歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
米国で、またもや繰り返された銃乱射による悲劇。

乱射ではありませんが、一番古い記憶に残っている米国での銃犯罪は、ジョン・レノンの事件かな。
1980年に起きていますから、38年前になります。
その後も年に1回程、全米のどこかで、この手の悲劇が繰り返されている印象があります。

ともかく毎回思うことは、「なんで銃規制を強化しないのか?」
犯罪者が簡単に銃を手に入れられるのだから、銃による犯罪がなくならないのは、当然といえば当然、なんでこんな簡単なことがわからないのかと、いつも不思議に思ってました。アメリカ人、馬鹿なのか?

銃のない日本に暮らす我々には理解できない感覚なのかと思って、ちょっと調べてみたら、まあそうなのかもしれないな と思うところもありました。

よく言われていることですが、米国で銃を所持することは「個人の権利」であって、このことは合衆国憲法でも保障されており、建国以来の伝統です。

一歩外に出たら無法地帯だった西部劇の時代なら、「自分の身は自分で守る」ために銃は必要だったでしょう。
でも一応秩序あるルールに従って人々が生きる現代社会において、銃は必要なのか?

日本人なら「銃があるから犯罪が起きる」と思うのですが、アメリカ人はそうは思わない。
銃規制問題が起きると必ず反対する「全米ライフル協会」の会員なんかがそうです。

彼ら曰く、「人が人を殺すのであって、銃が人を殺すのではない」

確かにそうかもしれませんが、やっぱり違うよな。

で、このあたりの話はメディアでもよく聞かれる話なのですが、もう一つ銃規制に対して消極的になる背景に、政府=権力に対する不信感があるそうな。

これは国家が形成される過程が日本とは真逆な、米国ならではの感覚でしょうか。。

移民国家の米国、そもそも移民者たちは、故国の統治者の圧政から逃れるために新大陸を目指した人たちですから、自分たちの自治を重んじ、権力者の独裁を許しませんでした。
だから政治は連邦制だし、治安維持に関しても自警の意識が強いです。(保安官なんかがそう)

市民の治安を守る存在といえば、日本人はすぐに警察を思い浮かべますが、アメリカ人の場合は必ずしもそうじゃないようです、警察を100%は信用していない。

確かに警察という組織は人が集中して暮らす都市部では機能しますが、広大なアメリカの田舎町ではそうもいきません。
警察が到着する前に自分たちで何とかする必要があった、いまでもその側面はないとは言えません。
また白人警察官による有色人種への不当な扱いなどの問題もありますから、米国では日本ほど「おまわりさん」は信用されていません。

そこへいくと日本はある意味、昔から権力者に対して寛容でした。そこはなぜなのか今回は検証しませんが、権力者にとって一番厄介な民衆の反乱を防ぐため、まず民衆から「武器」を取り上げてしまいます。戦国時代の秀吉の「刀狩」、明治政府による「廃刀令」、すんなりいったわけではありませんが、結果として権力者は民衆から武器を取り上げることに成功しています。

身の回りに「武器」がない暮らしに慣れてしまっている日本人、かたや警察も100%信用できないアメリカ人。
この「感覚」の差は、たぶんうまらないでしょうね。

ただ、「武器」はあれば使いたくなるし、一度使ったら報復の応酬で止まらなくなる。中東で続いている悲劇がまさにそうです。

でも、少なくとも日本では「銃のない社会」を実現しているし、米国の都市部では各市長の連携による「銃のない社会」」実現に向けての動きがあるようです。

やっぱりアメリカは、建国以来の考え方を変える必要があると思います。

ただ今すぐは無理でしょうね。
ジョン・ウェインがヒーローのトランプさんが大統領でいるうちは。




















































2018/02/25 11:18 時事 TB(0) CM(0)
タイトルからもわかるとおり、冬季五輪の話です。

それにしても羽生選手、凄かったですね!



