歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
久々に、フランチャイズの越谷レイクタウンで観てきました!



今年のカンヌ映画祭 最高賞である「パルムドール」受賞!
すでに話題作ですね! 興行成績も好調のようです。

受賞作品であることが、観ようと思った理由なのですが、それよりももっと大きな理由はこれです!



週に2回は通っている、すぐ近所のスーパー、どんな風に映っているのか、知りたいじゃないですか \(^o^)/

で、そのシーンはいきなり冒頭の「万引き」シーンで登場します。
いつもの「まんま」です。レイアウトも商品陳列も何一つ変えたところがない。違うのは、「客層」かな。明らかに人数が少ないし、動きが「エキストラ」っぽかったです。

「「万引き」によって結ばれた家族の物語」 というキャッチフレーズで、既に多くのメディアで紹介されているので、ここではあらすじや登場人物については省略します。また既に公開されているので、制作元のフジテレビでは、かなり重要なシーンなんかもバンバン番宣で流しています。いいのかな、って感じです。

さて、本作品のAniの評価は ★★★★☆(5点満点中4点)

これまで見た是枝作品は 「海街diary」(2015年)



それと 夕べフジテレビでオンエアされた 「そして父になる」(2013年)

ダウンロード (1)

共通するのは、テーマが「家族」ということ。というか、調べてみるとほとんどの是枝作品のテーマは、形は違えど「家族」のようです。

で、今回の作品、その「家族」をテーマにした「集大成」ではないかと。
これまでの作品のテーマ、子供の置き去りや、年金詐欺、死体遺棄、血の繋がらない家族などがみんな入っています。

是枝監督、作品のカラーがあっているのか、カンヌ映画祭では2003年の「誰も知らない」で最優秀主演男優賞を、前述の「そして父になる」で審査員特別賞を受賞しています。

その流れでいくと、前受賞作のエッセンスを本作品に入れることで、監督、最高賞のパルムドールを取りに行ったのでは?
もしそのような意図があるのなら、本作品は上手にそれらのエッセンスを取り込んでおり、うまくいっていると思います。

さて、Aniが考える本作品の見所。

母親役の 安藤サクラ の演技が素晴らしい!

映画祭の審査委員長を務めた女優のケイト・ブランシェットが、感動して劇中のサクラの演技を是枝監督に真似てみせたと、なんかのインタっビューで観たのですが、「あ、このシーンだな」とすぐわかります。確かに素晴らしい!

万引きシーンを除けば、前半は下町に暮らす(出てくる商店街が「ジョイフル三ノ輪」なので、おそらくそのあたりの設定)貧しい6人家族の日常が淡々と描かれます。
ちょっと退屈なのですが、「退屈で平凡な日常」を、「退屈」に感じるように撮るって、逆に難しいことなのではと、あとで気づきました。

やたらたと「食事」のシーンが出てきます。
「食事」って、家族の「象徴」なのでしょうか。血の繋がらない家族だからこそ、たくさん「食事シーン」を織り込むことによって、家族の「絆」を保っていることを描きたかったのか。

「結論」がない映画ですが、何故か心に残る作品でした。


2018/06/16 19:00 映画・テレビ TB(0) CM(0)


4月から始まった、朝ドラ 新シリーズ 「半分、青い。」

今回は「オリジナル」作品です。脚本家は 北川悦吏子 氏。

「オリジナル」作品、と書きましたが、朝ドラの場合、小説や漫画の原作があって、それをアレンジすることはしないので、正確に言えば全ての作品が「オリジナル」脚本です。

では敢えてなぜ 「オリジナル」というか。

朝ドラの場合、これまで作られた半分弱ぐらいの作品は
「それぞれの時代をたくましく生きた、実在した女性の主人公」 を取り上げています。

原則として「女性」を主人公にする(「マッサン」とか、「男性」を主人公に据えた作品も、たまにあります)のが、どうもNHKのコンセプトのようなのですが、その中でも「実在」した人物と、まったく「架空」のヒロインを、ほぼかわりばんこに主人公に据えています。

なので、まったく「架空」のヒロイン が主人公の作品を、「オリジナル作品」 と、言うようです。
NHKの番組紹介HPでも、今回の作品のことを「オリジナル作品」と言っているので、そういうことにしましょう (>_<)

で、今シリーズの 「半分、青い。」

主人公の 楡野鈴愛(にれのすずめ)は 1971年に 架空の都市 岐阜県の「東美濃市」の梟(ふくろう)商店街の食堂の娘として生まれました。

活発な女の子だったのですが、病気で左耳を失聴、しかしそれにもめげず、やがて漫画の魅力にとりつかれ、東京で漫画家を目指す

とういのが、簡単なあらすじ。

で、4週まで観た、Aniの感想。

まず「オリジナル」作品ということ。

「実在した人物」をヒロインにした場合は本人そのものではなく、名前を変えたりしてあくまで「参考」として設定するのですが、やはり「事実」から大きく逸脱することは難しいので、どうしてもストーリ展開は「無難」になりがちです。
視聴者の中には、その人物の生涯を詳しく知っている人もいるし、その人物のつながる関係者も多数いるので。

