FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
このところ、ずっと気になっているニュースがあります。

香港で行われている一般市民による大規模なデモ。
デモの理由は、香港政府が導入しようとしている「逃亡犯条例」改正案。
簡単にいえば、中国国内で犯罪を犯した容疑者が香港に入国した場合、その容疑者を中国に引き渡せる取り決めを香港政府と中国政府とのあいだで取り交わすことです。

表向きは当たり前に思えることなのですが、相手が中国となると話が違ってきます。
残念ながら現在の中国の司法制度は、他国から見ればとても公正に行われているとは言い難い状況です。

よくわからない理由で日本人駐在員が逮捕・拘束される事例はよく耳にしますし、特に香港人の場合は本土に行ったっきり帰ってこない、あとになって中国公安に拘束されてたなんて事例が数多くあります。

そのへんの詳しいことについては、下記を参照ください。

https://tana-tyu-u.com/culture/1128/

Aniは2003年から3年間香港に駐在していましたので、香港のことはやっぱり気になります。あと、少しばかり現地に金融資産を残してきているので、入国出来ないなんてことになったら非常に困ります。

当ブログで、前回起きた「雨傘運動」について記事にしています。読み返してみたら、香港と香港人について詳しく書かれていたので(我ながらちゃんと書けてます)、これを読んでいただけると、今起きていることの背景がわかると思えます。

http://huazhong.blog.fc2.com/category7-7.html#entry122

http://huazhong.blog.fc2.com/category7-6.html#entry126


先週は香港トップの行政長官と市民との対話が行われたようですが、議論は平行線に終わったようです。
まあそうでしょうね、市民側が求めている 5代要求
1. 改正案の完全撤回
2. 警察と政府の、市民活動を「暴動」とする見解の撤回
3. デモ参加者の逮捕、起訴の中止
4. 警察の暴力的制圧の責任追及と外部調査実施
5. 林鄭月娥の辞任と民主的選挙の実現

1.については実現しましたが、あとの4つは 香港政府というよりも中国政府がそのメンツをかけて、受け入れないでしょう。

それにしても、市民側の抵抗、ずいぶん続いている感じがします。なんだかんだで3ヶ月近く、かなり経済的に影響が出ているはずなのに、「お金」優先の香港人にしては異例です。
そしてもうひとつ異例なのが、今回のデモが非常に「過激化」していることです。

前のブログで、Aniは香港人は「お金」優先で、「西側先進国」の市民感覚を持った人たちと書きました。が、今回のデモ隊による破壊行動、とてもAniの知っている「香港人」のやることとは思えません。

香港駐在時代に中国本土で反日暴動が起きました。日本車が破壊され、日本大使館が襲撃されましたが、当時の状況を香港人たちはかなり冷ややかに見ていました。
香港も第2時世界大戦中に日本に占領されていますから、反日感情が全然ないわけじゃありません。
でも彼らいわく、自分たちはあんな「野蛮」な方法で抗議活動などしない、もっと冷静に理性的に活動すると。

Aniの知る香港人は、「野蛮」もそうですが、泥臭くて汗臭いことは嫌いです。
階級社会で底辺層がそういう暮らしを強いられているので、それもあるかもしれませんが、「知恵」と「お金」を使ってスマートにお金儲けをすることが、ある意味「美徳」とされています。

例えば香港では「格闘技」が、全く人気がありません。駐在した3年間でプロレスやボクシングなどの興行を一度も見たことありませんし、メディアも全く取り上げません。
いやいや、ブルース・リーやジャッキー・チェンのカンフーはどうなんだ?という声が聞こえますが、街中でやってるところを見たことないし、道場やジムも見かけなかったな。

またスポーツについて言えば、彼らはあくまで健康のため趣味として楽しむことが主眼で、勝負事としての追求はあまりしないように思えます。
もともと彼ら広東人は体格的に恵まれていないので(日本人よりちっちゃい)、なんのスポーツにしても不利な側面がありますが、日本人のようにそのハンデを跳ね返そうとする気が全くない。なぜならそれは「非効率」だから。結果が出る可能性が低いことにチャレンジはしません。

