FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先週、ついに(?)還暦(KANREKI)になりました(>_<)

なんとも不思議な感慨、気がついたら60歳になってました、でも60年という歳月を考えると、ずいぶん長いこと「人間」やってるんだなあと。
ともかく、ここまでなんとか「無事」に生きてこられたことには感謝、感謝です!

ビートルズの歌に「When I'm sixty‐four(64歳になったら)」というのがあります。

「64歳になっても、君は僕を愛してくれるかい?」というラブソング、1967年発表ですから、この歌を作ったポール・マッカートニーは当時25歳。

どこまで64歳になった自分を想像してこの曲を書いたかといえば、多分髪は薄くなっているだろうな程度しかなくて(当のポールは78歳の現在、髪の毛ふさふさです)、要は僕らの愛は永遠だよね、ということを確かめたい曲の内容となっています。

そうだよね、25歳当時のAniは、60歳の自分なんて全然想像できませんでした。
せいぜいがステレオタイプのイメージ、ポールと同じく、髪が薄くなって、シワが増えて、程度でした。

当時よりもう少し遡って子供時代のイメージで言えば、サザエさんの「波平さん」かな。
盆栽や囲碁が趣味で、言うこともなんだか年寄りくさいから、「爺さん」ではないが、りっぱな「老人」のイメージでした。

でも波平さんって、歳の取らないサザエさんの世界では、なんと54歳、今の感覚で言えば全然若い!
まあ時代設定が1950年代、いまから70年も昔です。当時の男子の平均寿命が65歳、戦後まもなくの食料事情等を考えると、やはり今より肉体的な「老化」は早かったのでしょうね。

それにしても当時は定年が55歳だったので、定年後10年で人生が終わってしまう計算になります。いやあ、それはあまりに短すぎるぞ(T T)

現在 オフィシャルには定年は60歳ですが、65歳まで雇用延長が普通なので、実感としてはリタイア感は少ないのでしょうね、10年前にサラリーマンを辞めてしまったAniには味わえない感覚です。(サラリーマンを辞めてしまった後悔はありませんが、定年は味わってみたかったと、たまに思います)

人の人生は「乳」から始まり、「幼」「少」「青」「中」「老」と移り変わっていきます。
それぞれ、何歳からが、また何歳までがその「年」なのかは、はっきり決まっていません。

ほとんど「見た目」のイメージでしょう、若く見えるか、老けて見えるかで、どっちかよりに分類されるようです。

ただ、昔に比べれば若くなったとはいえ、60歳は一律「老」でも仕方がないかなと、なってみて感じています。

明らかに「老化」はしてますもん、りっぱな「老眼」だし、最近は「膝」もたまに痛みます。

でも世に活躍している諸先輩を見ていると、「心」は「老化」していないんだよね。

音楽業界になりますが、60歳オーバーはみんなバリバリ現役ですもん、日本なら桑田佳祐氏、ユーミン氏etc、海外なら前述のポール氏、去年見たKISSも凄かったなあ。

しかし還暦イヤーにオリンピックで、今年はお祭り騒ぎの1年になるはずだったのに、まったくもって新型コロナのせいで全ての計画が見通し立たずです。

恒例の「還暦ロック」フェスも開催が微妙です、他にも、還暦に引っ掛けて盛大に同窓会でもやろうかと思っていたのに 
(T T)(T T)(T T)!

60年も人間やっていると、こういう年もあるってことなのでしょう、でも腐っていても仕方ないので、世の諸先輩を見習い、「心」はいつまでも「若く」、なんとかやれる可能性を探っていきたいと思います v(^-^)



2020/06/28 16:44 その他 TB(0) CM(0)
今のご時世にふさわしいブログネタは、やはり新型コロナや検察庁法改正問題なのでしょうが、それをネタに書く気になれません。

先の見えない不安の中で、世の中ずいぶんとギスギスしています。

外出自粛の影響で経済的に苦境に立たされている方々は、そんな状況下で3密・賭けマージャンに興じていた黒川氏に対しては、怒り心頭でしょう。Aniも呆れて空いた口がふさがりません。

「自粛警察」の振る舞いも、ネットでの誹謗中傷と根っこは同じ。結局本人自身の不満のはけ口なんだよね。

そんなことをネタにして書くと、なんだか怒りばかりが湧いてきて、やってることがそれらの人達と同じになってしまうので、全く宜しくない。

かと言って、うちでするレジャー以外に何もしていないので、他にネタがありません。
しばらくブログ休もうかと思っていたところで、思いもかけず忘れていたプレゼントが届きました。



