歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
恒例の「大人キャンプ」
先週の土日に決行しました。

いつもの鹿沼「出会いの森キャンプ場」


前回 2017秋 は、「雨のキャンプ」でしたが、今回は梅雨時にも関わらず、2日間ともピーカン!
そのせいなのか、川にはまったく水がない。



久々参加のマイブラザー、釣りは諦めました (>_<)

今回は最多参加者で、大人17名!



テントだらけです!

おっと、忘れてた、彼らも参加 (^-^)





マツコ・デラックス氏いわく、キャンプは、

「外で砂混じりの肉食って、どこが面白いんだ?」

確かに。

普通に「食」を楽しみたいなら、家の中の方がいいと思います。

それでも、せっかくのキャンプの夕餉、ただ肉焼くだけじゃ、つまらない。

で、今回はこんなものを用意しました。





「アルプスの少女ハイジ」に出てくるチーズ、とか言うらしいです。

最近、家庭教師トライのCMでよく出てくるハイジのおじいさんが、アニメでは暖炉にかざしてチーズを溶かすシーンがあるそうなのですが、Aniはハイジ世代ではないので、アニメはまったく見たことがありません。

でもこの「ラクレット・チーズ」に関しては、専門のレストランが最近出き始め、またメディアでもたまに取り上げるので、それを見て、うまそうだなあと。

特殊なチーズなので、当然普通には売ってません。ネットで購入しましたが、まともにラウンド(まるごと一個)買うと、2、3万円します。そんなに買ったら消費出来ない、なので、1/8カット 600g、それでも3000円弱、総量1000円で4000円!

で、やってみました。

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=7PBqic8h7lc

最初は焚き火にかざそうかと思っていたのですが、どうもうまくいきそうにないので、バーナーで炙ることにしました。

でもなんか違う、溶けることは溶けるのですが、直火なので、少々こげてしまいます。
レストランでは溶かすための専用の機械を使うのですが、多分そっちはもっとじっくり火が通るのでしょう、今回はテレビで見るような、どろっとかかる感じにはなりませんでした。

チーズって、欧米では実に様々な種類があって、味も千差万別、分かっていないとびっくりするような「味」に遭遇したりします。
その点、今回購入したラクレットは、スイスからの輸入品でしたが、クセもなく、かなり食べやすいものでした。
おそらく日本市場にあったものをチョイスしたものだと思います。

余ったので昨日あらためて自宅で試しましたが(オーブントースターでやってみた)、白ワインが入るチーズフォンジュよりクセがなくて、こっちのほうがチーズ本来の美味しさが感じられた気がします。

いずれにせよ、購入するチーズの量が多いだけに「孤独のグルメ」とはいかないので、ホームパーティーでどう扱うか思案中です
v(^-^)
2018/06/10 17:06 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
せんべろ = 千円でベロベロになるまで飲める の意味。

「せんべろの聖地」と呼ばれる場所が、都内には何箇所かあります。

一番有名なのは「立石(たていし)」かな。
「どこ?」って方が多いかと思いますが、葛飾区、亀有のちょっと先、京成押上線。
古くからの飲み屋街があって、チューハイ発祥の地と言われています。

