歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
久々に映画を観てきました。



いつもなら一番近場の越谷レイクタウンにあるイオンシネマに行くのですが、夜の上映時間だったので、今回は初めて浦和美園イオンモールにあるイオンシネマに行ってきました。

美園へは自宅から車で30分、規模的にはレイクタウンの半分程度。なかのレイアウトも店舗もほぼ変わらない感じ。レイクタウンまでなら15分なので、美園も遠くはありませんがレイクタウンで済む用事なら、やっぱりレイクタウンに行くことになりそうです。

せっかく行ったのだから、フードコートで昼食。


京都北白川 ラーメン魁力屋(かいりきや)

特製醤油味玉ラーメン+焼きめし(小) 980円(税抜き)

背脂が浮いているのでしつこいかと思いきや、案外あっさり味。麺も予想に反し細麺でした。
京都らしいというか、見た目よりも「上品」なお味。焼きめしは程よくパラパラで、いい感じ。
個性を競い合う「ラーメン店」というより、「街中華」に近いかな。そう考えると、コスパ的には?

さて、映画の話です。

本作品は1982年に公開された「ブレードランナー」の続編にあたります。

この映画は、当時の言い方で言えば 「SF(サイエンス・フィクション)映画」
原作は1968年に発表されたアメリカのSF作家 フィリップ・K・ディップの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
設定は2019年のロサンゼルス。労働力として「製造」された「人造人間(映画では「レプリカント」)が感情を持ち、人間に対して反乱を起こしたので、彼らを「抹殺」するために働くロス市警の捜査官(ブレードランナー)の葛藤を描いています。

監督は1979年に「エイリアン」でブレイクした リドリー・スコット。
ディックの原作はあまりにも難解で、当時 映像化は不可能と言われていましたが、核戦争により荒廃した退廃的な近未来ビジュアルは、公開当時は評価されませんでしたが、のちに再評価され、その後のSF映画に大きな影響を及ぼしました。



こんな感じの暗めでずーっと酸性雨が降っている場面が続く映画です。随所に日本語の看板やアナウンスが登場しますが、これは日本を訪れた時に監督が行った歌舞伎町のイメージだそうです。

Aniは当時映画館で観たのかTV放映で観たのか記憶が定かではありませんが、いたく感動したのを覚えています。

主演はハリソン・フォード。
「スターウォーズ」でブレイクしましたが、Aniはこの作品の胡散臭い彼の方が好きですね。
当時、その「スターウォーズ」や「E・T」他のルーカス、スピルバーグ コンビによる作品がヒットしていましたが、メインカルチャーよりもサブカルチャー好きだったAniは、カルト的な個性の「ブレードランナー」に惹かれていたのでしょう。

では、肝心の今回の「ブレードランナー 2049」 Aniの評価は?

★★☆☆☆ (5点満点中 2点)

「万人」受けする要素はないです。
プロモーションも、「35年ぶりの続編」を売りにしてしまったので、前作を観て気に入った人達以外は、なかなか興味がわかないでしょうね。それでも前作はあとになってからかなり評価が高まった作品なので、DVD他で観ている人は多いはずなので、そこそこ動員は伸びるかなと思いきや、昨日の館内はガラガラでした。

前作のエンディングが続編可能な作りだったので、話はちゃんとつながっていますが、前作を観てない人でも観れる作りにはなっています。
つくり的にはかなり「観やすく」、前作の持つ「退廃感」はあまり感じられないので、初めて観る人にはいいでしょうが、前作を知る人には物足りないかも。

なんか、「普通」なんですよね。

前作のような、好き嫌いがはっきり分かれるような仕掛けがない。
まあ、そもそも最近そういう映画は少ないですけどね。

このブログでもよく書きますが、CG発達のせいでビジュアル的な驚き・新鮮さはなくなっています。
最近はCGじゃなくて「実写」(何千人集めたとか)を売りにする映画が出ていますが、正直見た目の違いってそんなにない気がします。だからせっかく金をかけたのだから、事前に必死に宣伝するのでしょうけど。

公開当時は不評で、後に評価が高まった前作。
続編の方も、米国では興行的に振るわなかったと伝え聞きます。

果たして続編、のちに評価が高まることがあるのか。

Ani的には、ないね。











2017/11/19 10:05 映画・テレビ TB(0) CM(0)
みなさん、朝ドラ、観てますか???

