歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
久々に映画を観てきました。



いつもなら一番近場の越谷レイクタウンにあるイオンシネマに行くのですが、夜の上映時間だったので、今回は初めて浦和美園イオンモールにあるイオンシネマに行ってきました。

美園へは自宅から車で30分、規模的にはレイクタウンの半分程度。なかのレイアウトも店舗もほぼ変わらない感じ。レイクタウンまでなら15分なので、美園も遠くはありませんがレイクタウンで済む用事なら、やっぱりレイクタウンに行くことになりそうです。

せっかく行ったのだから、フードコートで昼食。


京都北白川 ラーメン魁力屋(かいりきや)

特製醤油味玉ラーメン+焼きめし(小) 980円(税抜き)

背脂が浮いているのでしつこいかと思いきや、案外あっさり味。麺も予想に反し細麺でした。
京都らしいというか、見た目よりも「上品」なお味。焼きめしは程よくパラパラで、いい感じ。
個性を競い合う「ラーメン店」というより、「街中華」に近いかな。そう考えると、コスパ的には?

さて、映画の話です。

本作品は1982年に公開された「ブレードランナー」の続編にあたります。

この映画は、当時の言い方で言えば 「SF(サイエンス・フィクション)映画」
原作は1968年に発表されたアメリカのSF作家 フィリップ・K・ディップの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
設定は2019年のロサンゼルス。労働力として「製造」された「人造人間(映画では「レプリカント」)が感情を持ち、人間に対して反乱を起こしたので、彼らを「抹殺」するために働くロス市警の捜査官(ブレードランナー)の葛藤を描いています。

監督は1979年に「エイリアン」でブレイクした リドリー・スコット。
ディックの原作はあまりにも難解で、当時 映像化は不可能と言われていましたが、核戦争により荒廃した退廃的な近未来ビジュアルは、公開当時は評価されませんでしたが、のちに再評価され、その後のSF映画に大きな影響を及ぼしました。



こんな感じの暗めでずーっと酸性雨が降っている場面が続く映画です。随所に日本語の看板やアナウンスが登場しますが、これは日本を訪れた時に監督が行った歌舞伎町のイメージだそうです。

Aniは当時映画館で観たのかTV放映で観たのか記憶が定かではありませんが、いたく感動したのを覚えています。

主演はハリソン・フォード。
「スターウォーズ」でブレイクしましたが、Aniはこの作品の胡散臭い彼の方が好きですね。
当時、その「スターウォーズ」や「E・T」他のルーカス、スピルバーグ コンビによる作品がヒットしていましたが、メインカルチャーよりもサブカルチャー好きだったAniは、カルト的な個性の「ブレードランナー」に惹かれていたのでしょう。

では、肝心の今回の「ブレードランナー 2049」 Aniの評価は?

★★☆☆☆ (5点満点中 2点)

「万人」受けする要素はないです。
プロモーションも、「35年ぶりの続編」を売りにしてしまったので、前作を観て気に入った人達以外は、なかなか興味がわかないでしょうね。それでも前作はあとになってからかなり評価が高まった作品なので、DVD他で観ている人は多いはずなので、そこそこ動員は伸びるかなと思いきや、昨日の館内はガラガラでした。

前作のエンディングが続編可能な作りだったので、話はちゃんとつながっていますが、前作を観てない人でも観れる作りにはなっています。
つくり的にはかなり「観やすく」、前作の持つ「退廃感」はあまり感じられないので、初めて観る人にはいいでしょうが、前作を知る人には物足りないかも。

なんか、「普通」なんですよね。

前作のような、好き嫌いがはっきり分かれるような仕掛けがない。
まあ、そもそも最近そういう映画は少ないですけどね。

このブログでもよく書きますが、CG発達のせいでビジュアル的な驚き・新鮮さはなくなっています。
最近はCGじゃなくて「実写」(何千人集めたとか)を売りにする映画が出ていますが、正直見た目の違いってそんなにない気がします。だからせっかく金をかけたのだから、事前に必死に宣伝するのでしょうけど。

公開当時は不評で、後に評価が高まった前作。
続編の方も、米国では興行的に振るわなかったと伝え聞きます。

果たして続編、のちに評価が高まることがあるのか。

Ani的には、ないね。











2017/11/19 10:05 映画・テレビ TB(0) CM(0)
みなさん、朝ドラ、観てますか???