それ以外だと、浅草、上野、西だと蒲田あたりかな。
と、今回紹介する「赤羽」

Aniが住む草加からそれほど遠くないのですが、通り道でもないし、仕事でも縁がなかった場所なので、ほとんど行ったことがありません。

古い飲み屋街は大好きです。なので赤羽には一度訪ねてみたいと思っていました。
同じく行ってみたいという友人がいたので、昨日 初訪問。

でかい駅です。イメージしていたより大きな街です。

線路をはさんで東口と西口があり、東口は繁華街、西口はマンションが立ち並ぶ住宅街のようです。


東口の駅前。都心の感じではないです。地方都市っぽい佇まい。

赤羽は一応「東京都北区」なのですが、なんか「埼玉」っぽい?
「赤羽」が「埼玉」だと思っている人もたまにいます。


真ん中に見える「1番街」の看板の奥が、どうも飲み屋街のようです。


レトロですね。


有名店。行列です。


鰻で考えれば「安い」ですね。ただ今日は「飲み」なので、パスです。
それに「鰻」で考えれば、地元のそばにも有名どころがあるので、そっちへ行くかな。

1番街をぶらつきます。他にも立ち飲みのおでん、海鮮バーベキューなどの有名店を覗きましたが、どこも満席。


で、結局、この餃子屋さんに。

「赤羽名物」とありますが、店は大阪のチェーン店でした。(チャオチャオ餃子)
小ぶりの四角い餃子。昔 心斎橋で食べたような。



肝心の餃子の写真は撮り忘れました。
ただこのお通しの「茎わかめ」、みょうにうまかった。

何件かハシゴするつもりでいたので、餃子1枚に生ビール一杯で店を出ます。

次を目指して、街を徘徊。



懐かしい、キャバレー「ハリウッド」
大昔、神田の店に行ったのが最初で最後です。

うーん、意外と高いんだな。


駄菓子屋の店先にあった、レトロなゲーム機。


ワンプレー 10円、やってみました。コインが出てきて、それをパチンコみたいにはじいて点数を競うみたいです。
いい点数が出ると駄菓子屋で使える金券がもらえるようです。ダメでした。


街の洋食屋さん。メニューが豊富。




安い、定食 700円しない、ボリュームもあります。こういうお店、近所に欲しいね。


なんだろう、交差点なのかな、5差路、6差路のところが多くて、どこも広々としています。
車もほとんど入ってこないので、ノンビリ歩くには最適です。


何件か模型屋さんに出会いました。


人の出入りがけっこうあります。赤羽はそっちの世界でも知られているのかな。



なんか「東京」にいるってイメージがわきません。
この通りなんか、地方の県庁所在地みたいに感じます。
繁華街から一歩出ると意外と広々としているので、そんなところが地方都市と似ているのだと思います。

一時間近く街を散策、風があるせいか、ちょっと冷え冷えしてきました。
入れそうなおでん屋があったので、入ってみましたが、これが大失敗。

老齢のママと中国人らしき従業員の二人でやっている模様。
入店早々、ママが若い従業員を叱っています。それを常連客が慰めている。

メニューもそんなに安くありません。全然「せんベロ」じゃない。



で、出てきた「おでん中皿」。どうということない味。大宮公園の茶店のおでんのほうが全然うまかったな。
ママからは「早く帰れ」オーラが全開で出てます。

赤羽の一番街、最近知名度が上がっているので、こういう店も出てくるのでしょうね。
所謂「観光地料金」です。人気店は混んで入れないので、そこそこ客は入ります。で、リピートはないから、高めに値段設定。

浅草のホッピー通りも、けっこう高くつきます。まあ、あそこは完全に「観光地」だからね。

「赤羽」

Aniには「アウェイ」な街と感じました。ちょっと違うんだよね。

やっぱり「ホーム」なのは、上野か北千住だな。

でも一番の「ホーム」は「南越谷」です。






2018/04/15 12:44 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
もう、すっかり「葉桜」になってしまいました。



先週は花見の席でつい日本酒を飲み過ぎてしまい、日曜日は久しぶりに二日酔い、なのでブログ更新はお休みしました。

で、昨日、ちょっとついでがあったので、久しぶりに綾瀬川沿いの「草加松原」を散策。



先週の花見は同じ綾瀬川でも東武線をはさんだ上流(?)のほうで、ここ「草加松原」あたりはは少し下流、江戸時代に水運利用のため開削されたところなので、約2Kmに渡ってまっすぐです。その脇に日光街道を通し、旅人のために風や日差しを遮る松を植えたのが「草加松原」の始まりです。



「松」って、この時期「花」が咲くんですね、触れてみると大量に花粉が飛び出します。
一瞬、花粉症なのでビビりましたが、「松」」の花粉はスギほどアレルギー反応は出ないそうです。



ソメイヨシノは終わってしまいましたが、八重桜はこれからが見頃。



なぜに久々に草加松原を訪れたかというと、市内報で新しく観光目的の施設ができたとの記事があったので。



こじんまりとした、でもいい感じかな。



ベタですね~、でも、お約束というか、観光地っぽくって、Ani的には悪くないと思います。
右が芭蕉さん、左が弟子の曾良さん。



この傍らには前からあった櫓があって、一応中にも入れるのですが、特にどうということもないです。
外からの見た目はいいです、夜はライトアップされてなかなか風情あります。



お休みどころの内はこんな感じ、有名な「おくの細道」の冒頭部分ですね。



草加といえば「草加せんべい」が有名ですが、実は染物、特に「浴衣」の染付が江戸時代からの地場産業でした。
右側に写っているのは松並木が染付された「手ぬぐい」、地元名産ということなのかな。