10月から始まっている新シリーズ 「わろてんか」



今シリーズは歴史もの。吉本興業の創業者 吉本せい が主人公のモデルです。

最近の朝ドラ・歴史ものは、近現代のそれほどメジャーではない女性をモデルにして成功しています。
「花子とアン」は「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子、「あさが来た」が大同生命の創業者・広岡浅子、「とと姉ちゃん」が「暮らしの手帖」の創刊者・大橋鎮子、「べっぴん」は子供服メーカー「ファミリア」の創業者・坂野惇子 と、こうして並べてみると、NHK、ずいぶんこだわったな。でも、「知らざれる偉人」を知ることができて、Ani的には興味深く観ていました。

ただ、今回の 吉本せい は、これまでの主人公に比べるとかなりメジャーです。
そもそも この人をモデルとした山崎豊子の「花のれん」という小説が1958年に発表されていて、この作品は直木賞を取ってます。
その後、この作品は何度もドラマ・映画・舞台化されています。なかなか手ごわい素材です。

主人公「てん」を演じる 葵わかな 、どっかで見たことあるなと思っていたら、CMに出てたんですね。



このアート引越センターのCMは2015年から始まっていろので、2年間も続いていることになります。
他にも マイネオ とかいろいろ出ていて、そこそこ顔は知られているようですね。
ただ、そんなに印象が残るタイプではないので、朝ドラの主人公に選ばれたのは、Ani的には少々意外でした。 

さて、肝心の中味の方ですが、最初はかなり戸惑いました。

遠藤憲一ほかの脇役陣も充実していて演技的には問題ないのですが、脚本が良くない。
エピソードのつながりが悪く、場面に感情移入する前に話がどんどん進んでしまうので、第4週くらいまでは「なんじゃ、これ?」といった感じでした。

朝ドラの歴史モノの場合、第一週は主人公を子役が演じるのはお約束なので、それは良しとするにしても、主人公夫婦が初めて芝居小屋を持つまでの展開がかなり荒っぽく急いで作られた印象です。

ただ、先週あたりから話が落ち着いてきたというか、やはり「吉本せい」の話ですから、寄席や芸人たちが出てこないとそれらしくなりません。ひょっとしたら、これからの展開を際立たせるために、最初のエピソードはかなり端折ったのかもしれません。

確かに先人の作った過去の作品があるので、脚本家としては意識せざるを得ないでしょうね、はっきり言って「やりづらい」
でも今の視聴者は30年以上前の前作を覚えているいる人なんかほとんどいないので、パクリはまずいけど、話が被るくらいなら意識せずにやったらいいと思います。

これから昭和の時代を賑わした大物芸人たちがどんどん登場するはず、楽しみです。
だから、あえて誰が誰を演じるのかは調べないことにしました。意外性を楽しみたいので。

今シーズンは、「やすらぎの郷」の後番組「トットちゃん」が、秀逸です。なかなか楽しめます。

こちらは「昼ドラ」ですが、同じ毎日放映される帯番組で放送時間もほぼ同じ。
「トットちゃん」が面白いので、余計に「わろてんか」のアラ(?)が目立ってしまった感があります。

両番組とも、ご興味あれば 是非に!

2017/11/12 11:23 映画・テレビ TB(0) CM(0)
積極的に視たいとは思わないのですが、やっていればつい視てしまうTV番組って、ありませんか?



Aniはこの番組。

もう10年もやっているのですね。

開始当初はなかなか面白い企画だなと思って、毎週欠かさず視てました。
それまでも各県のいわゆる「お国自慢」を取り上げる番組はありましたが、それをバラエティで「笑い」にしてしまうのは、一歩間違えれば都会の人間の「地方蔑視」にもなりかねないので、ある意味「チャレンジャー」、そこが興味深くもあったので。

そしてこの企画だと、そんなにネタが続かないと思っていたので、やっているうちはしっかり視ておこうとも思っていました。
せいぜい続いて2年かな、週一回のオンエアで2、3県取り上げるとして、大体半年で全県取り上げられます。
ひとつの県でネタになる事例はせいぜい3、4件だとすれば、まあ2年でネタ切れを起こす計算になります。

まさか10年も続くとは。

何がAniの誤算だったのか?

ひとつにはステレオタイプの「県イメージ」しか、Aniは想定していなかったからでしょう。
「方言」 「郷土料理」 「名所旧跡」 「県民性」
誰もが思い描くそれぞれの「県」の代表的な「イメージ」、確かにそれだけをテーマにしてたら、すぐにネタ切れしますよね。

ところがこの番組の場合、本当に限られた地方の限られた人々にしかわからない「食べ物」や「風習」etcまでもテーマとして取り上げています。いやむしろ、そっちの方がメインかもしれません。

これらはある意味「盲点」でした。
というのも、それらの超ローカルなテーマって、その当事者であるその地域の人にとっては「当たり前」のことなので、あえて他県の人に話したりはしません。だって本人たちは、そのことが珍しいとか、変だとかは思っていないから。