だから香港で強い競技は、比較的に体格ハンデのない卓球くらいでしょうか。プロサッカーやラクビー7人制などもありますが、どちらかといえば主体は外国人選手ですしね。

かように、Aniのイメージする「香港人」って、平和的で「ひ弱」な人たち。特に若者たちは温厚で軟弱で、みんな「オタク」に見えるほどでした。

なので彼らが今回のデモで、空港や地下鉄の出入り口に火炎瓶を投げつけている姿に衝撃を受けました。どうしちゃったんだ、香港人。

彼らがここまでの行動を示すということは、Aniが駐在した10年前に比べて、それだけ「民主主義」が迫害されているということでしょうか。

大量の中国マネーが流れ込んだ影響で、ただでさえ高い香港の不動産が更に高騰していると聞きます。なだれ込んだのはお金だけでなく「人」もそうで、本土からやってきた金持ち中国人の姉弟が、そのコネの関係で就職等で優遇されており、もともといた香港人の若者には、自分の将来に対する「絶望感」が広がっていると聞きます。

あの温厚な彼らがここまで暴れているということは、我々が考える以上に香港の「中国化」が進んでいるということなのでしょう。
今回は若者だけでなく、多くの大人も引き続きデモに参加しています。やはり「危機感」の現れでしょう。

そもそも「1国2制度」(返還前の政治・経済体制の維持を50年間保証する制度)に関しては、当初から本当に50年間も保証されるのかという疑問の声が上がっていました。
天安門事件の対応を見れば、いざとなったら無理やりにでも「中国化」してしまうだろうと。

流石に今回のタイミングでそれをやったら、国際社会、特に米国から相当の非難を受けるでしょうからやらないとは思いますが、もし現在の国家主席の習近平が党規約を変更してこのまま権力の座に座り続けるようなことがあれば、多少の非難は覚悟の上で強引に香港を「中国化」してしまう気がします。

金融資産の件があるから、この先一度は香港に行かねばなりません。
なるべくその「Xデー」が、すぐに来ないことを祈るばかりです。
2019/09/22 13:35 香港 TB(0) CM(0)
世の中「クリスマス」ということで、Aniも古い記憶を引っ張り出し、香港のクリスマスについて少し語ります。

香港島夜景ふだん

香港といえば「100万ドルの夜景」ですね。
クリスマスの時期になると、その夜景のメインである海沿いの高層ビル群は、クリスマスバージョンに彩られます。
上の写真は九龍半島側から見た香港島側の普段の眺め。

香港地図
地図の真ん中、ちょと左の「チムサーチョイ」からその下の「セントラル」を見る感じです。


大体香港の夜景といえば、このアングルが取り上げられますが、逆側から見た夜景も当然あります。

でも香港側に比べると、九龍側の夜景はイマイチです。
九龍側
いまいちなせいか、九龍側の夜景写真、見つかりません。
で昼間の写真を載せましたが、見たとおり、パッとしません。

何故か。

もともと香港は香港島側から発展していったので、香港側はオフィス需要の高まりに伴い、次々と高層ビルが建設されました。
対して九龍側は旧・空港(カイタック空港)があった関係で、高層ビルの建設が規制され、また港湾施設もあったため、工場・倉庫街として発達しました。
いまは空港がランタオ島に移り、倉庫街も住宅街に変わっているため、そこそこマンションがたっていますが、やはり香港側と比べると夜景は見劣りします。

それでも九龍側のチムサッチョイは繁華街(イメージとしては「新宿」)で、有名なぺニンシュラホテルなんかもあってそのあたりは綺麗に彩られています。

まずは香港側のクリスマス景色
香港クリスマス夜景HONGKONG側

九龍側
チム側夜景Xmas

で、この両方の夜景を楽しむのに最良の方法があります。

それは「スター・フェリー」に乗ること。
スターフェリー

「スター・フェリー」は別に観光用ではなく、いわゆる「渡し舟」、古くから市民の日常の足でした。現在は両岸にトンネルが3本掘られ、地下鉄も走っていますが、実際一番便利なので、今も多くの市民が普通に利用しています。
九龍側のチムサッチョイと香港側のセントラルを約10分ぐらいで結ぶこのフェリーに乗れば、両岸の夜景が楽しめるわけです。