66年ぶりの2連覇、もちろん日本中が期待するところでしたが、ケガからのぶっつけ本番ということを考えると、結果よりもリンクにたつことだけでも充分と思った方は多かったのでは。

だからショートプログラムで1位を取った時、フリーがダメでもいいじゃないかと思いました。正直、そんなにうまいこと行くかいなと。

それを自信満々でフリーを演じきって、ぶっちぎりの金メダル獲得。

彼の強さの秘密を皆がいろいろ言いますが、ちょっと我々常人の想像をはるかに超えるところにいるのではないか、天才なのかもしれませんが、考え方からして別世界に生きているというのが、今回の彼を見ていたAniの感想です。

銀メダルの宇野選手、初出場19歳での偉業なのですが、羽生選手に比べるとなぜか「人間らしく」感じてしまうのは何なんでしょうね。

それから女子ジャンプの高梨沙羅ちゃん。
本人が望む金ではなかったけど、堂々の銅メダル。

今回のブログネタをオリンピックにしたのは、実は前回のオリンピックもネタとして取り上げていたから。

http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

読み返して見ると、ずいぶんいい加減なことを書いているなと、ちょっと恥ずかしい感じです。
ただ、沙羅ちゃんのことはずいぶん褒めてますね。

当時彼女は17歳で、見た感じは本当に普通の高校生。
それが20歳を過ぎる頃からどんどん「大人」になって、それはちょっと寂しいような、でもしっかりと「女性」に成長していくところが微笑ましくもありました。なんか最近はベンツを乗り回しているって週刊誌ネタにされてましたが、別にいいじゃないか。

今シーズンは不調だったせいか、マスコミも「絶対にメダル」とは言いませんでしたね。そしたら案の定、メダルが取れた。
でもホント、今回メダル取れてよかったと思います。まだ21歳だから、次の北京も充分メダルの可能性がありますが、やっぱり取れる時にとっておかないと。

オリンピックに縁がない我々一般人にとって、「4年間」という月日の流れを日頃特に意識することはありません。まあ、あるとすれば4年制大学に通っている時ぐらいか。

選手たちにとって、それぞれの「4年間」

スピードスケート 銀、銅獲得の高木美帆選手、4年前は出場すらしていなかったんですよね。
その前は史上最年少でオリンピック出場を果たしていたので、心が折れずよくぞ巻き返した、張本氏「じゃないが「あっぱれ」です。

ケガからの復活という意味では、ハーフパイプの平野選手も凄かった。
結果は前回と同じ銀でしたが、ショーン・ホワイト選手との一騎打ちは、歴史に残る名勝負といって過言ではないでしょう。

オリンピック直前でケガを負った羽生、平野選手。
どんな気持ちだったのでしょうね、4年かけて準備してきたことが全て無駄になるかもしれなかったわけですから。

二人共結果を残すことが出来ましたが、仮に出なかったとしても、その復活劇は人々に多くの感動を与えました。
「あきらめない心」、それは「希望」であり「勇気」です。いいもの見させてもらいました。

今回は、「残念な 「銀」 」が多いですね。
「金」が取れたかもしれなかった「銀」
でもそんな悔しがり方ができるほど、日本の競技レベルが上がっているということでしょう。

冬のオリンピック、どちらかといえば「北欧・ヨーロッパのためのオリンピック」というAniの印象でしたが(そもそも雪や氷がない赤道付近の国は参加しない・できない)、最近、日本はいろんな競技で、しっかり「主役」の一人になってますね。

今の日本、かつてに比べれば低成長の経済、給料も伸び悩み人々のマインド的には「停滞」かな、「高揚感」はないです。
ただ貧しい暮らしに甘んじているわけではなく、世界的にも最先端の「物」に囲まれ、多くの人が何不自由なく暮らしています。

なんで日本はいろんなスポーツで強くなったのか、それは日本人が「金持ち」になることとは別に、違う「価値観」を持つようになったからではないでしょうか。

かつての高度成長期時代、ちょっとがんばれば給料が上がったので、それならみんな「趣味」より「仕事」でしょう。
多分「バブル期」が頂点、もう「稼ぐ」ほうはいいや、とみんな少しづつ「趣味」に目覚めましたね、で、その後給料は下がり続けましたが、「趣味」のほうはやめなかった、むしろそっちの方が「生きがい」になる人もいました。