オーブントースター。正式名称は「ノンフライオーブン」
シロカ株式会社という家電メーカーの製品です。

1ヶ月くらい前かな、クレジットカードのポイントがいい加減溜まっているのに気づき、期限が切れる前に使ってしまおうと、景品リストの中からこれを選びました。



焼き網 と トレー 、それとトレーを引き出すための 取っ手 が入ってました。



焼き網にトレーがセットできます。これは食材からでる水分等の受け皿になり、オーブン内が汚れないようにするためのようです。



一番上が温度設定、真ん中がヒータの切り替え(上、下、両方、コンべクション調理=上下ヒーターとファンが稼働して熱風調理ができる)スイッチ、一番下がタイマー。



トレーの設置は上、中、下の3段階。食パンをトーストするなら、中でしょう。



中と下にセットすると、トレーが少しだけ前に飛び出して、食材が取り出し易くなります。



取っ手 は、こうやって使うようです。

さて、これで何が作れるのか、付属のレシピブックには、こんなメニューが。



「ビフカツ」 に 「串カツ・野菜カツ」 、いいですね、こんなのできたら。

ノンフライ=油を使わない調理、Aniは揚げ物に対する罪悪感はありませんが、ノンフライが美味しいなら、それに越したことはありません。



「ふわふわ さんが焼き」
漁師料理ですね、鯵とごぼうと人参のさつま揚げ、といったところか。
うまそー。



「ふわふわ洋風茶わん蒸し」

ベーコン、ほうれん草、マッシュルームにミニトマト、生クリーム仕立て。これは試してみたいね。



これまでトースターがなかったわけではありません。10年以上前に1500円くらいで買ったオーブントースター、これでも十分だったのですが、グラタンが作りたくて買った耐熱皿が入らなかったので、それが入るサイズのものが欲しかったので。
あとこのサイズなら、ちっちゃめなピザも焼けそうです。

まずは グラタン 作ってみようか。

m(_ _)m
2020/05/24 09:51 その他 TB(0) CM(0)
前にも書きましたが、何も予定のない休日は朝一でジョキングして、あとはおうちで録画の消化に勤しんでいましたので、うちにいること自体はそんなに苦になりません。

しかし、仕事以外で人に会うことはもう2週間以上ないです。

友人・知人ほか、みんなどうしているのかなあ。
SMSで発信している人は、とりあえず生存確認ができますが、それ以外の人たちはどうなんだろう。

また、世の中の動きはテレビ・ネット他で情報が入りますが、仕事がらみで街中を走り回っているAni的には、報道と街中の実態のギャップを感じることが多くて、イマイチ報道を信用できません。

やはり、「生」の情報が欲しいんだよね、友人・知人が日頃の生活を通して、何を見て何を感じているのか。

とはいえ、直接会うことはままならないので、最近流行りのネットでのコミニュケーション、ラインでリモート宴会をやってみました。

まずは、昔からの付き合いの バンドメンバーでトライ!

ズームとか、ツールはいろいろありますが、とりあえず一番簡単なラインでやってみました。

方法は簡単です。(以下、スマホ バージョンで解説します)

ラインで、宴会用のグループを立ち上げ(既にあるグループでも可)、右上の 電話 を選びます。



次に、ビデオ通話 を 選びます。



選ぶと、自分の姿が大写しになりますので、左下の クリアボタン を選ぶと



画像が上に移動して、他の参加者の画像が表示されます。



画像の加工もできます。こんな感じ。スッピンを避けたい場合は、使えるかも。



やってみた、感想。

①やっぱり友人の動向を映像で直接確認できると、なんとなく安心しますね。これは、きっと平時にしょっちゅう会えている時には、起こらない感情でしょうね。

②案外、普通に会話できます。ただ、多少レスポンスが遅れるので、会話が被らないようにする注意は必要。

③居るのは自宅ですから、いろいろと気が楽です。帰りの電車、お店の精算etc。ただし難点は、飲みすぎてしまうことと、なかなか終われないこと。なので、飲み過ぎたり、眠くなったら、退席OKのルールにするのがいいでしょう。

④そして一番の難点は、ラインはネット環境によっては、けっこう通信が切れること。昨日もなぜかAniの自宅は度々フリーズしてました。
 
ズームのほうが通信が安定しているとも聞きますので、そっちも試してみるかな。\(^o^)/
2020/04/26 18:59 その他 TB(0) CM(0)
なんだか世の中、新型コロナウィルスの話題一色になってますね。