注意点としては、2階席に乗船すること。
一階席は料金が安いのですが、エンジン音がうるさく景色も良くないです。それに対して2階席はちょっとお高いのですが、エアコン付きで窓側に座れば景色はバッチリです。

普通の交通機関ですから、2階席に乗っても片道100円しないと思います。また15分間隔で出航するので、それだけを目的に乗ってもいいかも。

スター・フェリーのチムサッチョイ側の近くにハーバー・シティというショッピング・モールがあるのですが、ここのクリスマス・デコレーションは香港でも有名な方ではないでしょうか。毎年TVのニュースで取り上げられていた気がします。
モールの入口20Mくらいが、クリスマスの飾り付でデコレーションされます。
毎年テーマを決めて飾り付がされているらしく、今年はディズニーとコラボしているみたいです。
ハーバーくりすます2013
ちょっとピンボケですが、ディズニー・キャラクターが確認できます。

スターフェリーの乗り場の側には、両岸とも有名レストランやショピングどころがありますので、ディナーやショッピングを楽しんだあと、フェリーで夜景を楽しむ、香港満喫ってところですかね。

香港のクリスマスの飾りつけは、そのまま旧正月の飾りつけに引き継がれますので、11月から1月いっぱいまで楽しめます。

またクリスマス・バーゲンも旧正月まで続き、終わりが近づくにつれどんどん安くなっていきます。最後は半値以下なんて結構見かけました。

この時期の香港は案外寒く、さらに暖房設備というのがないので結構しんどいのですが、上海蟹のシーズンでもあるので、クリスマスと絡めて観光にはいいかもです。


PS.一番好きなクリスマスソングは?
Aniはやっぱりこれかな!
http://www.youtube.com/watch?v=XPm3CWvDmvc

皆様、Merry X’mas & 
                Happy new year \(^0^)/
2013/12/22 13:05 香港 TB(0) CM(0)
Gw、始まりましたね!
10連休なんて方もいらっしゃるそうですが、Aniは暦どおりのお休みです。
幸い天気はよさそうなので、Ani express1号(自転車)でのんびりサイクリングでもと考えています (^-^)

さて、5月のこの時期、旬の食べ物といえば、日本なら「初がつお」なんかがありますが、かつて3年間暮らした香港では、夏の到来を感じさせるある食べ物が旬を迎えます。

荔枝=ライチ、またはレイシ

端午節(日本の「こどもの日」、端午の節句)を過ぎる辺りから、香港を含む華南地方ではライチが旬を迎えます。
よってスーパーや街市(公設市場。ジャッキー・チェンの映画で、追われるジャッキーが果物の籠を蹴っ飛ばして逃げる、あんな感じのところ)では、ライチが山済みになっていっせいに売り出されます。

日本では冷凍物が一般的ですが、華南地方は主要産地でもあることから、新鮮な生のライチが出回ります。ただし鮮度が落ちやすいので、香港人は旬のこの時期に一気に楽しむようです。

ライチ画像 ガイシ
こんな感じで売ってます。


Aniも生のライチを食したのは香港が初めてでした。

そもそもライチを初めて食したのは大人になってからで、それもバブルの頃、おねえさんがいる店で、馬鹿みたいに高い「フルーツの盛り合わせ」に入っていた冷凍物です。

知ってはいたけど、それほどおいしいものではないな、というのが、初めてライチを食したときの印象でした。

で、彼の地ではこの時期、どこへ行っても売っているし、また値段も安いので、買ってみました。

日本で食したものとはぜんぜん別物でした。ほとばしるみずみずしさと、さっぱりとした甘さがGOODです!
常温ではなく、冷蔵庫で冷やして食べるとサイコーでした。

ライチ冷やす
Aniの冷蔵庫も、最初はビールしか入っていなかったなあ(笑)


それからですね、日本ではそれほど好んで食さなかった果物を食べるようになったのは。

というのは、香港人は生野菜をあまり食べないので、生で食せる新鮮な野菜が少なく、またあまりおいしくない。
なのでビタミン不足を補うため、かわりに果物を食するようになったというわけです。

