歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
皆さん、夏休みの宿題は、もうお済ですか?

お盆を過ぎて、夏休みも残り10日を過ぎると、中途半端に手をつけてどれひとつ終わっていない宿題を前に、さて、どれから手をつけたらいいのか途方にくれいていた自分を思い出します。

そんな夏休みの宿題の中に、「読書感想文」というのがありました。
確か、課題図書が1冊に自由図書(自分で選ぶ本)1冊なんてパターンじゃなかったかな。

短い作品にすれば楽なのに、夏休みなら楽勝に読めるだろうと、Aniはあえて長編を選んでいた気がします。
(志賀直哉の「暗夜行路」とかね)

で、結局最後まで読めなくて、巻末の解説を参考に、何とか感想文をでっち上げた、そんな感じでした。
(「やっつけ仕事」はこの頃から始まったみたいです!)

さて、そんな夏休みの読書感想文にぴったりな書籍を、今日は紹介します。(ただし「大人の夏休み」向け)

ジョナサン・スイフト著
「ガリバー旅行記」


誰もが一度は読んだ(というか「見た」)と思います。
主人公のガリバーが旅の途中で出会う不思議な国(小人の国と巨人の国など)の有様は、幼児向けの絵本にはうってつけです。
特に、砂浜に打ち上げられたガリバーが、目を覚ますと小人たちによって、ロープでぐるぐる巻きにされているシーンは、誰もが思い浮かべる有名なシーンかと思います。
ガリバー小人_gt-524_large[1]

小人の国の話(原書では「リリパット渡航記」)と、巨人の国の話(原書では「プロブディンナグ渡航記」)が、ファンタジーとして解りやすいので、この2話が子供向けに有名になりましたが、4話からなる原書は、18世紀の英国社会を風刺した大人向けの小説でした。

原作者のスイフトは、アイルランドの牧師ですが、政界とのかかわりも深く、ちょっと胡散くささを感じる人物です。

また当時の英国社会は「名誉革命」によって立憲君主制が確立、2大政党(ホイッグ党とトーリー党)による議会政治が始まりましたが、過渡期のためかその政争は激しく、選挙買収や下品な誹謗中傷がはびこってました。
また庶民生活は商業主義と自由主義がゴッチャになっていて、退廃的な風潮(飲酒、賭博、喧嘩、女遊びetc)でした。

そんな風潮を風刺したのがこの小説で、例えば小人の国の話では、隣国と卵の殻の正しい剥き方(とがったほうから剥くか、平らなほうから剥くか)で、百年の間戦争をしていたり(これは当時のイギリス国教会とカトリック教会の論争を風刺したもの)、巨人の国の話では、ガリバーを「おとなのおもちゃ」として扱った王宮の女官たちをさして、当時の退廃した風潮を揶揄したものでした。

あんまり書くとネタばれですが、一般的には知られていない第3話には、なぜか「日本」が登場します。
当時のヨーロッパ人にとって、東の果ての異国は、ほとんど「空想の国」に近かったのでしょうね。

それから空飛ぶ島の「ラピュタ」も登場します。
そうです、宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」は、ガリバーの「ラピュタ」をモチーフにしています。
(ストーリーは全然違います)
ラピュタ[1]


また第4章で、スイフトは自分が理想とする国を描きます。
そこは人間が卑しく下等な最低の生き物「ヤフー」として描かれ、「フウイムヌ=馬」が高貴で崇高な理想の生き物として描かれています。
(あの「ヤフー」も、この「ヤフー」から名付けたらしいです)

Aniがこの原書に出会ったきっかけは、大学生のころに読んだ作家:阿刀田高氏のエッセイだったかと思います。

へー、と思って読んでみたら、面白かった、Aniの好きな本のベスト3に入ります。
(あとの二つ、マーク・トウェイン「ハックルベリーファンの冒険」、ヘミングウェイ「心が二つある大きな川」)

新約版を入手したので、改めて読んでみたいと思います。

感想文は書きませんが...v(^-^)
2013/08/25 07:35 その他 TB(0) CM(0)
「居場所」
この言葉から、あなたは何を想像しますか?