連日10名以上の感染者が日本全国で発生し、小中高学校は一斉休校、コンサートやイベントが相次いで中止となれば、メディアも取り上げざるを得ないので無理からぬ事でしょう。

しかし厄介なのは、非常に強い感染力なのに、高齢者と持病のある人以外は、あまり重症化しないことです。人によっては感染しても全く症状があらわれない、こうなると、仕事柄短時間ながら不特定多数の人と接触する身としては、ひょっとして既に感染しているのではないかと思ったりもします。

いつ収束するか先が見えないだけに、はっきり言って世の中、かなり混乱してますね。先週は誤ったデマのおかげで、毎日通常では考えられない量のトイレットペーパーとペーパータオルとティッシュをAniは配送してました。

最近街中で目に付くこと、やたらと公園に子供とその保護者がいること。
逆に繁華街や観光地はどうなのでしょう。帰りで通る秋葉原は多少人出が減ったような気がします。

新橋あたりは出社停止の会社が増えて、ガラガラだと聞きます。
Aniが配送するIT系の会社も、毎日大量に納品するところだったのですが、先週からピタリと止んでしまいました。

電車は日頃乗らないので、空いているかどうかはわかりませんが、都内の交通量はあまり変わらない気がします。人との接触がないという点で考えれば、車での通勤は良さそうなものですが、駐車する場所がないから無理ですしね。

で、対応が取れる大手企業では、テレワークや在宅勤務を実施しているようですが、ちょっと気になるのは情報セキュリティの問題。
Aniがサラリーマンだった10年前の話で恐縮なのですが、いっときモバイル化が進んで、どこでも仕事ができるように会社のパソコンの持ち出しが進んだのですが、盗難やネット環境での情報漏えいの問題が指摘されて、パソコンの持ち出しが厳しくなったことがありました。

いまはそのあたりのセキュリティ問題は解決しているのでしょうか。だとしたら、災い転じてではないですが、コロナ問題を契機としてテレワークが盛んになれば、それはそれでいいことだとAniは思います。

会社に社員が集まらなければ出来ない仕事って、今どれほどあるでしょうか。事務系の仕事はネット環境さえあれば、殆ど自宅で可能です。ミーティングも然り、何しろネットで飲み会やる時代ですから。

そうなれば、込んだ電車に乗る必要はないし、通勤時間がなくなるので生活が豊かになりそうです。
確かにそれによって鉄道会社やオフィス街の飲食店等の需要はなくなりますが、世の中の進歩につれてなくなってしまう需要は仕方のないこと(例えば固定電話、新聞もそのうちなくなる?)です。でも世の中全体としては効率化になるので、いいことだと思います。

本来ならこの時期に話題になるはずだった「花粉症」

新型コロナのせいで花粉症がなくなったわけではないので、花粉症の方は今年もしっかり苦しんでいます。Aniもそのひとり。

今年は暖冬のせいで、例年より1ヶ月くらい早く始まった花粉症。Aniも2月の初めに最初の症状があらわれました。

鼻水、クシャミ、目のかゆみ、Aniは4、5年前に発症し、それ以前もなんとなく似た症状は感じていたので、物理的な対処(マスクとワセリン。ワセリンを鼻や目の周りに塗って、花粉の吸着を図ります)で多少我慢すればこれまでなんとか乗り切れていたのですが、今年はいきなりかなりつらい症状が出ました。

物理的対処はもう限界です。となると残された方法は「薬」。でも去年まで、あえて「薬」は避けていました。

花粉症の薬って、かなり「強い」イメージがあって、どうも体に悪そうです。
それに「効かない」という話もあり、加えてけっこう「お高い」。
しかし今年の症状が続くようなら、そうも言ってられません。

何が自分に合うのか、TVCMでよく観るメジャーな奴?

とりあえず、いちばん無難そうなドラックストアチェーンのPBブランドの、アレルギー性鼻炎対応カプセルにしました。

これがですね、びっくりするほどよく効きました。

鼻水とクシャミは服用後、1時間後からピタリと止まりました。目は多少かゆみを感じますが、辛いというほどではありません。
いわゆる「抗ヒスタミン」の成分が効いているようです。

人体におけるアレルギー反応って、体に侵入した「異物」を体内から排出させるための行為なので、ある意味「正常な」生体反応です。
それを抗ヒスタミン薬は、体に侵入した「異物」に対する反応を麻痺させる効能なので、そう考えると「体」に悪そうです。

