歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
「一日一錠 小池百合子」じゃないけど、この人 毎日テレビで見かけますね。



都知事就任直後や、何かと話題になっているときなら別に不思議ではありませんが、もうさすがにネタ切れだろうと思っていると、必ず何かしらのイベントやらセレモニーに出席して、扱いは小さいですがメディアに登場してきます。

前から思っていたんですが、恐らく彼女、意図的にテレビへの露出を図っているのでしょう。
まあ、元ニュースキャスターですから、どうしたらマスコミが取り上げてくれるかはよく承知のはず。
ここまで自らの印象付けに必死なところを見ると、やはり「次」を考えているからなのだと、やはり思わざるを得ません。

さて、築地市場の豊洲移転問題。
「決められない」と揶揄されてた小池知事、ようやく結論を出しました。

「築地は守る、豊洲を生かす」
豊洲には移転するが、当初売却を予定していた築地は「食のテーマパーク」機能を有した一大拠点に再開発するとのこと。

「築地・豊洲の両方を生かすことが、最も賢い使い道」と、本人、ドヤ顔で言い切ってましたね。
しかし市場の関係者からは、「我々市場関係者の誰からも、築地と豊洲の両方を生かしてほしいといった要望をしたことはありません」と、さっそくダメ出しを食らっちゃいました。どうも前途多難だな、こりゃ。

土壌汚染発覚で豊洲の安全性ばかりがクローズアップされていますが、そもそもこの移転は市場経営に関わる構造的問題の解決策が曖昧なままに行われようとしていた「見切り発車」だったことを思い出す必要があります。

築地の卸売市場が抱えていた構造的問題とは何か。それは流通市場における卸しの「中ぬけ」と、それに伴う「後継者不足」のことです。

「築地グルメ」などの言葉があるように、外国人観光客の増加も相まって築地市場は近年賑わっているように見えますが、実は市場としての取扱量は年々減少しています。
10年前と比べ金額ベースで10%強、数量ベースでは30%近くの減少です。

この要因が、先程揚げた「中ぬけ」の影響です。
「中ぬけ」= 簡単に言えば、仲卸業者を仲介せずに、直接漁業関係者と小売業者が取引すること。

冷凍輸送の技術が未発達だった頃は、一旦市場に商品を集めて、そこから仲卸を通じて小売に商品を流通させる方法が最も効率的だったのですが、「クール宅急便」など末端の消費者まで産地から直接物が届く現在では、わざわざ市場の仲卸を通して物を購入する必要性がなくなっています。

なにより仲卸がとっていた「中間マージン」がなくなりますし、市場を経由しないので鮮度だって上がります。
また小売の形態もいわゆる「街の魚屋さん」からスーパー等の量販店に移行しているので、大手スーパーの多くは「中ぬき」での取引が主流です。

築地の取扱量、今後減ることはあれ増えることはないのです。

かように築地は「斜陽産業」、こうなってくると、元々家族経営の零細業者が主流の築地では「後継者問題」が浮上します。
そもそも市場の仕事は「3K」(きつい、汚い、危険)、経営的に厳しくなくても若者からは敬遠される業種なのに、これで儲からないとなったら誰が継ぐでしょう?

また今の築地がここまで「老朽化」したのは、これまでメンテナンスにお金をかけてこなかったから。逆に言えば、その分家賃等の経費が安く抑えられたおかげで、築地の業者はなんとか経営できたとも言えるでしょう。

実は400近くいる築地の業者のうち、100社程度は豊洲に移転せず「廃業」する予定でした。
それが突如汚染問題が浮上したもんだから、それまで廃業を予定していた業者が声高に豊洲移転反対を唱えだしたのでなないかとAniは推測しています。彼ら、あわよくばこのまま築地で仕事が続けられるんじゃないかと。

なので小池知事が豊洲移転を決定したら、急に移転反対の声がトーンダウンした気がするのですが、どうでしょう?