対して「オリジナル」作品はそういう制約がないので、自由なストーリー展開が可能です。
過去作品の成功例で言えば「あまちゃん」、失敗例で言うなら「純と愛」。「まれ」も失敗組かな? (>_<)

次に 片耳が聞こえない という設定も、朝ドラにしては「冒険」なのかな。

と、思っていたのですが、さっき調べた 脚本家 北川悦吏子氏のプロフィールを知って、そうか、と思いました。

まず、この方の代表作。

ダウンロード



上は19995年にTBSで放送された 「愛していると言ってくれ」

下は同じくTBSで2000年に放送された 「Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜」

両方共、大ヒットしました。Aniも当時はそれほどドラマは観ていなかったのですが、両作品はしっかり観ました。

共通するのは、両作品とも「障害者」を主人公に取り上げていること。

「愛して」で、豊川悦史が演じる主人公は、ろうあ者の画家。

「Beautiful」で、常盤貴子が演じるヒロインは、難病の図書館司書。

ともすれば、結局「可哀想」「気の毒」の感想になりがちな「障害者」の主人公を、「魅力ある人物」としてちゃんと描ける数少ない脚本家でした。

また、これは今回調べて知ったのですが、ご本人も大人になってから病気で左耳を失聴したとのこと。

あと、北川氏の出身は、岐阜県美濃加茂市。

「漫画家」と「脚本家」の違いはありますが、朝ドラにしては珍しく、脚本家の「自伝」的要素が含まれているようです。

で、で。

この作品、セリフのテンポが「心地よい」
主人公たちの青春時代は、バブル崩壊前後の 1990年代。
彼らの会話の感じが、何故か懐かしく、そう言えば、あんな感じだったかも。

で、で、で。

脚本家の北川氏は 1961年生まれなので、ジャスト 同世代。
なので、当時の時代の見方や、感じるノスタルジアが、ほぼ同じです。

ヒロインの母親が、マグマ大使の「ゴア」に似ているなんて、相当な「レアネタ」です(演じているのは、松雪泰子。確かに似ているかも)。

ヒロインの永野芽都ちゃんも、いいです。
「あまちゃん」の 能年玲奈(いまは「のん」)に通じる、ピュアな演技(まんま「素(す)」?)を感じます。

そして、もうひとりの、多分主人公の佐藤健演じる「律」(ヒロインと同じ日に生まれた幼馴染)



やはり、我が後輩(同じ高校出身)には、頑張ってもらいたいのです。m(_ _)m

社会現象になるような、朝ドラのヒット作、古くは 「おしん」、最近(でもないか;(´o`);)では 「あまちゃん」

今回の作品、大ブレイクの予感がしないでもない、いや、して欲しいかな。

そろそろ 朝ドラの大ヒットが、出てもいい頃だと思うAniです。 







2018/04/29 04:52 映画・テレビ TB(0) CM(0)
現在放送中の「わろてんか」

開始当初は話の進め方がいまいち強引な感じで、この先持つかな?と思ったのですが、ここ最近、吉本興業をモデルとしたドラマ中の「北村商店」」に所属する芸人にスポットを当てたせいか、なかなか「見れる」仕上がりになってきています。

その中でもAniが注目するのは、漫才コンビ キース&あさり(たぶん エンタツ&アチャコ がモデル) のキース役の 大野拓郎 君

無題
左が大野君

29歳 かなりの長身、184㎝ 浦和高校 立教大で、ミスター立教だって。

なんか存在感があるっていうか、引っかかるんだよね。

そしてもう一人気になるのは、藤井隆演じる万丈目吉蔵と夫婦漫才を演じる妻役の枝元萌



てっきり 吉本新喜劇の女優さんかと思っていましたが、違うらしい。
でも、いいノリ、いい味出してます。この先使える女優さんじゃないかな。

で、もう3月も半ばを過ぎ、4月からは次のシリーズが始まります。
たぶん、明日あたりから、ドラマのエンディングで宣伝が始まるのでは。

「半分、青い」

?? ずいぶん大胆なタイトルですね。

主演は永野芽郁(ながのめい)



カルピスの宣伝のお嬢さんですね。

「わろてんか」で、姉の広瀬アリスが頑張ったので、次は妹の 広瀬すず がヒロインかと思っていたのですが(確か朝ドラのヒロインには決まっているはず)、まだ先みたいですね。

