歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先週は参議院議員選挙でした。

アベノミクスに対する評価と、それに伴う「ねじれ」解消が争点だったこの選挙、結果はご承知のとおり自民党の圧勝に終わりました。

これで、嫌がらせとも取れるような野党の反対により、法案が廃案になることはなくなるでしょうが、あらゆる面で日本の政治は問題山積みです。これからが安倍政権の腕の見せ所ということでしょう。

ところで今回の参院選挙、投票率は52.6%でした。
事前にマスコミが自民の圧勝ムードを煽り立てており、また参議院選挙ということを考えればこの投票率、ある程度は予想されたことでしたが、この数字、有権者の半分ちょっとしか投票していないことになります。
さすがに、この「半分ちょっと」という投票率、やっぱり マズいと、思いませんか。

半分近くの人が、なぜ、「投票」しないのか。

テレビに出てくる評論家や学者は、無党派層の動向がどうのとか、今回の争点なんたらかんたら言っていますが、もっと手前の段階で、多くの人が投票に行かない、単純な理由があるとAniは考えます。

よく、「自分が投票したところで、この国の政治が変わる訳じゃない」という声を、テレビのインタビューで目にします。

言っている人は、あきらめを込めてネガティブモードで答えていると思いますが、実は

「自分が投票しなくても、この国の政治はそんなに悪くはならない」

という、安心感も含まれているのではと、ご本人は気づいていないが、多くのひとがそんな風に考えているからではないかと、Aniは思います。

今のというか、戦後これまでの日本では、政権が交代することにより、直接的に自分の利益、例えば政権が変わると職を失ってしまうとか、投獄されるとか、そういう事は起きませんでした。

政権交代は何度かありました。しかし基本的な政策について、新政権は極端に変えることをしませんでした。

それは「極端に変えないよね」という「暗黙の了解」が有権者側にあったから、有権者は新政権を選んだ、また新政権サイドもそれを理解していたので、極端に政策を変えることはなかったという、いかにも日本的な合意が形成されていたからだと思います。

よって選挙に行った人も含めて、仮に選挙に行かなくても、我々の暮らしが極端に悪くなることはないという思いが、今の日本人の中にあるのではと、Aniは思います。


それと投票に行かないもうひとつの理由として、今の投票制度が「めんどくさい」からではないかと思います。

何が言いたいかはご推察のとおり、今の「ネット」時代に、投票用紙が郵送で送られてきて、それを持って決められた投票日に近所の投票所に投票するという方法、すべての有権者とは言いませんが、投票に行かなかった多くの人(特に若い世代)は、「こんなのネットでやれば簡単!」って、やっぱり思いますよね。

この、「めんどくさい」制度が、先ほど述べた「行かなくても暮らしは悪くはならない」という潜在意識と一緒になって、「行かなくてもいいや」ということにつながっているのでは?

変な話、「選挙」と「子供と一緒にプールに行く」ことが同列で比較されてしまい、結果、半数近くの人が、「プール」を選んでしまっている、今はそんな状況ではないかと、Aniは思うのであります。

また今の選挙制度でもうひとつ言えることは、立候補者の情報がよくわからないという問題です。

今の制度では、立候補者の経歴や掲げる政策等について、有権者側が積極的に情報収集しないと得ることが出来ません。

どこにあるかわからない選挙ポスターで誰が立候補しているかを知り、いつ放送されるかわからない政見放送を探す、今回から「ネット」による広報活動が解禁されたようですが、結局よくわからないままに選挙は終わってしまいました。

この立候補者の情報についても、「ネット」に載せれば簡単に解決してしまいます。
これって、結構のインパクトがあるのでは。

イケメンとか、いい人そうとか、投票所に行ってから、そんな「イメージ」で投票してきた人が、事前に情報を得られることが悪いはずはないです。

「選挙」ほど、「ネット」活用が有効に機能する制度はないのではと、多くの人が考えていると思います。

そして、「便利」に投票できるようになれば、投票率は上がるとAniは考えます。

それはこれまで選挙に行かなかった人も、必ずしもそのことが「いいこと」だとは思っていなかったはずだと思うからです。
めんどくささや、天気のせいに出来なくなれば、多くの人が投票するんじゃないかな。

またなぜ「投票率」にこだわるかといえば、低い投票率の状況下では、特定の「組織票」により、特定の集団や組織による政治の「利益誘導」が可能になるからです。

あとから文句をいったところで、たとえ問題ある候補者でも選挙で選ばれた以上は簡単には辞めさせられません。

「選挙」は民意の反映です。
ですが、半分の人しか参加していない「民意」は、果たして「民意」といえるのか?

