FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
緊急事態宣言が解除された5月の終盤頃から暫くは、新型コロナの感染者数が日を追って減っていたのでこのまま終息するのかと思いきや、最近は日を追って感染者が増えていき、連日各地で過去最高を記録するに至っています。

いまのところ感染者の多くが2、30代の若い世代のせいか重症者が少ないのが救いですが、結局わかったことは、気をつけていたとしても人々が動けば感染者の増加は止められないということ。

とは言っても緊急事態宣言下のときのようにまったく人々が動かなくなってしまうと、本当に経済が死んでしまいます。
Aniもあそこまで旅行・飲食・娯楽系がダメージを受けるとはまったく想像していませんでした。
冷静に考えれば、全然人々が動いていないのですから、ダメージがあって当然なのですが、日本人、罰則もなしでよくあそこまで徹底できるなと。他国では考えられない、そのへんが感染者数の差に現れているのでしょう。

しかしいくら我慢強い日本人とて、自粛生活は3ヶ月が限界でしょう。また人は動いているからこそ生活できているので、もう流石に動かざるを得ません。

この4連休、いつもなら絶対に旅行してたよなあ。
みんなもストレス溜まっているから、久々にぱあっつと発散したいよね。
でも1都3県の人間は他県に行けば歓迎されないので、まったく肩身が狭いです。

後ろめたさを感じながら旅をするのも嫌なので、久々に近場のレイクタウンに一昨日行ってきました、行く目的もあったので。

朝の10時半頃到着。駐車場はそこそこ混んでます。コロナ前とそんなに変わらない感じ。



休日の午前中のレイクタウンはいつもこんなもんです。違うのは、みんなマスクをしていること。

最初のミッション、ゴルフシューズが大分ボロくなったので買い替え。(ゴルフは宣言解除後、ポツポツとコソコソと行っていました(>.<)

KAZEの1Fの端っこにあるビクトリアゴルフで購入。バイバス沿いとかにあるゴルフショップに比べると、そんなに広くなく品揃えも少ない感じ。中高年オヤジはレクタウンのメイン客層ではないからやむなしです。


今回は、あまりゴルフっシューズっぽくないのにしてみました。

次は今回の主ミッション。



「yogibo(ヨギボー)」

ちょっと前まで、ごくたまーにTVCMが流れていましたから、知ってる方もいるでしょう。

「人をダメにするビーズソファー」って、ご存知ですか。

ビーズが詰まったタイプのソファーで、人の体に合わせて形が変化するソファー。
あまりに座り心地がいいので、一度座ったら立てなくなるから「人をダメにする」ということらしい。



ラインナップはこんな感じ。一番大きいタイプで H170×W120  一番小さいので H95 × W65。
他に肘掛とか枕なんかのアクセサリー的なものが揃っています。

テレビを買い換えて以来、居間ではほとんど床に座る生活になってしまいました。なぜなら、そのほうがテレビの迫力が増すから。
でもうちにある座椅子がイマイチです。



こんな感じ。木製だから長く座っていると痛いのですよ。

なんかいいのないかなと思っていた時に、ヨギボーのTVCMを最近観ました。
最初、なんのCMだかわからなかったので調べたら、使えそうです。

でもう少し調べたら、どうもレイクタウンに体験ショップが期間限定でできたらしい。ということです。





いろんなタイプが試せます。

いくつかに座ってみました。

確かに座り心地はいい、ただAniのニーズである、テレビ視聴用には小さいやつは向かないようです。



幼児向けかな?ソファーではない。







あくまでソファーが目的なので、これらはパス。



多分 非売品。

大きいタイプを試します。でもあまり大きいのはジャマな感じ、どれも微妙だなと感じ始めていましたが、あるタイプに座ったら、ビビッときました。



左から3番目の青いやつ、short。テレビ視聴で大切なのは、頭の納り具合。これがピッタリでした。

yogibo short

この写真より後ろに寄っかかっても、しっかり支えてくれます。

10万円の臨時収入もあったので、即決しました。カバーを撥水タイプにして3000円高くなりましたが、キャンペーンで10%オフになったので26000円で買えました。

ちなみにヨギボーは店頭販売はなくこれらの体験ショップかネットでしか買えません。
また完全受注生産ということで、到着は1ヶ月後とのこと。

さて、最後のミッション。

今年はこの色のシャツが必要だと思ったので。





ユニクロなら間違いないでしょう。

しかし、レイクタウンって、便利なのか不便なのか。
ユニクロとビクトリアって、それぞれが一番端っこにあるので、800Mくらいあるのかな。

ともかくよく歩きました。
2020/07/26 15:09 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
当たり前のことが当たり前でなくなってしまった今日この頃。