そんなマインドが若い人にも広がったのでは。いい学校でていい会社に入ること、Ani世代では当たり前に目指すところでもあった気がしますが、その後の世代ではそうでもなくなった気がします。
若い時からひとつのことにトコトン打ち込めること、不況とは言え親たちも経済的にできないことはなかったし、それを応援する親も増えました。

昔の親は、まず子供に「堅実」な生き方を選ぶことを望んでいましたが(それは高度成長期においては確実に成功する選択だったから)、堅実な選択をしても必ず「幸せ」になるとは限らない時代になったとき、やりたいことをやらせてあげよう、応援しようとなったのでは。

メダリストに限らず、結果を残した選手たちは、必ずと言っていいほど、自分を支えてくれた周りのサポートへの感謝の気持ちを口にします。
今は当たり前な感じですが、最初の頃はあまりにも皆が皆、同じことを口にするのでちょっと閉口してました、なんか「優等生」っぽい発言だなあ と。

昔の選手はそんなに言わなかった気がします。
結果に対する「謙遜」はしてましたが、周りのおかげとは言わなかった。
「自分の努力の結果」と本人自らがいうことはありませんでしたが、言わないことでそれを認めていたと思います。
昔の場合、むしろ「プロ」やオリンピックを目指すことに周りが「反対」するケースもあったと思うので、それを乗り越え「あきらめず」に続けた「自分」を、本人たちは「自分で自分を褒めていた」、ような気がします。

そんなにスポーツに思い入れする方ではないのですが、やはり日本選手の活躍を観るのは楽しいです。

2年後の東京オリンピック、どんな競技でもいいから「生」で観ようかと、いま考えています。

2018/02/18 09:47 時事 TB(0) CM(0)
昨日は「節分」でした。

「節分」といえば「豆まき」、ちょっと前まではこれが当たり前でしたが、最近(でもないか)は「恵方巻」なるものが登場しました。

「恵方巻」自体に罪はありませんが、どうもこの「恵方巻」、Aniは気に食いません。

恵方の方角を向いて巻きずしを無言で頬張るという、関西地方での風習だそうですが、これに目を付けた大手コンビニチェーンが、節分の目玉商品として大々的に売り出しました。

別に巻きずしは嫌いじゃありませんが、無言で丸々一本頬張っても、ちっともうまくないでしょう。普通に切って、普通に味わいたいです。
また、もともとその地方に根差した、その地方で「意味」のある風習なので、他の地方が形だけ真似をしても、まったく意味がないかとも思います。

そもそもこの手の「イベント商法」は、それらの行事にひっかっけてともかく物が売れればいいわけで、要は商品は何でもいいわけです。それを考えると、Aniの場合、「絶対乗っかってやるものか」と、かえって意地になって買いません。

ほかにもたくさんありますね「イベント商法」
最近目につくのは、「ハロウィン」でしょうか。

まず参加者は、「ハロウィン」本来の「意味」なんて知らないし、知りたいとも思わないのでは。
ただ「仮装」して騒ぎたいだけのイベント、といったら言い過ぎか (;> <;)

「バレンタインデー」も見事に定着しましたが、Ani的にはあんなめんどくさいイベント、始めなければよかったのにと思います。

まあ、「クリスマス」は多少乗っかってもいいかなと、最近は思います。
昔からあるイチゴののったクリスマスケーキはちっとも食べたいとは思いませんが、ドイツでクリスマスに食べる「シュトレン」に出会ってから、これは年に一度の風物詩として ありかな、と。あれ、好きです。



かように「イベント商法」に対しては否定的なAniですが、世の中全体のことを考えると、必ずしも「悪」とは言えません。

なんだか最近は好景気になっても、人々の「消費」は盛り上がりません。
景気がいいのに消費が伸びないというのもおかしな現象なのですが、きっと現在はいびつな消費構造になっているのでしょうね。
やはり高齢化社会になって、買いたいものが少なくなり、老後に備えて少しでも蓄えておきたい、そんな心理が節約志向、低価格指向につながっているのでしょう。

