、これだけ製造業の海外シフトが進んでいるのに、なぜ輸出が伸びる? と疑問をもたれた方も多いのでは?

あくまで推測ですが、輸出というと普通は日本から物が輸出されると考えますが、そうではない「輸出」もあります。

所謂「三国間貿易」という取引で、輸出する国と輸入する国の間に、代金決済を第3国が仲介する貿易取引です。
今の日本に当てはめると、日本企業が中国で作らせたものを、中国から仕入れて米国に売るのですが、物は直接中国から米国に輸出される というスキームになります。

日本企業の役割は、これらの輸出入や代金決済の事務処理を行うだけです。ほとんどコストがかからず、儲けることになります。
コストがかからない=雇用が生まれない → 景気への影響は小さいです。

くわえて昨今の日本企業で注意しなければならないのは、過去5年間、その企業は「黒字」だったかという点です。

日本の税制では5年間の「赤字」の繰越が認められています。簡単に言うと、今年「黒字」になっても、過去5年間で「赤字」があれば、黒字から赤字を差し引いた金額に税金が課税されることになります。

どうでしょう、日本の「輸出型企業」って、これまで結構きびしかったから、赤字を出したところも多かったのでは?
そうなると、それらの企業は、今年ほとんど税金を払わないなんてこともありえるのです。

輸出が増えても、国内雇用には貢献しないし、税金も増えない。
潤うのは輸出型の「大企業」ばかり、ますます「格差」が拡がる?

あんまり喜ばしいことじゃない気がします。

3.ほんとに年金・福祉に使われるの?
Aniが消費税UPに反対な一番の理由は、増税分は年金や福祉の財源に充てるといわれていますが、本当にそうなるのかという点です。

財務省が消費税増税に必死なのは、消費税が確実に税収を確保できる税金だからです。
彼らは端から、政府による景気対策での法人税・所得税の増加なんて信用してません。
それでも税収は確保しなくてはならない、よって自分たちが出来ることで確実に実行できること、それが消費税増税なのです。

税金が必要なのはわかります。
震災復興財源、廃炉費用、老朽化した橋や道路の修復費、加えてこれまでの財政赤字。いくら税金が有っても足りないくらいですね。

ただ、ちょっと待ってください。
数年前まで声高に叫ばれていた財政削減、官のコスト見直しはどこへ言ってしまったのでしょうか?
消費税も上げるけど、財政見直しも同時にやると政府は言っていますが、本当に出来るのか?

収入が先に増えたら、節約は後回しになるのが、残念ながら「常」な気がします。(一般家庭に置き換えてみれば、だいたいそうではないでしょうか?)

また、そこに「お金」があれば、何らかの理由をつけて「使う」方法を考えるのがお役人の「性」です!

結局、年金・福祉に使われることなく、他のことに使われてしまう気がしてならないのです。
で、足りなくなったらまた増税、そんな展開を一番心配しています。
使われるにしろ、廃炉や橋や道路に使われるのならまだしも、「官」の組織維持のために使われるのだけは許せません。

さきに「お金」は絶対マズイです。

無駄削減の行政改革をやって、国民が
「ここまでやったらOK!」
となって初めて増税すべきです。
でないと人間はあえて辛いことをやらないと思います。

でも、結局UPするんだろうな。

皆さん、上がった分がなんに使われるか、よく注意したほうがいいと思います。
2013/09/07 14:25 時事 TB(0) CM(0)
先週の土日で行われた埼玉県越谷市の「南越谷阿波踊り」
日曜日に、チラッとだけ覗いてきましたので、ざっくりですが
レポートいたします。
(今回は写真レポート)

阿波3
JR武蔵野線と東武スカイツリーラインの乗換駅「南越谷(東武は「新越谷」)
駅周辺を車両規制して行われます。

阿波6
阿波踊りといえば、この「文句」! 知った名前が載ってますね?

阿波5
駅前には、こんなのも建ってます。

阿波2
このスタートラインからゴールまでの300Mくらいを、各団体が踊るみたいです。

阿波10
で、ここがゴール

阿波9
カメラも入ってます。(JCOMだからケーブルTVですね)

阿波13

17:30 始まりました。先導はお囃子隊。真ん中のカネ打ってる人が、
「指揮者」らしいです。
(カネのリズムに合わせて、みんな演奏してました、発見!)

阿波12


つぎに続くのが、子供(真ん中のピンクの女の子)。
まずは子供で気を引こうということか、どの連もこのパターンでした。

阿波8
次に大人が続きます。

阿波11
もうすぐ「ゴール」だ!

ま、大体こんな感じです。

で、お祭りといえば、露店の屋台ですね!

屋台6
定番の「お面」 プリキュア、トーマス、アンパンマン、
ウルトラマンはいないのか (ToT)

屋台10
これも定番の「金魚すくい」

屋台8
冷やしキュウリ。これは昔はなかったな。最近の子供は、キュウリ好き?

屋台13
さすが「くまもん」! 屋台にも登場です!

屋台11
たこ焼きも進化してます。「さしみ用」って、ことは、
「たこ焼き」用があるってことか?

屋上4
B級グルメも登場です。確かに「シロコロ」は屋台向きだね!

屋台12
これは知らなかった、どういう遊びなのだろう? 
知ってる方、教えてください m(_ _)m

で、今回なつかしいなー、と思ったのが、これ↓

かたぬき3
トレイに載っているピンク色の「カタ」=一応お菓子(食べられます)
を下の見本のように針で崩して形にすると、お金がもらえます。

かたぬき2

かたぬきA
難易度によって、金額が違います。

これが簡単そうで、かなり難しい! 力加減で、すぐに割れてしまいます。
かたぬきB
さすがにやりませんでした。写真の中学生ボーイ達、
ずっとやるかやらないかで、悩んでました!

以上、人出もそんなに多くなく、のんびり楽しめました。
地元のイベントも、なかなかいいもんですね。
こんどは草加の「ふささら祭り」にも、いってみようかな!
2013/09/01 11:41 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。