病気でもないのに外には出れず、もんもんと自宅で過ごす生活は、流石に飽きてきました。

それでも季節はきっちり巡っています。春になれば花が咲き、やがて夏が来る。

それぞれに季節に合わせ、毎年繰り返される各種行事、花見だったり、お祭り、花火大会etc、ああそうだ、甲子園もね。

今年はみんな、なくなってしまいました。致し方なしとはわかっていますが、寂しい限りです。

個人的にも、そんな「年中行事」って、皆さんそれぞれ持ってませんか?
例えば、その時期にしか食べられない物を毎年必ず食べに行くとか。

Aniの場合、いつのまにか年中行事になってしまったのが、亀戸天神社へのお参り。

特に行く時期は決まっていないのですが、天神様を自分の守護神と勝手に決めた時から(誕生日が同じだったので)、もう4、5年行ってるはずです(当ブログでも毎年取り上げていますね)



小雨交じりの沿道。



えー。



こんなに「緑」一色の天神様に来たのは初めてです。

江戸の昔から、亀戸天神といえば「梅」と「藤」。
浮世絵にも出てくるほどの、「梅」と「藤」の名所です。

今でも、「梅まつり」(3月)「藤まつり」(5月)が盛大に執り行われ、多くの人出に見舞われるのですが、今年は新型コロナの影響で中止でした。

Aniも、これまではそれぞれの花の時期に合わせて訪れていたので、それぞれの花が終わったあとのこの時期は、これまで訪れたことはありませんでした。



緑に覆われた「藤棚」



花の時期なら、こんな感じ。



「梅」って、花の時期は、か細くて繊細なイメージなのですが、葉がつくとずいぶん逞しい感じですね。



境内の左右に鎮座する、右が「紅梅」で左が「白梅」だったかな。



一昨年撮った左の「白梅」
こんなに印象が違うんですね。



お参りの前にお清めしようとしたら、こんなところにも新型コロナの影響が。



天神様、不浄な身でお参りするることを、お許しください。



お祓い受けるにしても、これだけ風通しが良ければ、「3密」にはならないね。



天神様に隣接する日本料理店「若福」。この宣伝(?)季節によって変えてることに気づきました。
熱くなるから、スイーツなんだね!



なかなかいいアングル。太鼓橋のたもとには、紫陽花が咲いていました。



亀戸天神社は総本社である福岡の太宰府天満社を模したレイアウトで、太宰府には3つの橋がありますが、ここ亀戸は2つの太鼓橋があります。

鳥居に近い方が「男橋」、本店よりが「女橋」。
男橋は「過去」で、女橋が「未来」。それぞれしきたりがあって、男橋を渡るときは「振り返らない」、女橋を渡るときは「つまずかない」ようにするのだとか。

ちなみに本家の太宰府ではそれぞれ「過去」「現在」「未来」で、亀戸にはない「現在」の橋は、「立ち止まらない」だそうな。



「過去」の橋の上で、思いっきり「振り返って」しまいました(>_<) 調べるまで、知らなかった(T T)

物事は、いい方に考えましょう、今年は還暦、節目に人生を振り返るのは、よし ! としようではありませんか v(^-^)



2020/06/14 16:00 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
さて、再び山手通りに戻ると、こんな方が



けっこう派手な出て立ちなのですが、気が付きませんでした。
何度もこの通りを往復しているのですが、車だと見過ごしてしまうようです。

この像は、この奥にある五百羅漢寺の案内のようです。
ここ、存在は知っていました。ただ拝観料を取るのでパスしていたのですが、その日は無料、七福神ではないのですが、ちょっと寄り道することに。



「みどりの散歩道」 というほど緑を感じませんが、何か名称が必要だったのでしょう。



祭日に国旗を掲揚することは珍しくありませんが、この旗を掲げるのは珍しい!
いや、国旗じゃないから、いつも掲揚しているのかな?