だから「イベント商法」も、世の中のお金を動かすという経済効果で考れば、その意義はあることを否定しません。

どんなんでしょうね、お金を「使いたくない」わけではありません。
ただ、「使わされる」のは、嫌なんです。
どうせ使うなら、納得して満足して使いたいよね。

あの世にお金は持っていけないので、理想は死ぬまでに全部使い切ることです。
Aniの場合、引き継ぐ子孫がいないのでそうしたいのですが、引き継ぐ子孫がいる方も「子孫に美田を残さず」で、残すことが必ずしも子孫の幸福につながるかというと、そうでないでしょう。いや、無用な争いのもとになるなら、むしろ残さないほうがいいでしょう。

まあ、Aniの場合、今のところ余る心配より足らなくなる心配のほうが大きいので、やっぱりしばらくの間、お金は大事に使います。

基本、Aniは「ケチ」です。

何か?v(^-^)


2018/02/04 18:37 時事 TB(0) CM(0)
先週金曜日の、小室哲哉氏引退会見。

同世代の人間として、やはりいろいろ思うところ、考えさせられるところがあったので、少し書いてみます。

自身の不倫疑惑に対する釈明会見かと思いきや、突然の引退表明。
「自らの不徳の致すところ」だそうですが、不倫自体はは否定しているのに、何の「けじめ」なんだろうか。

この人、間違いなく「天才」だと思いますが、そうであるがゆえに、やはり常人には理解しがたい部分を持っていると思います、なのでそこは最初に断っておきますが、Aniもそこは割り引いて考えています。

でも、KEIKOさんの現況に関してはショックでした。
「くも膜下出血」って、体の機能に麻痺が起こるだけかと思っていましたが、精神年齢に影響するのか。
そしてもっとショックだったのは、プロの歌手だった彼女が、音楽に対する興味を失ってしまったこと。
そんなことがあるんだね、これは小室氏にとって、かなり辛いのではないかと思いました。

少なくともこの夫婦にとっては、ともに生業としている「音楽」という「絆」が、かなりの部分でその関係をつないでいたと思うからです。
だって病気の妻に小室氏がしてあげられる最大のことは、「音楽」を通じて彼女を励ますことでしょう。
それが通じないとわかったとき、Aniならかなり絶望的になるなあ。

それから「引退」について。

そもそも「引退」とは、自身の「衰え」を他の手段でカバーできなくなった時に起きる現象だとAniは考えます。
だからわかりやすいのはスポーツ選手。肉体的な衰えはある程度「技術」でカバーできますが、やがてそれも出来なくなる、それが「引退」。なのでこの場合、普通、「復活」はありません。(例外はあります。伊達公子)

なので安室ちゃん始め、芸能人の「引退」って、あるのだろうか。
もちろん人間ですから、加齢とともにいろんなところに「衰え」は発生します。容姿しかり、歌声、セリフ覚えetc。
でも、スポーツ界のように「勝ち負け」で結果が出る世界ならいざ知らず、アート・芸能の世界の場合、「衰え」は必ずしもマイナスではない。落語や歌舞伎の古典芸能の場合は、むしろそれらを「枯れ」といって尊ぶし、音楽だって、その年齢だからこそ作れる作品だってあるはずです。

小室氏は「引退」という言葉を使いましたが、Aniが類推するに、本人が納得出来ない作品しかできなくなっているのなら、それでも世の中にそれを出さざるを得ないのであるとしたら、偉そうですが「やめたい」という気持ちは理解できます。

ただ、なにも世間は小室氏に対して、90年代のようなイケイケのダンスミュージックを期待しているわけではありません。ずうーっと売れ続けていたゆえに、「売れる」作品を生み出せなくなったことが「引退」の理由なら、妻の介護って部外者が想像する以上に大変なことだと思うのですが、それを引っ括めて、落ち着いてきたら小室氏の考える50代なりの「音楽」が聞きたいです。だって数でいえば、若者より我々以上の世代の方が圧倒的に多いのだから、絶対にニーズは多いはずです。復活、ぜんぜんOKです。

「60歳(還暦)」を前にして。

会見で、小室氏は自身の健康状態に不安があったこと、また男としての機能も衰えていることも赤裸々に語りましたが、同世代としては非常によくわかります。
もちろん個人差はあると思いますが、比較的元気な方のAniでさえ、50歳を過ぎたころからは自分の体が自分の思うようにはならなくなりました。持病はありませんが疲れは抜けません。夜はいつの間にか寝落ちしてますし、週末のうち一日は死んでます。