10月から始まっている新シリーズ 「わろてんか」



今シリーズは歴史もの。吉本興業の創業者 吉本せい が主人公のモデルです。

最近の朝ドラ・歴史ものは、近現代のそれほどメジャーではない女性をモデルにして成功しています。
「花子とアン」は「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子、「あさが来た」が大同生命の創業者・広岡浅子、「とと姉ちゃん」が「暮らしの手帖」の創刊者・大橋鎮子、「べっぴん」は子供服メーカー「ファミリア」の創業者・坂野惇子 と、こうして並べてみると、NHK、ずいぶんこだわったな。でも、「知らざれる偉人」を知ることができて、Ani的には興味深く観ていました。

ただ、今回の 吉本せい は、これまでの主人公に比べるとかなりメジャーです。
そもそも この人をモデルとした山崎豊子の「花のれん」という小説が1958年に発表されていて、この作品は直木賞を取ってます。
その後、この作品は何度もドラマ・映画・舞台化されています。なかなか手ごわい素材です。

主人公「てん」を演じる 葵わかな 、どっかで見たことあるなと思っていたら、CMに出てたんですね。



このアート引越センターのCMは2015年から始まっていろので、2年間も続いていることになります。
他にも マイネオ とかいろいろ出ていて、そこそこ顔は知られているようですね。
ただ、そんなに印象が残るタイプではないので、朝ドラの主人公に選ばれたのは、Ani的には少々意外でした。 

さて、肝心の中味の方ですが、最初はかなり戸惑いました。

遠藤憲一ほかの脇役陣も充実していて演技的には問題ないのですが、脚本が良くない。
エピソードのつながりが悪く、場面に感情移入する前に話がどんどん進んでしまうので、第4週くらいまでは「なんじゃ、これ?」といった感じでした。

朝ドラの歴史モノの場合、第一週は主人公を子役が演じるのはお約束なので、それは良しとするにしても、主人公夫婦が初めて芝居小屋を持つまでの展開がかなり荒っぽく急いで作られた印象です。

ただ、先週あたりから話が落ち着いてきたというか、やはり「吉本せい」の話ですから、寄席や芸人たちが出てこないとそれらしくなりません。ひょっとしたら、これからの展開を際立たせるために、最初のエピソードはかなり端折ったのかもしれません。

確かに先人の作った過去の作品があるので、脚本家としては意識せざるを得ないでしょうね、はっきり言って「やりづらい」
でも今の視聴者は30年以上前の前作を覚えているいる人なんかほとんどいないので、パクリはまずいけど、話が被るくらいなら意識せずにやったらいいと思います。

これから昭和の時代を賑わした大物芸人たちがどんどん登場するはず、楽しみです。
だから、あえて誰が誰を演じるのかは調べないことにしました。意外性を楽しみたいので。

今シーズンは、「やすらぎの郷」の後番組「トットちゃん」が、秀逸です。なかなか楽しめます。

こちらは「昼ドラ」ですが、同じ毎日放映される帯番組で放送時間もほぼ同じ。
「トットちゃん」が面白いので、余計に「わろてんか」のアラ(?)が目立ってしまった感があります。

両番組とも、ご興味あれば 是非に!

2017/11/12 11:23 映画・テレビ TB(0) CM(0)
先週末は恒例の「大人キャンプ」

台風接近中だったのでギリギリまで様子見でしたが、直撃はなさそうなので雨を承知で決行しました。


案の定、ガラガラ _(>_<)_


写っているのは我々の車。
しかし我々だけかと思いきや、夕方になって我々の向かいにひと組来ました。

ただでさえ秋キャンプは冷え込みがきつくなってキツいのですが、更に「雨」
「何しに行くんだか?」とも思いましたが、ちょっと考えました。

そもそも「アウトドア・レジャー」は、いかなる天候でもいかに快適に過ごせるかを追求したものではないかと。
陽気がよくて天気が良ければ、そもそも屋外でもテントや寝袋はいりません。
なのでアウトドアの道具は、むしろ悪天候に対していかに対応するかを目的に開発されたはず。
そもそもアウトドア・レジャーは、いかなる天候でも楽しむことに意義があるのではないかと。
ということは、「雨のキャンプ」はそれなりに、楽しみ方があるのではないかと。

結果、夕方までは雨に降られず、テントやターフの設営は普通に出来たおかげで、夜は雨でしたが、ターフの下、無事に宴会できました v(^-^)


炭火で焼いた さんま はうまいね!


翌朝は弱い雨。


フル装備で撤収作業、お疲れ様でした!

雨でもそこそこ快適に過ごせるテントやターフの有り難みがよくわかりました。
これはこれで、「アウトドア」を楽しめたかな。

で、3連休の今週末、昨日は20数年ぶりに「ボーリング」しました(写真はなし)

いろいろ「進化」してるのね、勝手にスコアつけてくれるし、ルーレットが回ったり、パチンコ屋か?

昔から 下手っぴ でしたが、そこは変わらず。
でも たまにはいいかな。

で、本日は紅葉具合を確かめに、久々に「そうか公園」へ。


綺麗に咲いてますね!


何の花だかは、解らず。


なんか 形が変?


ああ、草加市のシンボルマークをかたどっているのか。



取り立てて変わったところはないのですが、この公園の小径はなぜか心惹かれます。
のんびり歩くといいんだよね。


穏やかな日差しのなか、広場は子供たちが走り回っています。


落ち葉が綺麗です。


このあたりの小径もいいな。


紅葉具合は、「半分」というところです。


赤い実をつけた、この木は?