到着!



そうそう、無料、これ重要!



お寺の拝観自体は無料で、この「羅漢堂」が有料のようです。500円。



元禄時代に松雲元慶禅師というお坊さんが、十数年の歳月をかけて約五百体の羅漢さんを彫り上げたそうな。
そのうち現存する300体が展示されたいます。

rakan 2

300体近くあるのに、ひとつひとつ違ったお顔で、それぞれ豊かな表情をしています。
ひとりの人間が何年もかけてこれを作り上げたこと自体がすごいですね。
東京都の重要文化財に指定、維持費を考えれば拝観料500円は適正価格でしょう。



この原爆の碑は、太平洋戦争時に慰問先の広島で原爆により亡くなった 移動演劇団「さくら隊」の慰霊碑です。
終戦後、彼らとゆかりのあった徳川夢声他の俳優・歌手たちが建立しました。
のちのこのお寺がスポンサーとなって「さくら隊散る」という独立系の映画も作られています。

さて、最後の七福神が鎮座されている 目黒不動尊へ参りましょうか!



参道にあるうなぎ屋さん。「八つ目うなぎ」で有名な 「にしむら」

ここでちょっと うんちく を。

東京には「目」のつく不動尊がいくつかあるのですが、これらは密教の「五行思想」に基づく「五色不動」です。

五色とは 赤・青・黒・黄色・白 のことで、密教(天台宗・真言宗)のお寺に行くとよく飾ってあるあの布(五色帳幕がそうです。


こんな感じ。

で、ここ目黒と目白(豊島区)は有名ですが、他に 目赤(文京区)、目青(世田谷区)、目黄(台東区、江戸川区)が都内にあります。

「目」がつくことから、どこも眼病にきくとされ、やはり「目」にいい「八つ目うなぎ」が門前で売られることになったそうな。



「八つ目うなぎ」、食べたことありません。なのでお土産にと思ったのですが、メニューにはないぞ?普通のうなぎだけの様子。
さらにこの日は参拝客が多いせいか、焼き上がりまで1時間待ち、断念しました。



山門が覗いています。



初詣の参拝客で、ずいぶんの賑わいです。



屋台がたくさん出ています。 なんだか懐かしい風景だな。



目黒不動 正式名称は 龍泉寺。
ここは数ヶ月前に訪れています。なので大体の寺のロケーションは知っていて、七福神である恵比寿様は門外にあるのですが、せっかくなので ご本尊様にもご挨拶を。



これはご本尊様ではありません。本堂の裏にある「大日如来坐像」



懐かしいな、お面。でも、売れてない(>_<)



これもレトロだな、でも、どれも絶対に落ちそうにない景品だらけ!



まだあるんだ スーパーボール。 でもやっぱり 売れてない (>_<)



だいぶ寄り道しましたが、ようやく 恵比寿様 にご挨拶です!

七福神巡り、完了! ただ、最近の御朱印ブームで、恵比寿様の御朱印もらうのに 30分かかります。

ということで、時間つぶしに参道をブラブラしていたら 



たこ薬師?なんか面白そう!



天台宗のお寺。このお寺の開祖が蛸と縁があったらしい。

でもって、無事に御朱印をもらい、帰りはここからの最寄駅 東急目黒線の「不動前」駅へ向かうべく「かむろ坂」を歩いていると

「かむろ坂」(ここは知る人ぞ知る 桜の名所 です)
kamuro sakura
道路を囲む「桜のトンネル」!



なんか工事しているなと思ってたら、公園ができていました。そして こんな像が。



ふ~ん、そうだったんだ!


ということで、今年の七福神レポート、いかがでしたか?