汚染問題発覚前には、豊洲の使い勝手の悪さも話題になっていましたが、これも零細業者の締め出しの意図があったのではと、Aniは勘ぐっています。市場としては「中ぬき」に耐えうる大手業者だけが移転して欲しいのは当然です。

「築地を守る」ということで、小池都知事は築地の存続も表明しましたが、都知事が「守る」といった「築地ブランド」、これもキッカケは「中ぬき」で斜陽化した築地の立て直しのために、市場関係者が始めたことでした。
「卸し」の商売が厳しくなったので、これまで「プロ」しか買えなかった商品の販売を一般消費者に開放しました。
だいたい外国人観光客向けに「せり」を見学させるなんて、戦場みたいだった昔では考えられないことです。それだけ市場が「ヒマ」になったってことでしょう。

でもね、「食のテーマパーク」を目指すそうですが、築地の魅力って、あの「オンボロ」で雑然とした中で商売が行われていることにあるのではないでしょうか。

「グルメ」をコンセプトにした商業施設って、既にそこらじゅうにある気がしませんか?ショッピングモールなどの大型施設には大抵あります。
今や東京は「世界一のグルメタウン」、なので築地に「新しい」施設を作ったところで、どこまで他の施設と「差別化」できるか。
また豊洲移転決定で、現在の「築地ブランド」を支えている零細業者の多くはいなくなります。
じゃ「食のテーマパーク」って、誰が運営するの?仮に大手資本がやるんだったら、果たして築地でやる意味あるのだろうか。

と、いろいろ書いてきましたが、築地の抱える構造的問題、「中ぬき」と「後継者不足」、実はこれに関しては小池知事肝いりで発足した東京都の「市場問題プロジェクトチーム」のこの6月の報告書で、ちゃんと指摘されています。

http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/shijouptshukou/houkokusyo.pdf

報告書では、豊洲にするなら「中ぬき」に対抗し「物流センター」に特化する、築地にするなら「卸し」を捨て「ブランド」を生かした拠点化 の両案が併記されていて、どちらがいいとも結論づけていません。
しかし都知事の下した結論は、「両方を活かす」

この意図は何か?

Ani思うに、はっきり言って「都議選」対応だと思います。

ともかく選挙上手な小池知事。

「築地は守る、豊洲を生かす」
「築地・豊洲の両方を生かすことが、最も賢い使い道」

いかにも選挙のキャッチフレーズにちょうどいいフレーズだと思いません?
庶民はこう言うのによく引っかかるのを、彼女は知っているのですよ。

ただ今回は、実現可能性という点で考えればどうなの?と考える有権者も少なからず出ると思うので、それを考えると、彼女が率いる「都民ファーストの会」は「楽勝」にはならないでしょうが、それでも選挙には「勝っちゃう」気がします。

これはライバルの自民党が、ここへ来てあまりにもだらしないから。
加計問題もそうですが、豊田議員の「このハゲー」事件は、どうにも取り繕い様がありません。
さすがに「自民党、ダメだこりゃ」でしょう。

なので、「スッキリしない」のです。

こんな形で小池さんが勝ったとして、何もいいことないな。

(:>_<:)





2017/06/23 11:12 時事 TB(0) CM(0)


さっきまでフジTVの「新報道2001」で、「籠池問題」見てましたが。。。

知れば知るほど、どうでもいいこと。

じゃないですかね。

果たして報道する側は、そう思っているのか、いないのか?