今シリーズが時代物だったので、次は現代もの。くらいしか、NHKのHPではわかりません。

なので、今のところ 評価はニュートラル。




2018/03/11 18:59 映画・テレビ TB(0) CM(0)
今年の年末年始カレンダーは30日(土)~3日(水)を標準と考えれば5日間、昔なら5日間は長く感じたものですが、最近はちょっと物足りない感じですね。贅沢になったもんだ (:>_<:)

一週間以上のお休みなら旅行に出かける人も多いのではと思いますが、今年は自宅で過ごす人が多いのかな?
Aniも恒例の七福神巡り以外は、実家で寝正月になりそうです。
そうなると、楽しみはなんといっても「テレビ」でしょう!
ということで、テレビ好きのAniが独断と偏見?で選ぶ、年末年始のおすすめ番組 \(^o^)/


12月31日(日)

9:00~11:00  NHK・Eテレ 「香川照之の昆虫すごいぜ!一挙アンコール」

この番組はちょっと前にそこそこ話題になっていたので、見てみたいと思っていました。
しかし香川照之さんって、好きなことに対する情熱が熱いですね。
ボクシングも具志堅用高に対するリスペクトが半端ない!
特に昆虫好きではありませんが、熱く語る香川氏を見ているだけでも面白いかも?
ちなみに元旦も同じく9時から「香川照之の昆虫すごいぜ!カマキリ先生☆マレーシアに行く」があります。

1月1日(月)

14:00~   テレビ東京 「緊急SOS!池の水をぜんぶ抜く大作戦~ついに決定!怪物・オブ・ザ・イヤー」

これも話題になりましたね、もう4回ぐらいやってるのかな?Aniも2回くらい見ているはず。
着眼点が素晴らしい! ただ池の水を抜く様子のドキュメンタリーなんだけど、これが意外と予期せぬことが起こって面白い。
確かに池の中ってどうなっているか、日頃から見たいなと思っていました。
何が出てくるか、古物?外来生物?
ちなみに2日(水)も17:55~「緊急SOS!池の水をぜんぶ抜く大作戦6~今年も出た出た!正月3時間スペシャル~」もやるみたい。
2日連続です、受けたらトコトンやるところが、テレ東らしくて いいね!

1月2日(火)

7:00~ 日本テレビ 「第94回箱根駅伝」

母校(法政)が出る年だけ観ます(笑)
出場常連校のOBは優勝争いが楽しみでしょうが、出たり出なかったりの弱小校の場合は、なんといっても「シード権争い」。
出たら出たで、うちの学校はけっこう楽しませてくれます。
一昨年だったかな、最終10区まで圏内だったのに、最後の最後で抜かれて逃しました。
観ていたOBの感想、「うちの学校らしいな!」
みんなそう言っていました、「詰めが甘い」 (>.<)

1月3日(水)

18:00~ TBS 「消えた天才~一流アスリートが勝てなかった人 大追跡~」

タイトルだけ見て選びました。解説では「桐生 祥秀や福原愛の子供時代に勝った天才のその後の人生を探る」とあります。
ちなみに21時から テレ朝で映画「君の名は」地上波初オンエア!

おまけ

1月8日(月)~

12時30分~50分 テレビ朝日 「越路吹雪物語」

この時間帯は話題になった「やすらぎの郷」から始まった帯ドラマ枠。

「やすらぎの郷」は、豪華大スター(昔?)の競演で放送開始前から話題で、内容・視聴率とも好評でしたが、なぜAniがこの帯枠の次回作を推奨するかというと、先日までやってた「やすらぎの郷」の後番組「トットちゃん」がすばらしかったから。

3部構成になっていて、最初の黒柳徹子のご両親の出会いから結婚生活までのエピソード、父母を演じる山本耕史と松下奈緒が好演でした、で、次のトットちゃんの子供時代、子役(豊嶋花)がいい、そしてトモエ学園の校長役の竹中尚人がよかった、で成人後の活躍を描いた最終章は関わる有名人の配役が面白い、マッチ(近藤正彦)の森繁久弥、浅野ゆう子の沢村貞子、そして野際陽子役は実の娘の真瀬樹里、これにはやられた、うるっときた(>.<)


右が徹子役の清野菜々(「やすらぎの郷」にも出てました)、左が野際陽子役の真瀬樹里

同じ帯番組のNHK朝ドラ「笑ろてんか」がどうもイマイチなので、しっかりした脚本と演技が余計目立ちます。

昼間の帯番組というと、うちにいる高齢者や専業主婦向けに作られると思われがちですが、いまどきそんな視聴者層はそんなにいないので、つくりとしてはゴールデンでも通用するエンタテイメント性を備えたクオリティーです。
そもそも、今は見たい番組は録画して見るのが主流では?
Aniも当然リアルタイムでは見れないので、録画で見ています。