もう都内には有名どころはないのかなと思っていましたが、まだまだありそうです。

来年は 豊島区あたりを攻めようかと\(^o^)/ 

2020/02/02 10:13 散歩・旅行 TB(0) CM(0)


さて、5番目の七福神は、大黒天の「大圓寺(だいえんじ)」



前回紹介した「行人坂」、ホリプロの事務所のすぐ近く。



ここは駅に近いせいか、また目黒不動尊の参道の途中でもあるので、ずいぶん人で賑わっています。
そうそう、2年前のNHK「ブラタモリ・目黒」のオープニングがここだった、なので知名度はあるのでしょう!

こちらの境内には五百羅漢や重文の釈迦如来像、阿弥陀堂ほか所狭しと見所があるのですが、Aniが気になったのは、これ。





歌舞伎や浄瑠璃、落語で有名な「八百屋お七」を弔っているのです。

一般的に広く知られているのは、江戸時代初期、天和の大火で焼け出された本郷の八百屋の娘 お七が、避難先の寺で知り合った寺小姓 吉三と恋仲になり、その後二人は引き離されてしまうのですが、火事が起きれば吉三に会えると考えた お七は自宅に火を放ち、放火は大罪、哀れ お七は品川の鈴ヶ森刑場で「火炙りの刑」に処されるというもの。
実際にはこの話が本当かは不明で、よくわからないそうです。上の話も、近松門左衛門の戯曲がベースらしい。

また大圓寺に伝わる話によれば、その後 吉三は僧侶 西運 となり、お七の霊を弔うため、ここから浅草・浅草寺まで往復十里を一万日に渡ってお参りしたとのこと。それで寺前の坂が「行人坂」と名付けられたそうな。

その西運の墓が大圓寺(正確には大圓寺裏にあった明王院、のちに大圓寺に統合された)にあり、別に葬られていたお七と合祀するために、のちに墓碑が建てられたそうな。

いや、目黒から浅草までって、相当な距離だぞ。そっちに感心してしまいました(>_<)



大圓寺を出て目黒川まで行人坂を下っていくと、目黒雅叙園(いまは、ホテル雅叙園)にぶつかります。

大圓寺が併合した明王院はもともとここにありました。



なので、お七と吉三の名残が残っています。



この井戸は、浅草までの一万日行をおこなった西運が、毎朝行水を行ったとのこと。



最近は、桜の名所として有名な 目黒川。



ん、なんだこの建物は?



おお、なんと。「目黒エンペラー」ではないか!
何十回も、この前を通り過ぎていたのですが、全然気付かなかった(>_<)

1973年開業。いわゆる「ラブホテル」の草分け的存在です。

多分1970年代に関東地方に暮らした方なら、深夜の関東ローカル局(今のテレビ朝日とテレビ東京は、全国キー局ではなく、関東ローカル局でした。テレビ朝日は「NET(日本教育テレビ)」、テレビ東京は「東京12チャンネル」と名乗っていました。)で流れたCMを目にしているはずです。(動画探したけど、見つからず(T T)

当時は怪しげなCMの意味がよくわかっていませんでした、でも「エンペラー」の響きが妙にかっこよくて、多くの暴走族が「エンペラー」を名乗っていましたっけ!



山手通り。正月2日はガラガラです。

で、その山手通り沿いにあるのが、6番目の七福神「蟠龍寺」。弁天様。



住宅街の奥まったところにある、こじんまりとしたお寺です。

弁財天は芸能・芸術を司る神様。なのでこちらのお寺もアーティストの方の信仰熱く、なんと境内にスタジオがあるとのこと。
(画像で確認できませんが)



祠の中に鎮座されているのは、

sekibutu bennzai

珍しい、石仏の弁天様です。



また、こちらも 面白い!