またライチだけでなく、マンゴー、パパイヤなど南国系果実は安くて新鮮でおいしい。
逆にリンゴやイチゴなど、輸入物の果実は高くてまずかったけど。
(一度、安さにつられてオーストラリア産のイチゴを試してみましたが、今まで食した中で最悪の味でした。)

ただライチに関しては、ひとつ難点があります。

それは 「大量に買わざるを得ない」ということです。

もともと香港では「少量パック」のような発想がなく、またライチの場合は旬の時期に売り切ってしまおうという魂胆もあるので、最低でも1Kぐらい買わなければなりません。

家族の多い香港人家庭なら、問題なく消化されるのでしょうが、一人暮らしの身では当然生のままでは食べ切れません。

よって冷凍せざるを得ないのですが、これもなかなか減りません。やっぱり飽きがきますし。
なんだかかんだで3ヶ月くらいかかって消化した記憶があります。

それでも香港で暮らした3年間、手に余るのがわかっていても毎年買っていました。

気候の変化で季節を感じられない亜熱帯地方で暮らしていると、日本人であるAniは、無意識に「季節の変わり目」を求めていたんだろうと思います。

ライチを食することによって、「さあ、夏が来るぞ!」と自分に気づかせていたような気がします。

去年だったか、たまたまスーパーで生のライチを見つけ、思わず買ってみましたが、やっぱり「あの味」ではなかったですね。

これから香港に行かれる方、ぜひご賞味ください。

ライチ剥き身
新鮮なライチは、キレイにくるっと剥けます!


2013/04/28 17:43 香港 TB(0) CM(0)
中国で鳥インフルエンザの人への感染が確認され、十数人の感染者と数人の死者が出たようです。
たしか数年前に人の感染がはじめて確認されたと思いますが、鳥インフルエンザは直接人に感染しないといわれていただけに、今回は十数人の感染者が出ているので注意が必要です。

ただ今回の報道、3年間中国(香港)で暮らしたAniからすれば、本当にこの程度の感染者数、死者なのと疑ってしまいます。
このような場合、中国当局は真実を公表することで市民がパニックになることのほうを恐れ、大概本当のことを公表しないからです。

03年に発生したSARS騒動のときがまさにそうでした。
当時香港で暮らしていたAniは、中国当局の対応に唖然としました。
この国の為政者たちは、市民に多くの犠牲者が出ることよりも、対外的な批判に晒されることことのほうを恐れていました。
そのためには当然のように人命は軽視され、そのことに対する怒りとともに、その冷酷さに恐怖すら感じました。

中国当局はSARSの発生と拡大を必死に否定したので、中国に暮らす市民は何の対応もしていません。
香港では3百人近い死者が出て、香港中の全員がマスクしている状況なのに、電車で40分のお隣深センでは誰もマスクをしておらず、「SARSで香港は大変だねー」といったふうです。
(のちにSARSの発生源は深センのある広東省で、香港への伝播も深セン経由だったようです)

この中国当局の対応が、カナダのトロント他世界中にSARSを広めることになってしまい、かえって中国当局は世界中から非難される結果となりました。

よって今回の報道は、いいほうで捉えれば、前回のSARS騒動における対応の反省から、当局としては「早め」に公表した、とも考えられます。
ただ中国の地方官僚は自らの失敗を中央政府にバレることを異常に恐れるので(それによって失脚、地方官僚は大体汚職まみれなので、失脚によってその罪が暴かれ、時には死刑になることもあるので、恐れて当然といえば当然かも)、今回も被害が最小限に公表されている可能性が高いとAniは見ています。
なにしろ、事故車両の新幹線を埋めちゃう人たちですから。

日本でインフルエンザといえば冬に発生する病気なので、これから夏に向かう今はピンと来ませんが、鳥が媒介なので渡り鳥により当然日本にも伝播することが考えられます。

香港では季節の関係なく、みんな一年中風邪引いてました。(冷房強すぎのせいもありますが)
夏風邪ってつらいですよね、しばらくはこの報道、注意したいと思います。

SARSマスク写真
当時はみんな「マスク美人」でした。
よく言ってた日本料理店のウエイトレス、SARSが終焉してマスクを外したら、「別人」でした(笑)
2013/04/07 10:45 香港 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。