まだプレオープンということで、こんな感じですが、施設の中には簡単な厨房もあったので、おそらく正式オープン後は江戸時代の
「茶店」風にして、抹茶とか団子とかを提供するのでしょう。

我が住む「埼玉県」
観光地らしい観光地は「秩父」ぐらいで、南部は東京のベットタウン、北部はまあ近郊野菜の「農業地帯」か。

住んでいる人間にとっては、そこそこ暮らしやすい、やはり「住めば都」ってことなのでしょう。
外から見れば都内ほど商業施設はないし、かといって田舎のような豊かな自然があるわけでもない、ある意味中途半端。

ちょっと前にこんなドラマがオンエアされました。



「この街には、何もないけど、ぜんぶある」

確かに。

ドラマでも、唯一「ある」ものは、「レイクタウン」でした。

レイクタウンは都内の商業施設と遜色ないし、山や海はないけど、越谷にはそこそこ「自然」もあります。
 → だから「ぜんぶある」?

そう考えると、「草加松原」はちょっとだけ「観光施設」っぽいのかもしれません。

「地域発ドラマ」とか、地方を題材にした映画・ドラマが割と好きです。

かつての映画・ドラマの舞台といえば、大都会東京が多かったのですが、今はそうでもないかな。
かつては地方の若者が都会に憧れるという背景があったのですが、今の日本の場合、人が住んでいるのは東京他の「大都市」及びその近郊がほとんどで、みんなそれほどの「憧れ」感はなくなってきました。

むしろ人々は、日々暮らす自分の「地元」に愛着を持ち始めたのでは。

「○○フィルムコミッション」 という、地方自治体が主体となって、映画やテレビのロケ地誘致をするところが増えています。
過疎化や産業衰退による斜陽化に対する地域活性が始める動機のところもありますが、愛する「地元」を広く世間に知ってもらいたいという「地元愛」のところも多いです。

Ani的には、近所の散歩道が映画やドラマに登場するのは、とても嬉しいことです。

「好き」で住んでるところですから、やはり「いいところ」として、世間には思われたいから。



ここ「草加松原」も、何年か前にドラマのロケ地になったとの事。なんのドラマかまでは知らないのですが。



この川も、子供の頃に比べれば、格段に綺麗になりました。

2018/04/08 15:57 散歩・旅行 TB(0) CM(0)


日本人ならみんな大好き、桜の花見シーズン到来!

上野や千鳥が淵などの有名どころに行かなくても、今は皆さんのご近所に十分楽しめる花見スポットがありますね。
「自分だけのお気に入りスポット」も、皆さんそれぞれお持ちのようです。

で、Aniの場合は、ここ「綾瀬川の桜」!

川向こうに見える紅白の塔は「日本エレベーター製造」の工場です。あの塔は試験用。
ま、越谷・草加出身の方なら、だいたいどのへんかわかりますよね。
ちょうどその工場の対岸の草加市側約1Kmに、桜が植わっています。





東京は昨日(3/17)「開花宣言」が出ましたね。

なにをもって「開花」なのかというと、靖国神社にある「標本木」が5、6輪咲いたら「開花」、で、8割以上咲いたら「満開」だそうです。
このままいけば、おそらく東京の満開は来週末の24日あたりでしょうか。

ここ綾瀬川の桜、昨日の段階で、だいぶつぼみは色づいていましたが、花は一輪も咲いていません。
Aniの予想では東京に比べて1週間弱遅れるのでは、したがって見頃の「満開」は、再来週の3/31ころかな。



今年もいつものここにシートをひいて、「宴」じゃ、「宴」じゃ!



目印はこの街頭。



ちょうど「氷川神社」の裏手にあたります。
なぜここがいいかというと、駅(新田駅、蒲生駅どちらかでも)から歩いてもそう遠くないし、花見シーズンには神社の脇に仮説トイレが設置されるから。

ちなみに神社の表側は



こんな感じ。立派な神社です。



花が咲いたら、「いい絵」のアングル。

でもやっぱり「川沿い」は風が抜けるので、結構「寒い」です。
「宴」も3時間が限界かな。

そのあとの「2次会」の方が、いつもだいたい長い(5時間近く?)です。 v(^-^)
2018/03/18 08:57 散歩・旅行 TB(0) CM(0)


誕生日が同じということで、勝手に天神様を自分の「守護神」にして以来、亀戸天神には少なくとも年に1回はお参りしています。
ここは江戸時代から「梅」と「藤」の名所で、それぞれ2月に「梅まつり」、5月に「藤まつり」が開催されます。
ただ、さすがの都心の名所ということで、日中の人出はかなりのもの、前にGWに藤まつりに行ったとき、あまりの人出に懲りたので、最近は早朝に行くことにしています。