「おしろい地蔵」

江戸時代から歌舞伎役者の信仰が熱く、「美人になれるご利益」があるそうな。
まずはお顔におしろいを施し、残りを自分の顔に塗って祈願します。

よく見ると、お地蔵様のお顔はうっすら白塗りですね。
口には紅もさしてありました。

長くなりましたので、最後の目黒不動尊は次回に m(_ _)m

~続く~
2020/01/25 20:24 散歩・旅行 TB(0) CM(0)


JR目黒駅。
アトレが併設、となりに2年前?かな、ニトリが出来たので、都心にしては非常に便利です。
そのあたりが「住みたい街ランキング」で、常に上位に来る理由でしょう。

ちょっと足を伸ばせば、前回紹介したドンキもあるし、向かい側の東急口にあるアトレ目黒2の方に行けば、ザ・ガーデン(高級食料品店)、無印良品、ちょっとしたブランドショップもあります。

さて、今回はお寺巡りはお休みして、目黒駅周辺で、Aniが気になるところをご紹介します。

場所については、下記の地図を参考にしてください。

meguro ekimaetizu

まずは、



ここは「権之助坂」(地図で言うと、真ん中左にある ホテルアベスト目黒の下の大きな通り。左に行くと目黒通りになります。)
の一番目黒駅に近い雑居ビルの入口。さっきのホテルが入っている「メグロードビル」です。

奥のほうがメグロードビルの地下に入る入口で、手前はサンフェリスタビルの入口。

この二つのビルはそこそこ古い、全部飲食店が入ったビルで、チェーン系から有名店、個性的なお店などいろいろ楽しめます。
作りも面白くて、権之助坂側と反対側のバス乗り場の通りの両方に入口があります。写真はバス乗り場側。

なかに入ると、なかなかのレトロ感。



で、中でも個性的なのが、このお店。



本棚?



名前からして、飲食店らしい。

で、どうやって開けるかというと、



引っ張れば開きます。

ちなみにこの先にもう一つドアがあって、これも仕掛けがあります。
そちらの方は、実際に行って、お確かめください。

ちなみにAniは中に入ったことはありますが、利用したことはありません。
内容的には、ダイニングバー、ちょっと凝ったメニューの居酒屋さんのようです。

さて、次は、



場所は真ん中左上にある、100円ショップ キャンドュ東急ストア目黒店のとなり奥のビル1F。

普通の「町中華」。最近「町中華」ブームらしいです。BS・TBSでも、「酒場放浪記」っぽい「玉袋筋太郎の 町中華でやろうぜ!」なんて番組がやってますしね。

まあ、Ani的には、10年以上前から「町中華」ブームが続いていますが。

で、気になっていた理由は、



安くない?味はどうなんだ?

ということで、その日のランチはここにしました。

注文は、チャーハン、餃子のハーフ、もちろん生ビールもつけました。
(半分食べて、写真の取り忘れに気づいたのですが、あまり綺麗な絵ではなかったので、掲載は見送りましたm(_ _)m )
これで総額 750円、味も普通のおいしい!お勧めです!

で、そこから駅の方に戻って、信号を右にまがった、地図でいうと、ちょうど「東急ストア」の文字の「ス」あたりになるのが



目黒シネマ。映画館といえば、今は殆ど「シネコン」になってしまいましたが、ここは昔懐かしい「単独館」です。



この、階段を下りていくところが、いいですよね。ワクワク感が増します!



上映作品も懐かしや、ここは昔で言うところの「名画座」ですね。若い頃はよく行ったなあ。
「名画座」と言われても、現在の若者はわからないのでしょうね。



目黒駅の周辺は、とにかく坂が多いです。目黒駅自体がちょうど坂の頂上に立ってる感じかな。



この「行人坂」は、地図で言うと 真ん中左ちょっと下の「とんかつ とんき」と、その斜め左下のある「大円寺」のあいだの通り。

「行人坂(ぎょうじんざか)」の、由来は次回紹介するこの「大円寺」(ここも七福神)と関係しているので、そっちで書きます。



で、2つ前の写真にもチラッと映ってたのですが、この坂の途中に、芸能プロダクションの「ホリプロ」があります。

いつもおのあたりを通るときは、誰か所属の芸能人に会わないかなあと思うのですが(和田アキ子さんとか)、一度も会ったことがありません。

まあ、あんまり売れていない人には会ってるのかも知れませんが、気づく訳もありませんしね。

~続く~
2020/01/19 18:46 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。