「選挙」って、当選させたい人を選ぶ、って考えがちですが、「当選させたくない人」を落とすために、違う人を選ぶって選択肢もあっていいのではと、Aniは思います。

「ネット投票」、できたら便利なのにね。

推進している風でもないのは、投票率が上がると、困る人もいるってことかな?

PS.いよいよ来週土曜日はライブですが、開演が17:30になりそうです。
1時間ほど繰り上がりました。
ライブの詳細は、先週の「ネタばれ」参照ください!
皆様の来場、お待ちしております!
2013/07/28 09:03 時事 TB(0) CM(0)
このブログのプロフィールには「たまに歌う」と書いてありますが、ブログを始めてから、まだ一度も歌っていませんでした。(4月にライブでベースは弾きましたが)

と、いうことで、8月に「歌い」ます

LIVE PARTY 2013 夏の陣!

   場所:KURAWOOD(クラウット)
       台東区駒形1-3-8 ベッコアメ浅草ビルBF
       ※最寄り駅=都営大江戸線「蔵前」
       http://kurawood.jp/

   CHARGE: 2000円(1ドリンク付)
       ※ 追加のドリンクは200円/杯

   たぶん
   OPEN: 18:00  START: 18:30 (まだ未定)

この「LIVE PARTY」は埼玉にある文教大学の音楽サークル「音楽友の会」のOBメンバーにより、OB会的趣旨で始まりました。
その後、OB以外の参加も奨励したため、いまでは各種方面の音楽好きのお祭りライヴとなっております。

今回は7バンドが出演、「各種方面の音楽好き」ですので、ジャンルはいろいろ(基本的には「ロック」です)

アマチュアですので、演る方も、観る(聞く)方も、思いっきり楽しむ がモットーです。

ドリンクもお安く設定しておりますので、友達誘って是非のご来場、お待ちしております。

で、Aniは何を演るかというと、

Neil Young (ニール・ヤング)

を歌います。(今回は Vo & A.G 担当)

Neil Ypung (ニール・ヤング)
neil young

1945年11月12日、カナダ・トロント生まれのロック・ミュージシャン。1967年、バッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしてデビュー、バンド解散後はソロ活動を続けるが、1969年、スーパーグループCSN(クロスビー、スティルス、ナッシュ)に加入、CSN&Yとなる。その後再びソロ活動に戻り、1970年「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」、1972年「ハーベスト」の大ヒットで、ソロ・アーティストとしてのキャリアを確立、以後、40年を超える活動期間中に34作のスタジオ・アルバムをリリース、2度のロックンロール殿堂入りを果たし、孤高のロック・カリスマとして、今なお精力的な活動を続けている。(以上、「BOOK」データベース より)

と、プロフィールを書きましたが、若い音楽ファン(といっても、Aniのいう「若い」は45歳以下です)は無論のこと、同世代and先輩世代の洋楽好きでも、ニール・ヤングって、名前は聞いたことあるが、曲は知らないという人が多いのではないでしょうか。

67歳の今でも現役ですが、活動のピークは60年代後半から70年代です。Aniがぎりぎりリアルタイムで聞いた世代ですので、若い人(?)は当然知らないでしょうね。

シングルヒットもありません。ただ、このおっさん(いまは「じいさん」か)、節目のイベント物にはちょくちょく顔を出しています。

・伝説の「ウッドストック」コンサートにCSN&Yで出演
(CSN&Yの有名な曲=映画「小さな恋のメロディー」の挿入歌「ティーチ・ユア・チルドレン」)
merodhi

・名作ライブ映画「ラストワルツ」(ボブ・ディランのバックバンドだったザ・バンドの解散コンサートの記録映画)に出演
・湾岸戦争(91年)が勃発したとき、ディランの「風に吹かれて」を歌い、反戦を唱える
・911同時多発テロの時、当時放送禁止だったJ・レノンの「イマジン」を全米中継で歌い、平和を唱える
・バンクーバ・オリンピックの閉会式で、カナダを代表する歌手として、弾き語りで「ロング・メイ・ユー・ラン」を歌う。(確か開会式は アヴィリル・ラヴィーン だったと思う)
http://www.youtube.com/watch?v=AqZAkHajPZU&feature=player_embedded

と、言うことで今回演奏するのは

「オハイオ」(1970年 CSN$Y)
「ウォーク・オン」(1974年)
「ヘルプレス」(1970年 CSN$Y)
「サザン・マン」(1970年)

の4曲です。

どんな曲か知りたい方、YOU TUBE を探れば、でてきます。

オリジナルを聴いた上で、Aniの演奏を聞いて、あとでダメだしする、という 楽しみ方もあるかと (ToT)