なのでその手の「テーマ」、これまでほとんど「公(おおやけ)」になることはありませんでした。

例えば... うーん、なかなか思い出せません。

多分、思い出せない=記憶に残らない のは、そのこと自体は、別にどうってことないことだからでしょう。
そのような「習慣」を持たない他県人は、聞いた瞬間「へー」と驚くかもしれませんが、恐らくそれで終わってしまいます。
なぜなら他県人は、それを「真似」しようとは思わない、ところ変われば変わった「風習」があるもんだと思うだけですから。

一つ例を上げるなら、愛知県民は家庭でも「小倉トースト」をよく食べるので、各家庭には必ず「ゆであずき」の缶詰がストックされているそうな、聞いた瞬間「へー」ですが、埼玉県民であるAniは、あえて「真似」しようとは思いません。

確かにこの手の、各県「あるある」を拾っていけば、そこそこ「ネタ」には困らないのかもしれません。

ただ、流石に最近は「ネタ」が尽きたのか、ネット上では「本当にそうか?」の書き込みがたまに見受けられます。

「埼玉県民が熱愛する冷汁そうめん」は本当に人気? 『ケンミンSHOW』に疑問の声
https://sirabee.com/2017/08/24/20161264737/

加須あたりの「冷汁うどん」は知ってますが、そもそも県南には「冷汁」自体がありませんので、Aniに真偽は不明です。
まあ「うどん」を「そうめん」に変えるだけだから、そういう食べ方は全然アリだと思いますが。

最後に、「ケンミンSHOW」で面白いと思うのは、隣接県での「ライバル」関係を取り上げるところ。

関東なら、群馬vs栃木vs茨城 のバトルは有名(?)ですよね、あと、埼玉vs千葉 も あります。(ここに神奈川を加える説もありますが、それはちょっと図々しいと、Aniは思います)

関西は?大阪vs京都 でしょうか? あ、滋賀もいましたね(大阪に馬鹿にされると、滋賀は「琵琶湖の水を止めるぞ!」というらしい)

北陸3県(富山、石川、福井)も、対抗意識が強いということをこの番組で知りました。
関東人にとっては、この3県のどこに違いがあるのか、そもそもよくわからないけど。

東北や九州は、あまりそういうことは聞かない気がしますが、どうなんでしょう?

というわけで、すでにマンネリ化は免れない同番組ですが、しばらくは続きそうです。

いつ終わるのか?

みのさん が 元気なうちは、終わらないのかもしれません。(>.<)
2017/08/27 18:52 映画・テレビ TB(0) CM(0)
6年前に深夜枠でオンエアされたアニメに、いまハマっています。



なんとなく、このアニメのタイトルだけは知っていました。
かなり文学的なタイトルですよね、こういうのって気になる方です。

また、このアニメのエンディングテーマ 「secret base 〜君がくれたもの〜」、何故かこの曲は知っていて、いい曲だなあ と思っていました。
(このブログを書くにあたり調べると、この曲は2001年にガールズバンドのZONEが歌った曲のカバーでした。このZONEというバンド、NHKの紅白歌合戦にも出場していて、この曲も2回歌っているそうな。だから知っていたみたい。ちなみに「夏祭り」って曲もこのバンドの歌でした。へえー)

この曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=3eUx5phZZMA

ちなみに上記はカバーバージョンの方で、歌っているのはこの作品の主人公たちを演じた声優さん達です。

テレビを買い換えたついでに加入した動画配信サービス「ネットフリックス」で、このアニメを見つけました。

30分物で全11話。8話まで見ました。

この作品はコミックが原作ではなく、アニメ用に書き下ろされた作品との事。ちなみにこのアニメがオンエアされたフジテレビ系の深夜枠は「ノイタミナ」といって、アニメオタク向けではなく一般視聴者向けに開拓された放送枠だそうな。

ストーリーは秩父に暮らす少年少女6人の物語。
小学生時代に男女3人づつの仲良しグループだった6人、しかしそのうちの一人が水難事故でなくなってしまい、それがきっかけで彼らは疎遠になりますが、高校生になった夏に亡くなった少女が幽霊として現れ、それまでに彼らが引きずっていたそれぞれの「過去」に向き合うという展開です。

オリジナルとして「ノイタミナ」枠で書き下ろされたせいか、この作品、あんまりアニメっぽくありません。
もちろん初めからそこが狙いでもあったとは思いますが、それぞれの心理描写と美しく描かれた秩父の日常風景が静かに進行していきます。

なんかそこが心地いいのですよね。少年少女の揺れ動く心模様が切ないです。
秩父の描写も、Aniはちらっとしか行ったことないのですが、何故か懐かしい。

最終話まであと3話残っていますが、なぜあの長いタイトルなのか、そこははわかっていません。
結末、こういうストーリ展開なのでイマイチ想像がつきませんが、この作品の場合はどういう結末であっても、それはそれで納得できる気がします。