だから小室氏の「男女の関係はなかった」という言葉も全然信じられました。
若い時には考えられなかったのですが、一晩妙齢の女性と一緒にいても、「そういう気にならない」ことは悲しかな理解できます。

そして最後に、会社としての「文藝春秋社」に対して。

「文春砲」に関して、Aniは放たれる度に「不快」に思います。
不倫疑惑、世間に迷惑をかけているのなら問題ですが、当人同士の問題、どうでもいいじゃありませんか。
いつもわざわざ聞かされる必要のないことを、無理やり聞かされている感が拭えません。

もちろんそういうゴシップが好きな人もいることは否定しませんし、それらの人々に向けて放たれているというのなら週刊文春自体の存在を否定はしませんが(週刊文春 いらない!と思う人は、そもそも買わないでしょう、でも今も雑誌として成り立っているようなので、それなりに需要はあるのかもしれません)、じゃあ 会社としての文藝春秋社のスタンスはどうなのか。

周知の通り、この会社は「芥川賞」「直木賞」の主催者です。

まあ、日本の文学界にとって、この二つの賞は「権威」ですよね。
極論を言えば、この賞を取らないと作家として成功しないくらいのプライズです。

でも、よく考えれば、この賞は いち 民間企業が主催しているに過ぎません。

「文春砲」で芸能人のパンツを公衆の面前で引きずり下ろすような会社が、方や文学界の「権威」として、勿体つけて賞を与えている、これって、本当に純粋に作品のクウォリティーで賞を決めているのか?

両賞の審査員は歴代の受賞者だし、同社の関係する芸能人は、そもそも「文春砲」の対象から外れている気がします。(又吉氏は、そもそもスキャンダル的要素がないのかもしれませんが、文春は取り上げないのでしょうね)

企業ですから、ステークホルダーからの圧力はないかと調べたのですが、この会社は非上場、大株主は東京楽天地、東宝の関連会社です。どうも芸能界絡み、だからかな、TV業界は同社に対して批判的ではありません、むしろい大いに利用してるし、それもメディアとして情けないけどね。

同じ文学賞なら、「本屋大賞」の方が今はいいと思います。単に売れている本ということではなく、本屋の店員さんが、ぜひみんなに読んでもらいたい本を推奨しているところが全然信用できるから。

今年の芥川賞・直木賞の受賞者の方々へ。
受賞されたこと自体に異論を挟むつもりはありませんが、副賞として頂く賞金には、ベッキーの涙も含まれていることも、感じてくれたらいいなと思います。




2018/01/21 13:49 時事 TB(0) CM(0)
当ブログは趣味や興味の対象といった特定のテーマを掲げたブログではなく、その時々で思いつくまま気の向くままにテーマを掲げて書いているので、大きな事件や自分自身のイベント(旅行やライブ等)があったときはネタに困らないのですが、なんにもないときは結構ネタ探しに苦労しています。

そういうことで言えば、年末年始はネタに困りません。
暮れはその年一年を振り返るネタがあるし、年明けはAni恒例の「七福神巡り」があるので。
この二つのネタは恒例化しましたね、楽なので毎年やりたいと思います。

ということで、2017年、今年なくなった著名人でAniが気になった人はというと?
(下記 年齢は享年)

1月  ダリル・スペンサー  88歳  元プロ野球選手  阪急の助っ人外人
    松方弘樹         74歳  俳優
    ジョン・ウェットン    67歳  ミュージシャン(英国)
    藤村俊二         82歳  俳優
2月  金正男          45歳  ? 金正恩北朝鮮第一書記の実兄
     船村徹    84歳  作曲家
     鈴木清順         93歳   映画監督
 3月  かまやつひろし    78歳  ミュージシャン(元「スパイダース」)
 6月  逸見泰成         57歳  ミュージシャン(元「アナーキー」のギタリスト。通称「マリ」)
     野際陽子        81歳  女優
     小林麻央        34歳  フリーアナウンサー 市川海老蔵の妻
7月  樋口晶之        63歳  ミュージシャン(クリエイションのドラマー)
8月  グレン・キャンベル   81歳  ミュージシャン(米国)
10月  トム・ペティ      66歳  ミュージシャン(米国)
11月  はいだのりひこ    72歳  ミュージシャン(元「フォーク・クルセイダーズ」)