そしてライヴ終了後の打ち上げも、また楽し。
参加自由ですので、こちらのほうも、よろしく \(^0^)/
2013/07/21 17:01 音楽 TB(1) CM(0)
関東地方は梅雨明け以降、厳しい暑さが続いていますね。

東京は先週水曜日(10日)で4日間連続の猛暑日(最高気温が35度以上)、翌日も猛暑日なら観測史上初めてのことだったそうです。(翌日は惜しくも34.7度)

また甲府は先週水曜日(10日)に最高気温が39度超え。
人間でも39度の熱がでたら、相当なもんです。
体温より高い気温って、ちょっと想像がつきません。

ところで、配送の仕事を始めて、初めての夏を迎えます。

始めた頃は2月で真冬。

寒い時期ですが常に小走りなので、だんだん体は温まってきて寒さは気になりませんでした。
朝方ちょっと厚着して、あったまってきたら脱ぐ感じで、冬は乗り越えられました。

春先は快適でした。

一番気候のいい時期に、屋外で働くという初めての体験は、ずっとオフィスの中で仕事をしてきたAniにとって、非常に新鮮で、また爽快でした。

世の中には、こういう恵まれた環境で働ける人がいるんだ、自分がその環境で働いてみて、改めてそのことを想い、なんだか得をした気分でした。

しかしいいことは続かず、ついこの間までは梅雨。

これは結構難儀でした。
当然傘はさせません。合羽などの雨着も動きにくくなるし、車のシートが濡れるので着ません。

それでも自分が濡れるのはまだいいとしても、品物が濡れるのが一番厄介でした。
仮に中身は濡れていなくても、びしょ濡れのダンボール箱を渡すのは、受けとる方もいやだし、渡すほうはもっといやです。

だから濡れないように運ぶため、シートを被せたり、体で覆いかぶさったりと、かなりめんどくさくなります。

それと怖いのは、雨だと地面がすべること。
特に都心のおしゃれなビルは、大理石みたいなツルツルの床が多いので、慎重に歩かないと簡単にコケます。

晴れの日と同じようについ小走りになって、何度か派手にコケました。
幸い大きな怪我はしませんでしたが、けっこう痛かったです。

なので降り出したらすぐに履き替えられるように、滑りにくい靴を購入して車内に積みこむようにしました。
ホームセンターで売っている作業用の安価な靴ですが、地下足袋のようにアスファルトに張り付くので、かなりいい感じです。
滑る恐怖感がなくなったので、なにより精神的に疲れなくなりました。

そしてやってきました、猛暑の夏。

先週の水曜日ははじめての配達地区だったので、地図で確認しながらの配達です。
これがきつかった。というのは、初めての地区はどうしても「慎重」にならざるを得ないからです。

「慎重」ってどういうことかというと、軽い荷物ならともかく、コピー用紙や飲料などの重いものの場合、事前にビルの搬入口などを確認しておかないと、後で痛い目にあうからです。
入り口を間違えると、重い荷物をもってビルの周りをうろちょろすることになります。
なので、わかっていれば一回で済むところを、初めての地区では2回往復することになります。

それでも春先のように、陽気のいい時期なら苦ではないのですが、この時期はつらい。
猛暑のジョギングみたいなものですから。
さすがに先週の水曜日は死にました。

で、学習。

移動は短い距離でも「車」で行う。

車を移動させるより、台車を使って徒歩で配達したほうが速くても、この時期はそれがかなり体力を消耗させることに気がつきました。
なのでめんどくさくても、なるべく車で配達先のそばまでを行くようにしています。

また熱中症予防のため、車内に戻ったらこまめに水分補給をするようにしました。
その際はエアコンをガンガンにして、短い時間でもクールダウンを心がけています。

幸い、今のところ具合は悪くなっていません。
体調、快調、ビールはうまい!

でも年ですから、油断は禁物だと思っています。
無理はしないこと。

皆さんも、お気をつけて。
無事にこの夏を乗り切りましょう!

熊谷[1]
昨日は熊谷市の隣の寄居町でゴルフしました。
猛暑覚悟、対策万全で挑みましたが、曇りで日差しがなく、全然暑くない!
おかげでスコアは今年のベストでした!