ご興味ある方は動画配信サービス、またはDVDが出てますのでそちらの方で。
劇場映画版もあるようなので、そちらも見てみようかと思っています。


2017/08/20 12:55 映画・テレビ TB(0) CM(0)
当ブログでも紹介しましたが、4月から始まったテレビ朝日系の昼ドラ(12:30~12:50 「シルバータイムドラマ枠」)
「やすらぎの郷」
http://huazhong.blog.fc2.com/blog-date-201704.html#entry290

なんか評判いいようです。視聴率も裏番組の「ヒルナンデス」や「バイキング」を上回っているそうな。

まあ、そうでしょう、当初からある程度健闘するだろうことは予想していました。
そもそもお昼のこの時間帯の主な視聴者はまさしく「シルバー世代」
50代以上のこの世代が、往年のスターが勢ぞろいするこの番組を見ないはずがありません。

ただ「作品」としてどこまで評価されるかは少々疑問でした。
出演者は往年の主役級ばかり。誰か一人を主役に絞って話を進めるのは難しそうです。あちらを立てればこちらが立たずになって、話がボヤける可能性もあります。

またかつては「絶世の美女」だった方も年齢には逆らえません、いまでもお美しいとはいえ、衰えは隠せない。
若い頃のままに演じるとなると「痛々しく」なってしまうでしょう。
「年相応」の演技、どこまで「老い」を表現できるか、ずっと「スター」だった方々が、プライドを捨てて演じられるのか。
となると、無難なのは「コメディ」調にすることかな。

実際、開始当初はそうでした。
藤竜也演じる「ヒデさん」(明らかに「高倉健」がモデル)がぎっくり腰になるエピソード、けっこうな「ドタバタ」ぶりでした。
つかみとしては合格点でしょう、あれ以上ふざけると白けてしまうギリギリのところで留めましたね。


ただ、脚本は倉本聰氏ですから、ちゃんとテーマである「老い」も取り上げています。
前述のエピソードでも、ドラマの進行役である石坂浩二演じる脚本家「栄」が、亡くなった妻の過去に思い悩む姿が描かれています。


知らずに「死んで」後悔しないのか、あえて「知らず」に綺麗な思い出だけを胸に「死んで」行くべきなのか。
これも「老い」てからこそ、悩むことなのでしょう。

そして続くエピソードで、倉本氏は正面から「老い」を取り上げています。
先週までのテーマは、「詐欺」と「貧困」

ドラマでは「オレオレ」ではなかったですが、資産のある高齢者は常に詐欺の対象として狙われていることを氏は取り上げています。
有馬稲子演じるシャンソン歌手「しのぶ」が、かつて大ヒットした自ら主演の音楽番組の復活を餌に「詐欺」被害に遭います。


それがきっかけで、彼女の「痴呆症」は悪化、結果として「詐欺」の片棒を担いでしまった冨士眞奈美演じるかつての友人「小春」、この人は若い頃の不義理がたたって誰からも相手にされず、いわゆる「貧困老人」、で、最後は生きる術を全て失って自殺してしまいます。


それまでのコメディ調から一転して重いテーマ。だからといって、辛いだけではなく、「希望」も散りばめているところが、さすが倉本氏というところでしょうか。
「小春」がニューヨークで出会った、老いてもなお主役の夢をあきらめない老俳優の話。
それからこれは先週の金曜日のオンエアだったのですが、ボケてしまった「しのぶ」に対して、ミッキーカーチス演じる「マロ」が、「俺たち何もしなくていいのか」と仲間に問いかけるシーン(はっとして、グッときました)


あと、身寄りがないので引き取り手のなかった「小春」の遺体を、「栄」が引き取って荼毘に付すシーン(「人」として、こうありたいよね)

そもそも、舞台の老人ホーム「やすらぎの郷」は、テレビ・映画界に貢献のあった人を「タダ」で世話している施設、この設定自体が現実離れしているので、氏のことですから、おそらくこのままで終わらないでしょう。
ドラマしては、これからが面白くなっていきそうです。

最後に、開始当初からAniが懸念していたことが、やはり起こってしまいました。
それは出演者が途中でお亡くなりになること。
皆さん高齢者ですから、半年の放送期間を考えればありうることです。

ただし「野際陽子」さんとは... 意外でした。


彼女の経歴等はこの2、3日で多く報道されていますのでここでは書きませんが、遺作となった当ドラマ「やすらぎの郷」での演技は、まったく病気のことなど感じさせない素晴らしいものでした。

「キーハンター」以来、常に「かっこいい」女優さんでした。
彼女らしい最後です、あっぱれ!

合掌。


2017/06/18 10:22 映画・テレビ TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。