ただ少なくても、「いいネタ」であることは明白です。

・登場人物が面白い。籠池夫妻の強烈なキャラ、明恵夫人の天然ぶり、安倍総理もムキになって怒ってる、とばっちりを受けた松井大阪府知事、TVの絵的には、こんなに美味しいキャスティング、しようと思ったって出来ません。

・小道具が面白い。金額の異なる3通の契約書、生々しいメールのやり取り、総理大臣婦人付秘書(こんな役割の役人がいたとは)が送ったFAX回答、あと100万円の証拠だと主張する郵便局の振込用紙の控、どれもツッコミどころ満載で、仮にフィクションだとしても、ここまで欲張って仕掛けは作らないでしょう。

・野党が面白い。「もしも私と妻にこの件で関わりがあるのなら、総理も議員も辞職する」と安倍総理が言ったもんだから、なんとか関わりをつけようと必死です。無理目な主張を真顔で言ってる姿は、滑稽、むしろ痛々しいか。

何よりも、この話題を取り上げる最大の理由は、この話が「どうでもいいこと」だからだと、Aniは思います。

この報道によって、政局が動くようなことはまずないでしょう。だから安心して報道できる。
安倍政権の監視が厳しい現在、下手に政局絡みの報道をすると危ないですからね。
どうでもいいという意味では同様の芸能ネタが昨今多いのは、報道する側の保身だとAniは見ています。

長くなりそうな安倍政権下、一見日本は平和な様相を呈しているように見えますが、目を世界に向けると、かなりヤバイ方向に向かっているのではないでしょうか。

トランプ政権の危うさ、北朝鮮動向、ヨーロッパの極右化の潮流、中国も最近不気味な動きをしています。

それらは全て、一旦ことが起きれば日本にも重大な影響があることばかりです。

もうちょっと、そのことを意識したほうがいいんじゃないのかな、ニッポン!

そしてそのことを大衆に向かってアナウンスすることが、本来のメディアの使命じゃないのかな。

新聞やTVが主な情報源だった昔と違って、今はネットで様々な情報が手に入ります。
もちろんそれらの情報は玉石混交、嘘やデマもたくさん混じっていますのでよく吟味する必要はありますが、自分から探しにいって真実を知らないと、ちゃんとしたことが見えてこないと思います。

3月17日の「5時に夢中」で、ホリエモンが「籠池問題どうでもいい」って発言したことがネットニュースに載ってました。彼らしいといえばそうなのですが、やっぱりみんなもそう思っているよね。

トランプ政権もつのかな? 北朝鮮のミサイルは間違って日本に飛んでこない? 

そうそう、もう一つ面白いのがあった。

・番組のコメンテーターが面白い。どうでもいいことを、如何にもどうでもよくないことのようにコメントする姿が、恥ずかしげもなくよくやるなあ、というか、お金もらっているからしょうがないのか、それを受け答えする司会者も含め、ご同情申し上げます。
2017/03/26 10:04 時事 TB(0) CM(0)
ちょっと前に発表されたので、ネタとしては古いのですが、毎年恒例の「住みたい街」ランキング。

今年(2016年版)は、ちょっと異変?があったようです。

まずは1位から10位まで、上が2016年版、下がその前年(2015年版)です。

①恵比寿 ②吉祥寺 ③横浜 ④武蔵小杉 ⑤自由が丘 ⑥目黒 ⑦池袋   ⑧新宿   ⑨東京 ⑩二子玉川 
①吉祥寺 ②恵比寿 ③横浜 ④目黒    ⑤武蔵小杉 ⑥品川 ⑦中目黒 ⑧表参道  ⑨池袋 ⑩新宿・鎌倉

次に 11位から20位。

⑪中目黒 ⑫渋谷    ⑬品川  ⑭鎌倉 ⑮中野    ⑯表参道 ⑰荻窪  ⑱北千住  ⑲三軒茶屋 ⑳赤羽 
       ⑫自由が丘 ⑬渋谷  ⑭中野 ⑮二子玉川 ⑯大宮   ⑰東京  ⑱三軒茶屋 ⑲荻窪  ⑳三鷹


長年1位だった「吉祥寺」がついに2位転落!だそうです。
そういえば、ちょっと前までAniの大好きなテレ東の深夜ドラマで、こんなのやってました。


http://www.tv-tokyo.co.jp/kichijoji/

吉祥寺にある不動産屋の姉妹が、「吉祥寺」に住みたい人に吉祥寺以外を薦める1話完結のコメディーです。
多少はランキングに影響した?それでも2位ですから、やっぱり人気ですね。