きっと、その時々の置かれている状況によって、人それぞれのイメージになると思えます、例えば、

「あなたにとっての「居場所」はどこですか?」

この問いかけに対して、

「会社」  と答えた人の場合、
①その人にとって、「会社」が自分の自己実現の場であって、「いいイメージ」での「居場所」
②収入を得る手段としての「会社」で、現実的に一日に大半を過ごす場所としての「居場所」(この場合、あまり「いいイメージ」ではない)
②自宅、あるいは家庭より、居心地が「いい場所」としての「居場所」(裏を返せば、自宅、家庭に「居場所」がない人)

質問に対する答えは同じですが、意味するところは大分違いますね。

次に、「都会」または「田舎」と答えた人

この回答の場合は、暮らしていく「場所」としての「居場所」とイメージしています。

「俺は「都会」でしか暮らせない人なんだ」
「わたしって、「田舎」じゃなければダメな人なの」
育ってきた環境の影響等により、大体の人は、住処に対するこだわりがあるんじゃないかな。

なんでこんなことを言い出したかというと、今の自分にとっての「居場所」を考えた時、

「車の中」

になるのかな、って思ったからです。

一日のうちのかなりの時間をすごす場所でもあります。
通勤手段でかつ「仕事場」ですから、大体平日は8時間ぐらい「車中」にいます。

また「車」自体が収入を得る手段ですから、「車」はAniにとって、「会社」みたいなもんです。

では先程のイメージで言えば、
「車」=「会社」、ネガティブかポジティブか
ということになるのですが、これが案外悪くない。

前にも書きましたが、まずPCを持ち込んでいるので、いろいろ可能です。
また最近のカーナビはかなりの高性能で、TVはバッチリ映るは、DVDもOK、ブルートゥースでスマホともつながります(だから電話はハンズフリー)。
無職時代に平日の「自宅」でしてたことが、「車」の中でほとんど出来てしまいます。

「会社」という意味でも、仕事は一日完結型、うまくいったとき(例えば、効率よく配送できた時)は、うまいビールが飲めて、ダメな時(くだらないミスで時間を浪費した時)は、「明日がんばろう!」と、すぐに気持ちが切り替えられます。
かつてのような、「くだらない人間関係」に忙殺されることはなくなりました。

いまのところ、この「居場所」は気に入っています。


ただし、Aniのこれまでの経験からしても、「居場所」は好むと好まざるにかかわらず、変わった、いや、変わらざるを得なかったです。

「転職」がそうでしたし、香港への移住もそうでした。

だからいまの「居場所」が、ずっと続くとは考えていません。

今の仕事を「死ぬ」まで続けられる人は、稀だと思います。
体力面その他の理由で、多くの人は止めざるを得ないでしょう。
でも、「仕事」自体を止める必要はないので、Aniは年をとっても出来る仕事がしたいなと考えています。
余裕があれば、リタイヤして田舎暮らし、または海外暮らしなんてのもいいですが、今のところ、そこまで余裕は見えてきません。

そんなんで、「最後の居場所」については、なんとなく意識しています。
「最後の居場所」は、偶然や周りの状況で選ぶのではなく、ちゃんと自分で納得して選びたいなと。

まあ、おぼろげながら考えていることはあるのですよ。
まだ公表できないけど。
ちょっとづつ、準備はしています。(本当にチョッとだけど)

いつかお話しましょう(いつになるやら?)

promised LANDpromised LAND
居場所=約束の地=The promised land このアルバムに収録されている曲ですが、
Ani の「最後の居場所」のイメージは、この曲です!
2013/08/18 12:22 その他 TB(0) CM(0)
宮崎アニメ「風立ちぬ」鑑賞雑感。

「風立ちぬ」と聞いてのファースト・インプレッション!
(第一印象のことです)

Aniは松田聖子の歌でした。
(大瀧詠一の作曲です)
風たち聖子

次は、堀辰雄の小説かな。
(若い頃、読んだような、読んでないような?)