ここ「亀戸天神」については、当ブログで去年、「梅」と「藤」で2度詳しく紹介していますので、ご興味のある方は参照を。

http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-293.html



今年の梅の咲具合は5部というところでしょうか、ま、だいたい去年とおんなじです。
変わらないことはいいことなのでしょうが、写真で撮ると違いがわかりません。なので、梅の写真は省略、ご覧になりたい方は先程紹介した、去年のブログ写真でお楽しみください v(>_<)



社殿の正面に飾ってありました。去年はあったかな?



「和魂洋才」はよく聞く言葉ですが、社殿横に立つ国旗掲揚ポールには「和魂漢才」とあります。???

調べてみたら「逆」でした。もともとあった言葉が「漢才」で、「洋才」は明治時代にその言葉をもじったそうです。
「和魂漢才」、要は心は「大和魂」で、知識や技術は漢=中国の最新のものを取り入れるという考え方で、室町時代に書かれた「菅家遺戒」という天神様=菅原道真公が残した「遺戒(公家が守るべき戒め)」で唱えられていたそうな。
それでここ亀戸天神にあるのか。ただこの「遺戒」、実は道真公が残したものではないとのこと。



東京オリンピックの記念なんだね。



「スカイツリー」も、なんだか見慣れてしまいましたね。

ということで、今回はもうひとつの亀戸の名所である「香取神社」を紹介します。

実はこっちのほうが亀戸天神様より歴史的には古く、創建は7世紀後半、あの「大化の改新」の藤原鎌足の発起と言われています。
10世紀に起きた「平将門の乱」を平定した藤原秀衡が戦の戦勝祈願を当神社で行い、見事に勝ちを収めたことから「武術の神」として崇められ、現在は「スポーツの神」として度々マスコミにも取り上げられています。

また、その藤原秀衡の戦勝を記念して、毎年5月に「勝矢祭」が開催されます。古式に法った「武者行列」が行われ、一度見ましたがなかなか見ごたえがありました。





香取神社は亀戸天神のすぐそばにあります。距離にして100mくらいかな。
天神様の「参道」はちょっとしかありませんが、神社の方は結構長くて、ちょっとした商店街になっています。





「坂本商店」 果物屋さん。ジャニーズ V6 の 坂本昌行君の実家です。



知る人ぞ知る「サンケイスーパー」。
実は皆さんこのスーパーのことは映像で何度も見てるはずです。
フジテレビがスーパーでの価格等を取材するときは、ほぼここを使います。
2度くらい行ったかな、雑然とした「下町のスーパー」です。確かに安い、あと、珍しいものが置いてあったりします。
Aniは韓国料理店で使われている柄の長いまん丸のスプーンを買いました。









社殿横に飾ってあった色紙。流石にスポーツ選手が多いです。





これも知る人ぞ知る「亀戸大根」
江戸時代に亀戸で盛んに培されていた大根ですが、明治以降の宅地化の影響で廃れ「幻の大根」と言われています。
近年、地元の料亭「升屋」が復活させて鍋物や漬物で食せるそうです。
Aniはまだ食していません。



ここ香取神社は「亀戸七福神」にも入っていて、「恵比寿様」と「大国様」が祀られています。
Aniが初めて行った七福神めぐりはここです。2007年でしたが、その時にこの像はあったかな。記憶にはありません。



これはなかった「勝石」 2016年9月設置。



当神社の発起者である藤原の鎌足が、発起に際して「太刀」ひと振りを納めた故事から、石の真ん中には太刀がデザインされています。



いろいろなオブジェ(?)があったりして、なんか凄く「頑張ってる」感いっぱいの「香取神社」。
ひょっとしたら、あとから出来た「亀戸天神」に対するライバル心からなのでしょうか。
あっちは「学問の神様」、知名度的には「全国区」、「梅」「藤」に加えて、受験シーズンは合格祈願で賑わいます。
地元の人の愛着度も香取神社の方が強いって、どこかで聞いた気がします。

それ以外にも、「亀戸」って街は楽しいところです。「亀戸餃子」「亀戸ホルモン」ほか、グルメタウンでもあります。
スカイツリーに絡めて、下町散策にもってこいです。
錦糸町も近いしね。



2018/03/04 09:18 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。