去年は「品川」が6位だったんですね、今年は13位。なんで去年は人気だったんでしょうか。

「自由が丘」と「二子玉川」、去年はともに11位以下でしたが、今年は5位、10位と復活しました。

この手のランキングは昔から「おしゃれ」な街が上位を占めていました。ファッション、グルメが充実した街。
で、そのほとんどが「城西」地区。東京駅を中心とすれば、その西側地域です。
そもそもがそれらの地区は昔から住宅街であり、田園調布など高級化したところもあったので、「おしゃれ」になっても当然といえば当然です。
当然住むにはお金がかかります。「高級」だから金持ちが集まるのか、金持ちが多いから「高級」になるのか、いずれにせよ、多くの庶民にとっては「高嶺の花」だったので、ランキングの結果は「憧れ」だったのでしょう。

が、今年は意外な街がランクインしました! 18位 北千住 20位 赤羽!

両方共 城東地区、下町です。
昔なら、「住みたい」ではなく「住みたくないランキング」で、確実に上位にくる、そんなディープな街です。

ただ「北千住」については、昔に比べ「様変わり」したのは事実です。
安い居酒屋が軒を並べた「労働者」向けの飲み屋街に、近くに東京電機大学と東京藝術大学のキャンパスが出来たおかげで、
おしゃれなカフェなんぞができています。
「おじさん」の街が、「若者」の街に変わりつつあります。
(このあたりは、当ブログ「今年は千寿七福神」http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-142.htmlでも触れてますので、ご参照を)

そうそう、今やってる深夜ドラマでは、こんなのがありました。

http://www.mbs.jp/hokumeshi/

舞台は北千住で主人公は美大生。まさに今の「北千住」そのまんまです。
元は漫画原作なのですが、原作でも設定は北千住。
特に地元のおしゃれなところを紹介するでもなく、テイストはグルメ番組(自炊)なのですが、普通に北千住の街が登場します。
「君の名は」のヒロインの声で、すっかり有名になった上白石萌音主演。
多少くどい演技が気になる時もありますが、割と楽しく見ています。

今年の「住みたい街ランキング」をAniなりに分析するなら、かつては「憧れの街」 「いつか住みたい街」が人々の目標だったのでしょう。仮に住めることがないとしても、「夢」は見ていたい。

それが今は 「手の届く街」 「気楽に住める街」に変わっているようです。
ここ十数年ほとんど給料は上がらず、「憧れの街」に住める可能性は年々厳しくなっている感があります。
人々は「現実的」になっているのでしょうか、求めているのは「憧れ」よりも手の届く「安らぎ」かな。

スカイツリーが出来たおかげなのかもしれませんが、城東地区はここ数年注目されています。
外国人観光客に人気の、浅草や秋葉原も城東地区、下町(綾瀬)育ちの代表であるビートたけし氏がネタにしていたディープな世界も、だいぶソフトになったとは言え多少残っていますしね。こちら側に育った人間としては嬉しい限りです。

あ、すみません、赤羽についてはノー知識です。なので何も語れません。でも「せんべろ(千円でベロベロになるまで飲める)」の聖地、行ってみたいな。

北千住はいい店がたくさんあります。しばらく行ってないので、そろそろ行きますか\(^o^)/




2017/03/05 10:22 時事 TB(0) CM(0)
トランプ 勝っちゃいましたね???