山口百恵主演で映画化もされていましたが、全然記憶にありません。

ジブリ映画のほうは、キャッチコピーの
「堀辰雄と堀越二郎に敬意をこめて」とあるように、
小説のストーリーと戦闘機「ゼロ戦」の設計者だった堀越二郎のエピソードを絡めた
宮崎駿監督のオリジナルです。

なんで「ゼロ戦」の設計者が主人公?
と思った方も多いと思いますが、もともと宮崎監督は航空機マニアだったらしく、この映画の原作も、模型関係の専門誌の「モデルグラフィックス」という雑誌に連載されていた宮崎監督自筆のアニメが元になったようです。

しかし、この映画に関する日テレの番宣攻勢って、どうなんでしょうね。
スタジオジブリと日テレの関係の深さは理解できますが、やり過ぎるとかえって逆効果では?

Aniは10日(土)AMのレイクタウン初回上映で観てきたのですが、その日の午後に日テレ「ZIP」の「風立ちぬ」特番がオンエアされており、かなりの「ネタばれ」でした。
ここまでやると、「観にいきたい」というより、「観た」気分になってしまうのでは?

しつこいと、予想ほど、客入りよくない? って勘ぐってしまいます。

さて、感想ですが
(これから観る人のために、なるべく「ネタばれ」しないように書きますが、やっちまったら、ごめんなさい m(_)m )

1.「生きねば」
宮崎監督の一貫したテーマって、「生きる」 なのかなと、思いました。
生きねば[1]

「ナウシカ」も「もののけ姫」も「千と千尋」も、根底にあったテーマは
「生きる」 だったのではと、
今回のもうひとつのキャッチコピー 
「生きねば」 を、映画を見終って考えたときに思いました。

前3作の主人公たちは、苦難の末に「生きる」という希望を見出した、でも今回の堀越二郎は
絶望のなか、最後に「生きねば」と決意する、ああ、つながっているんだと思いました。

2.小津映画?
今回の鑑賞にあたり、事前に情報収集はしませんでした。
今やネットでくぐれば、あらすじ、おち、感想etcほとんど取れてしまいます。

どうかな? と、思う映画のときは情報収集しますが(前回見た「グランドマスター」はそうでした)、期待の大きい映画の場合は、先入観によって感動が薄まってしまうので、やらないようにしています。

で、全体を通しての感想、Aniはなんだか小津安二郎の映画のように感じました。
小津
たぶん「東京物語」 原日出子と笠智衆

ローアングルからの描写、淡々とした台詞回し、なにより登場人物の会話が昭和初期の話し言葉なので、時代的に一致しています。

アニメでこの雰囲気を出すって、地味だけど凄い、って思いました。

3.大人って、「せつない」
「大人」のラブ・ストリーが淡々と描かれています。
それは報われるときが訪れないことを承知で、残された時間を精一杯生きる二人の姿、

たまらなく 「せつない」 です。

この「せつなさ」、「大人」は 「わかる」 と思います。
じゃ、「大人」って何なのか?
Aniも自分が「大人」なのかよく解りませんが、

「許せる」ことと「受け止める」ことが出来るようになった時、

人は「大人」になっているのかも知れません。

実は先ほどの特番で、宮崎監督自身が

「この映画は「子供」には理解できない」と言ってました。

確かに、Aniと同じ初回上映を見た親子連れは、帰り際に母親が小学生の息子に、「あんた途中、寝てたでしょう」と言ってました。小学生は、厳しいな!

ただ、その特番で宮崎監督、
「中高生は、わからなくても、見る価値はある。なぜなら、大人にならなければ解らないことがあることを、知ることは必要だから」的なことを言っていました。

確かに。(多少、集客のにおいはするが)

Aniも泣けるかと思っていましたが、映画館では泣けませんでした。
(宮崎監督は、試写会見て「自分の映画で初めて泣いた」といってましたが、これは違う思い入れによるものでしょう)

たぶん、何回か見直すたびに、理解が増す映画だと思います。
(「もののけ姫」が、Aniにとってはそうでした)

日テレの地上波オンエア、半年後かな?

いまから楽しみです???

風たちルノアール
このアングル、ルノワールの絵にありそうだと思いません?
2013/08/11 11:58 映画・テレビ TB(0) CM(1)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。