しかし花粉症の症状が出ない快適さを知ってしまうと、もう薬はやめられません。

なので最低限の用量で、しばらく様子をみようと思います。


2020/03/07 12:07 その他 TB(0) CM(0)
新型コロナウイルスの拡大が止まりません。

2週間前はクルーズ船「ダイアモンド・プリンセス」号と東京都に感染者が出た程度だったのに、23日現在で日本国内で確認された感染者は16都府県で838人になりました。

内訳を見ると、クルーズ船の感染者が691人、チャーター機の帰国者が14人、残りの133人が国内感染者及び中国からの旅行者となります。

国内及び旅行者133人を都道府県で見ると、10名以上の感染者が出たのは、北海道、千葉、東京、神奈川、愛知、和歌山の6県。
この6県で 111人。残り22人は、熊本、沖縄が各3人、石川、京都、福岡が各2人、栃木、埼玉、三重、奈良、大阪で各1人、
残りがクルーズ船の検査で感染した厚労省他の職員5名。

栃木、埼玉についてはクルーズ船とチャーター機で帰国時には陰性だったのに、あとから感染が確認された例、ほかも感染ルートがわかっている例もあり、どこで感染したかわからない例はそんなに多くはないかと。

かなり感染力が強いことは否定できませんが、ちょっとマスコミ騒ぎ過ぎ?
高齢者や持病のある方以外は感染しても重症化しないようなので、いたずらに不安を煽るような報道は如何なものかと思うところです。

景気への影響も心配です。明らかに観光業界は打撃を受けていますし、イベント等の自粛により関係する諸業界はかなり痛手だと聞きます。
本当に、オリンピックまでに沈静化しないと、日本は相当ヤバイことになりそうです。

さて、そんなことで街中マスクだらけ。花粉症シーズンと重なっているので、なおのことそうです。
これではマスクも足りなくなるわけです。Aniも一昨日マスクを求めて売っていそうなところを回りましたが、どこにもなし。
なので残り少ない在庫をセーブするためにも、せめて室内ではノーマスクでいたい。

なのでこのあと、去年から始めたAniの室内での花粉症対策をば少しだけ。

ポイントは、「如何に室内に花粉を持ち込まないか」

まあ、当たり前の原則です。室内に入るときは玄関先で花粉を払ってから入室するのは言うまでもありません。
ただ、いくら入室前に払っても、既に室内に入り込んだ花粉があったのでは意味がありません。
なので室内で花粉症の症状が出始めたら、徹底的に室内の花粉を除去すること、これが大事です。

まず、床以外の家具など埃のたまりやすいところを掃除機やハタキ等で掃除します。
次に床を掃除機で掃除。
この時はマスク、メガネ等で完全防備してください。でないとクシャミ・鼻水で掃除にならなくなります。

次に。できれば外出します。20分以上であればいいかな。
そうです、これは掃除機使用で舞い上がった、室内の花粉が床に落ちるのを待つためです。
もし室内にいるなら、花粉が舞い上がらないように一箇所でじっとしている必要がありますが、これはなかなか難しい。
なので、Aniは近所のスーパーに買い出しに行くことにしています。

で、外出から戻ったら、花粉をよく払って入室し、まず床を水拭きします。
フローリング、畳、絨毯に関わらず、全部水拭きです。でないと花粉が取れないので。
できるだけ、花粉が舞い上がらないように拭きましょう、できれば玄関に「水拭きセット」を用意して、そこからはじめるのがいいでしょう。

次に壁、カーテンを水拭きします。壁紙も然り。目的は花粉の除去なので、強くこする必要はありません。軽く拭き取る程度。
で次に、家具類も水拭き。さっき掃除しましたが、ここが一番花粉に反応する目・鼻に近いところなので、手を抜かずにしっかり行いましょう。

これで、花粉の除去は完璧です。ですが、この状態を維持しなければ意味がありません。

で、外出から帰ったら、徹底的に衣服の花粉を払うのは言うまでもありませんが、Aniは一番いる時間の長い居間・寝室以外で着替えをします。また帰ったら、部屋着に着替える前に入浴、平日なら仕事から帰ってすぐ、休日はなるべくです。

ここまでやると、とりあえずAniの場合、室内ではマスクなしでクシャミ・鼻水は起こりません。

まあ、一人暮らしだから効果が出やすいこともあるでしょう。家族が多いとここまで徹底するのは大変でしょうね。

以上、これはAniがオリジナルで考えたわけではなく、確か「ためしてガッテン!」(by NHK)で放送していたのを、Ani流にアレンジしました、あしからず v(^-^)

2020/02/24 12:52 その他 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。