スコア、いくつかは言わない (^-^)v
2013/07/14 17:56 仕事 TB(0) CM(1)
先日都内で仕事中に、4時間ほど「待ち時間」が発生しました。

配送業では納品先や倉庫の都合で、「待ち時間」がよく発生します。時間の長さはその時々でいろいろですが、ともかく「待つ」しかありません。
まあ、「待つ」のも仕事のうちです。

こういうときに備えて、AniはノートPCを持ち歩いています。
車ですから持ち運びに難儀することもないので、この時間を使って、このブログの下書きを書いたり、ネットで調べ物をしたりしています。

しかしさすがに4時間は時間ありすぎです。
よって待機場所からそれほど遠くない(20分くらい)石神井公園に行ってみることにしました。




長らく関東に住んでいるので、有名どころの公園・庭園の類いは大体行っているのですが、この石神井公園には行ったたことありませんでした。

最寄り駅は西部池袋線の「石神井公園」駅。
池袋から電車で10分程度、都心のほぼ真ん中です。アクセスはいいです。

でも行ってない。

思うにそれは、この場所に「目的」とか「ついで」がないからだとおもいます。(以下、この先は結構Aniの独断です。悪く言っているつもりはありませんが、気を悪くされた方(たとえば近所に住んでる、とか)がいらしたらごめんなさい m(_)m )

「花の名所」なら「目的」なので、その時期になれば、大勢人が尋ねます。

たとえば「桜」なら、さいたまの「大宮公園」(ここは桜の時期以外あんまり人はいかないかと)、北区の「飛鳥山公園」(上記に同じ)など。

「ついで」の例としては、「井の頭公園」。

吉祥寺がショッピングやグルメで使える街なので、ついでに「井の頭公園」に行ったことある人って、結構いるのでは?(Aniはそうでした)

逆の、「井の頭公園」に行ったついでに、吉祥寺の町を散策する人は、あまりいないのでは?

そう考えると、「石神井公園」は「目的」も「ついで」もない。

桜の木はたくさんありました。だから花見の時期は結構にぎわうとは思いますが、「有名」かといえば、厳しい。

前にも書きましたが、戦後日本ではやたらに桜の木を植えましたので、皆さんのご近所でもそこそこの花見スポットはあるでしょう。となると、わざわざ出かけていく花見場所となると、「有名」どころに限られてくるでしょう。

「ついで」に関しても、石神井公園の周りは普通の住宅街です。ほかに何にもありません。(その住宅街に、知り合いでも住んでいれば別ですが)

よって、知ってはいたけど、行ったことがなかった場所、それが「石神井公園」でした。

AM11:35、ナビの案内で公園にはたどり着きましたが、駐車場がわからず周りをウロチョロして迷い込んだ小道の先に、ようやく小さなパーキングを発見。公園の近くではあるようなので、そこに車を停めました。

何件かの住宅をすり抜けると、池に突き当たりました。付近は公園らしい佇まい。緑が多い場所です。
kohan

案内板を見つけて確認すると、どうやら石神井池のほとりのようです。

「ここらへん」は、無視してください。

石神井公園に関しては、このとき何の知識もありませんでした。
まあ「目的」も「ついで」もないので、わざわざ調べる必然性がなかったので。

なので案内板ではじめて公園の概要を知りました。

・「三宝ガ池」と「石神井池」の、2つの池を中心とした都立公園

・室町時代に豊島氏が居城していた「石神井城」の跡地。(大田道灌によって豊島氏は滅ぼされました)
sio

・湧き水が出ており、昔は「トンボの池」として有名だったらしい。

2つの池の周りが散策路になっており、石神井池ではボートも乗れます。

この日は誰も乗ってませんでした。

ゆっくり一周しても1時間半くらい、水と緑あふれる、自然豊かな場所です。

感想:
・2つの池の北側と南側で、雰囲気が全然ちがうのがおもしろかった。

北側=立派な家が湖畔(湖じゃないけどそんな感じ)に並んでいます。まさに高級住宅街です。
都心でこのロケーションなら、やっぱりお金持ちじゃないと住めないよね、そんな感じのところです。

南側=歴史のあるお寺や神社があり、なんとなく「いなか」っぽい。

寺には観音様、居られました。びっくり!

(あえて例えるなら、「川越」=喜多院のあたり?)
元はこちら側から人が住み始めたのでしょう、町並みに古さを感じます。
都心のど真ん中に、こんな雰囲気のところがあるなんて、ちょっと意外でした。

・近くに住んでいれば、散歩で訪れるのに最適な場所。

派手さがない分、こういうところのほうが飽きが来ないと思います。
自宅の側に、こういう場所があればいいな、とは思います。
石神井 周り
毎朝散歩するにはサイコーでしょー!!!


以上、全然いいところです。でもやっぱり、わざわざここには来ない。

一応スワンボートはありますが、わざわざここまで乗りにくることはないでしょう。

でも石神井公園がどんなところかわかったので、その点については満足したAniでした。
2013/07/07 17:25 その他 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。