なので、これまでの流れを考えると、次回作の「越路吹雪物語」も期待できるかな。
Ani的には、親友である作詞家・岩谷時子との関係がどう描かれるか、非常に興味があります。

それでは皆様、Merry christmas \(^o^)/







2017/12/24 18:00 映画・テレビ TB(0) CM(0)
久々に映画を観てきました。



いつもなら一番近場の越谷レイクタウンにあるイオンシネマに行くのですが、夜の上映時間だったので、今回は初めて浦和美園イオンモールにあるイオンシネマに行ってきました。

美園へは自宅から車で30分、規模的にはレイクタウンの半分程度。なかのレイアウトも店舗もほぼ変わらない感じ。レイクタウンまでなら15分なので、美園も遠くはありませんがレイクタウンで済む用事なら、やっぱりレイクタウンに行くことになりそうです。

せっかく行ったのだから、フードコートで昼食。


京都北白川 ラーメン魁力屋(かいりきや)

特製醤油味玉ラーメン+焼きめし(小) 980円(税抜き)

背脂が浮いているのでしつこいかと思いきや、案外あっさり味。麺も予想に反し細麺でした。
京都らしいというか、見た目よりも「上品」なお味。焼きめしは程よくパラパラで、いい感じ。
個性を競い合う「ラーメン店」というより、「街中華」に近いかな。そう考えると、コスパ的には?

さて、映画の話です。

本作品は1982年に公開された「ブレードランナー」の続編にあたります。

この映画は、当時の言い方で言えば 「SF(サイエンス・フィクション)映画」
原作は1968年に発表されたアメリカのSF作家 フィリップ・K・ディップの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
設定は2019年のロサンゼルス。労働力として「製造」された「人造人間(映画では「レプリカント」)が感情を持ち、人間に対して反乱を起こしたので、彼らを「抹殺」するために働くロス市警の捜査官(ブレードランナー)の葛藤を描いています。

監督は1979年に「エイリアン」でブレイクした リドリー・スコット。
ディックの原作はあまりにも難解で、当時 映像化は不可能と言われていましたが、核戦争により荒廃した退廃的な近未来ビジュアルは、公開当時は評価されませんでしたが、のちに再評価され、その後のSF映画に大きな影響を及ぼしました。



こんな感じの暗めでずーっと酸性雨が降っている場面が続く映画です。随所に日本語の看板やアナウンスが登場しますが、これは日本を訪れた時に監督が行った歌舞伎町のイメージだそうです。

Aniは当時映画館で観たのかTV放映で観たのか記憶が定かではありませんが、いたく感動したのを覚えています。

主演はハリソン・フォード。
「スターウォーズ」でブレイクしましたが、Aniはこの作品の胡散臭い彼の方が好きですね。
当時、その「スターウォーズ」や「E・T」他のルーカス、スピルバーグ コンビによる作品がヒットしていましたが、メインカルチャーよりもサブカルチャー好きだったAniは、カルト的な個性の「ブレードランナー」に惹かれていたのでしょう。

では、肝心の今回の「ブレードランナー 2049」 Aniの評価は?

★★☆☆☆ (5点満点中 2点)

「万人」受けする要素はないです。
プロモーションも、「35年ぶりの続編」を売りにしてしまったので、前作を観て気に入った人達以外は、なかなか興味がわかないでしょうね。それでも前作はあとになってからかなり評価が高まった作品なので、DVD他で観ている人は多いはずなので、そこそこ動員は伸びるかなと思いきや、昨日の館内はガラガラでした。

前作のエンディングが続編可能な作りだったので、話はちゃんとつながっていますが、前作を観てない人でも観れる作りにはなっています。
つくり的にはかなり「観やすく」、前作の持つ「退廃感」はあまり感じられないので、初めて観る人にはいいでしょうが、前作を知る人には物足りないかも。

なんか、「普通」なんですよね。

前作のような、好き嫌いがはっきり分かれるような仕掛けがない。
まあ、そもそも最近そういう映画は少ないですけどね。

このブログでもよく書きますが、CG発達のせいでビジュアル的な驚き・新鮮さはなくなっています。
最近はCGじゃなくて「実写」(何千人集めたとか)を売りにする映画が出ていますが、正直見た目の違いってそんなにない気がします。だからせっかく金をかけたのだから、事前に必死に宣伝するのでしょうけど。

公開当時は不評で、後に評価が高まった前作。
続編の方も、米国では興行的に振るわなかったと伝え聞きます。

果たして続編、のちに評価が高まることがあるのか。

Ani的には、ないね。











2017/11/19 10:05 映画・テレビ TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。