スペンサーはプロ野球を見るようになって、初めて「すゲーなー」と思った助っ人外人でした。
確か巨人との日本シリーズで三塁線を襲った強烈なゴロを横っ飛びで捕球して、一塁で刺したシーンは今でも忘れられません。
やっぱり、当時の元「大リーガー」は凄かった、というか、当時の日本人選手とは相当の差があったということです。
あれからほぼ50年、まさか日本人選手がここまで大リーグで活躍できるとは。対したもんだ、日本人!

俳優では 松方さん、オヒョイさん、鈴木監督、野際さん。

松方さん、最後の銀幕スター、釣りと豪快な伝説、もうこういう人は出てこないのでしょうね。

オヒョイさんこと藤村さん。好きだったな、この人。おしゃれでかっこいい年寄り。

鈴木監督。学生時代に飯田橋の名画座で「ツィゴイネルワイゼン」観たっけ。なんか難しくてよくわからなかったけれど。

野際さん。昼ドラ「やすらぎの郷」が遺作なのかな、放送中になくなったので余計印象に残っています。
この人については「キーハンター」から始まり、冬彦さんの母親役など、ほかにない個性を持った人でした。
ちなみに「やすらぎの郷」の後番組「トットちゃん」では、野際陽子さん本人役で、娘さんが出演しています。

ミュージシャン、外国勢では、トム・ペティの死去がけっこうショックでした。
長患いの死ではなく、突然死だったみたい。66歳、まだまだやれたよな。惜しい。

ジョン・ウェットンも67歳でまだやれる年なのですが、この人の場合、キング・クリムゾンから始まり、ロキシー・ミュージック、ユーライヤ・ヒープ、エイジアと凄いバンドを渡り歩いていて、Ani的には「やり遂げちゃった人」感があったので、トムほどショックではなかった。

グレン・キャンベル。よく考えたらヒット曲知らないな。名前だけはよく知っている人。

ミュージシャン日本勢では、やっぱりかまやつさんかな。


ひょうひょうとしているから「凄さ」を感じないのですが、この人「いい曲」いっぱい書いてます。
スパイダース時代の「バン・バン・バン」は、日本ロック史に残る名曲だとAniは思います。
また、「どうにかなるさ」「あの時君は若かった」「四葉のクローバー」など、バラードでもいい曲書いてます。

アナーキーはほぼ同世代で、Aniたちも同時期にバンド活動してたので、早すぎる死は辛いですね。
クリエイションの樋口氏も死んでしまったのか。寂しいですね。

はしだ氏、団塊の世代のヒーローでした。
「帰ってきたヨッパライ」は当時の小学生にメチャクチャ流行りました。
フォーク・クルセイダーズはエリート大学生だったので、きっとこのヒットに相当戸惑ったのでしょうね。
また 「風」 「花嫁」など、教科書に載るような名曲も作っています。
やっぱりいつまでも歌い継がれる曲を作ったのは凄いね、誰もが作れるわけじゃないから。
フォー・クルは、とうとう北山修氏ひとりになってしまいました。

船村氏は演歌の人ですので、特に思い入れのある曲とかはないのですが、栃木県出身で、あのとぼけたキャラクターが、同じく栃木の血をひくAniにとっては何故か親近感がありました。

金正男氏。今はほとんど影響力がなかったようなので、なにも命まで取る必要はなかったと思うのですが。
核開発で米国に脅しをかけることよりも、容赦なく身内を殺せるマインドの方が恐ろしいと感じました。

最後に、Ani的には 小林麻央さんの死が一番辛かったかな。


幼子を残して旅立たねばならない母親の心境は、とても想像出来ません。
また周囲も、どうすることも出来ない悔しさ・辛さ、本人以上に辛い時もあったのでは。

34歳の短すぎる生涯でしたが、最後まであきらめないその姿は、人々に多くのものを残してくれたと思います。

有名無名に関係なく、人はいつか死んでいきます。
今年亡くなった全ての方の、ご冥福をお祈りいたします。
2017/12/10 11:50 時事 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。