先週のブログのタイトルは 「トランプが大統領になったら」 でした。
初め、このタイトルの頭に「もしも」を加えようと思ったのですが、そう書いてしまうと「クリントンで決まり」と受け取られかねないのでやめました。
この時点で両者の支持率は10%も差が開いていません。大激戦です。普通に考えればどちらが勝っても不思議じゃないはずです。

なのに、なぜか米大手メディアは先週の時点でも「クリントン勝利」を確信してました。
で結果トランプが勝ち、「トランプ ショック」で米国は大混乱。

今となって考えれば、結局大手メディアは「クリントン勝利」を冷静に分析した上で予想したのではなく、「クリントンに勝ってほしい」という「願望」だったのですね。

大手メディアの人々は、「格差社会」でいうところの「上」のほうに位置する人々。クリントンを応援したハリウッドセレブやロックスターも然り。
現・民主党政権によって、いわゆる「いい思い」をしている人たちであることは間違いありません。だから現状維持を望んで当然なのです。

でも勝ったのは「トランプ」 世論調査に正直に答えていなかった「隠れトランプ支持者」が勝利の要因だとも言われていますね。

映画監督のマイケル・ムーアが、7月の段階で 「ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう」 というブログがおもしろいので紹介します。



http://www.huffingtonpost.jp/michael-moore/5-reasons-why-trump-will-win_b_11254142.html

日本ではハリセンボンの春菜のネタで有名な氏ですが、選挙結果を見事に言い当てています。ちょっと見直しました。?

日本でも木村太郎氏が当初からトランプ勝利を言っていました。見えてた人にはわかっていたことなんでしょうか、いや、本当はクリントン支持者もトランプ支持の勢いが強いことはわかったいた、ただ、それを信じたくなかった? 現実を直視できなかった??

大統領選勝利後の最初の会見で案外まともなスピーチをしたので、大統領になったらそんなに目茶苦茶はやらないだろうという見方も出ています。

Aniも、果たして彼が掲げていた「米国第一主義」とそれに伴う過激な主張は、本当に彼の本心からでたものなのか、実は選挙に勝つために、人々の注目を集めるためだけのスローガンであって、本気でやる気はないのではないかと疑っています。

これまでのトランプ氏の経歴を考えれば、「大統領になりたい」思いがあるのは確かでしょう、そしてやるからには必ず勝つ、それには手段を選ばない、ここは間違ってないと思います。

では、彼が大統領になりたい理由は? 大統領になって何がしたいのか? ここがわかれば、この先彼が何をするのかが予想できると思い、ネットでいろいろ探ってみたのですが、これが出てこない。

政治家になりたい人は、普通は「政治家になりたい理由が先にある」とAniは考えています。
たとえば、田中角栄のように自分の故郷を豊かにしたいとか、難病で苦しむ人を助けたいとかetc

「政治家になってがっぽり稼ぎたい」なんて掲げたら、そもそも当選なんかしないので、たとえウソでもその手のスローガンを掲げるものなのですが、トランプ氏の場合、これに類するような記事にヒットしませんでした(探し方が悪いのかも知れませんので、知っている方、ぜひ教えて!)

政治経験も軍経験もないはじめての大統領だそうですが、彼は「大統領」になりたかったのであって、決して「政治家」になりたかったわけではないと思います。

そう考えると、彼の場合選挙前に掲げた公約を守るという発想が、そもそもないのではないかと思うのですよ、「政治家」ではないから。

案外、なってしまって「どうしたもんじゃろなあ」と一番思っているのは彼なのかも知れません。

虚栄心の塊のような男だとしたら、次に彼が目標とするのは

「歴史に残る名大統領になること!」

こう考えてくれれば、意外にいい方へ転がっていくのかも知れません。

果たして今の世の中で、その国のトップになることは賢い選択なのだろうかと思うことがあります。
どの国でも問題山積みで、敢えてそれに挑む大変さ、そして失敗すればボロクソに言われる..。

トランプ氏の健闘を祈ります。
2016/11/13 10:10 時事 TB(0) CM(0)
「史上最低」と言われている、今の米国大統領選挙。



トランプ氏、TV討論で女性蔑視問題をさんざんつつかれ、「勝負あったかな」と思っていたのですが、まさかのメール問題再燃で逆にクリントン氏が窮地に、一部の米メディアでは支持率逆転とも報じられています。

Ani的には、「なんでメール問題が、こんなにも「問題」になるのかな?」と訝っていたのですが、昨夜のNHKスペシャル
「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選挙」を見て、なぜトランプに支持が集まるのか、少しわかった気がしました。

昨夜の番組を要約すれば、これまである意味で米国の「良識」代表してきた白人中間層が、経済のグローバル化と不法移民の増加により失職、この苦境を打開すべく「チェンジ」を信じて大統領に押し上げたオバマ氏だったのですが、結局「チェンジ」は起こらなかった、人としてはかなりの問題があるトランプ氏ですが、オバマ政権の継承者であるクリントン氏にこの苦境を打開できるとは考えられず、ともかくこの経済的に苦しい状況を何とかしてくれと言う白人中間層の切実な思いが、しょうがないけどトランプ支持につながっていると、Aniは理解しました。

敗れた対立候補を思いやって政府の要職につけるのはよくあることで、オバマ氏も彼女を国務長官に、流石にこれで引退かと思いきや、なんと8年越しで大統領選に出馬です。
大統領選挙って出るだけでも相当な金がかかるので、一度出馬して敗れた候補者が再び出馬することは経済的にもかなり厳しいはずなのですが、執念なのでしょう再び出馬、じゃその資金の出処は? ウォール街??
ずーっと政治に表舞台にいて、それだけでも国民はかなり食傷気味なのに、また大統領選に出る???

メール問題も、使っていた個人アドレスから機密情報が漏れたわけではないのですが、公のアドレスに記録として残せないようなやり取りをするために使ったとも言われていますので、なるほど、だから騒ぎになるのか。

「嫌な女だ!(ナスティー・ウーマン Nasty Woman、直訳すれば「錆びた女」)」と、トランプ氏が討論会で吐き捨てていましたが、そこは 「確かに!」 と、思う人は多いのでしょう。

さて、あと2日に迫った大統領選挙。

盛り返してはいるももの、やはりクリントン氏が勝つと米メディアは予想していますが、まさかの英国EU脱退の国民選挙のこともありますので、トランプ氏が大統領になる可能性も十分あります。

なったら大変なことになると世界中が戦々恐々なのですが、日本としてはなってしまった時の対処も考えざるを得ません。

移民問題は直接日本に関係することはないでしょう、彼の主張から考えると、関係しそうなのはTPPと安保かな。

彼の根底にあるのは「米国第一主義」

TPPについてはトランプ氏だけでなくクリントン氏も反対なので、この問題に関してはどっちが大統領になっても推進している安倍政権としては困った問題でした。
だから今必死になって今国会で通過させようとしているわけなのですが、要はTPP経済圏での関税フリーになれば、先程話題にした白人中間層の雇用がますます不安になる懸念から二人共反対なのです。

だからこの問題に関しては、日本はもう腹をくくるしかないでしょう。関税撤廃で日本の農業が危ないと農協等の既得権者は主張しますが、根にある日本の農業の問題点は後継者不足など他にあるので、彼らの主張は自分たちの延命にしか聞こえません。

安保に関しては、現在も日本が在日米軍の駐留経費を相当負担していることをどこまで理解しているのか疑問なのですが、一部在日米軍の撤退がありうるとすれば、その穴をどうするか、自衛隊がカバーするとすれば中国ほかの反発は必須です。

しかし穴があいたままにする訳にはいかないので、安倍政権ならやるでしょうね、またやりたそうだし。

南シナ海への中国の進出など、アジアの軍事バランスを考えると米国の撤退はありえないと思うので、流石に氏もそれに気づくと思うのですが、何をしでかすかわからないという点では、こちらも腹をくくるしかないのかもしれません。

トランプ氏の発言や動向に対して、日本は右往左往、一喜一憂しないことが肝要です。
悲観してもしょうがない、腹をくくりましょう!



2016/11/06 10:55 時事 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。