ん、下に銘板が。



なんと「紫式部(ムラサキシキブ)」 (:>_<:)

近所にある 週末の「公園」

次は広場の芝生で、寝っ転がってみましょうか v(^-^)

2017/11/05 16:33 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
相倉の合掌造り集落の茶店で簡単に昼食を済ませ、バスで新幹線が止まる新高岡駅まで戻ります。



山間部を下ると田園風景が広がります、後で知ったのですが、富山は「米どころ」なんですね。



豊富な雪解け水があって、米作りには適した土地です。
でもあんまり関東ではみない? 主に関西方面で人気なのでしょうか?

新高岡駅到着、いかにも新しく出来た新幹線の駅の佇まい、だから写真はパス。
まずは駅内の観光案内所へ。

事前リサーチにより高岡では2箇所行ってみたいところがあります。
ひとつは「高岡大仏」、もう一つは「国宝 瑞龍寺」

「高岡大仏」のことはなんとなく知っていました。
案内所にあったパンフによれば、日本3大仏とのこと。
鎌倉、奈良、ここ ってことですか。関東人としては、「牛久大仏」でもよくない?

もう一つが「国宝 瑞宝寺」 
一般的にはメジャーとは言い難いですが、富山県で唯一の「国宝」だそうな。
で、この寺の存在をなんで知ったかというと、BS・TBSでやってるこの番組で。

五木寛之の「百寺巡礼」
http://www.bs-asahi.co.jp/itsuki_100ji/

「日本百名山」にあやかっているのでしょう、作家の五木寛之氏が2年間で百の名刹を訪ねる番組です。
(ただし再放送です。映像は19年以上前のもの。ただ合間に現在の情報が挟み込まれています)
歳をとると、「花と神社仏閣」がやたらと好きになります。だから情報収集にはもってこいの番組なのですよ。

で、大仏と瑞龍寺、両方行こうかと思っていたのですが、今日中に帰るためには2つ行くのはちと厳しい。
なので近いほうの瑞龍寺に行くことにしました。



新高岡駅からバスで2つ目、降り立つと長い参道。



富山も加賀藩でした、だから「前田利家」と思いきや、「前田利長」
加賀百万石初代藩主 前田利家の嫡男、この人が「百万石」の基礎を築いた人だそうな。

利家から家督を継ぐ前は富山が所領地で、隠居後もこの地に暮らしたため、当地では大変尊敬されています。
そしてここ「瑞龍寺」は、彼の菩提寺です。

墓所はお寺の中ではなく、この銅像から1Km離れた、寺とは反対側に位置します。
なんでも大名のお墓では日本一大きいのだそうです。
まあ、行かなくてもいいかな。









山門に到着。
途中、観光バスが停れる駐車場もあったりして、どうも観光ルートに組み込まれているみたい。
団体さんがぞろぞろと前を歩いています。







山門をくぐると、鮮やかな芝の緑とお堂の対比が綺麗です。

お寺で「芝生」は珍しくないかな、「苔」ならよくありますが。
確かテレビの「百寺巡礼」でも観た気が、だから来てみたいと思ったのかな。



本堂に入ると、先ほどの団体さんを前に寺のご住職が解説を行っていました、何食わぬ顔で端っこで拝聴。
やはり利長公の話が中心です。どうも江戸時代初期、徳川家康は前田家を潰したかったのですが、彼がいろいろ奔走してなんとかまぬがれたそうな。
団体さん相手じゃないと、こういうサービスはしてくれないので、ラッキーでした。



回廊 長い、っていうか、この寺全体の作りがゆったりしています。



確かに、この広さなら映画の撮影に使うには、もってこいですね!



ここも広い!



これ、見たことありますね。



前の写真でも、杏さんが座禅を組んでいましたが、瑞龍寺は禅宗の寺です(曹洞宗)。



「体験座禅」もで出来るみたい、そういえば、やったことないな「座禅」。





他にも「便所の守護神」、「台所の守護神」がありました、確か。

さて、そろそろ新幹線の時間が迫っています。
新高岡駅までは、歩くことに。



知らずに歩き出したのですが、ここは「旧道」でした、いろいろ楽しめそうだぞ!



ここに住んでいる人にとってはなんでもない事なんだろうけど、飲めそうなくらいにきれいな水が流れる用水を見ると、濁った用水しか知らない人間にとってはいつも新鮮な驚きです。



いいな、ハンモック。
このあたりの家は、みんな「でかい」です。敷地も広々。
こういうところに住むと、気持ちがおおらかになるのだろうか。



駅に到着、と、なにやら気になる看板が。



利家くんはわかるけど、家持くんは?
さっきもらったパンフで確認、おお、「大伴家持」ですか!

万葉集にも登場する有名な奈良時代の歌人ですね、国守として富山に赴任したことがあって、彼の地の歌をたくさん残したそうな。



スーパーマーケットですね、地元系。これは行かねばなりません、地元スーパー、大好き!!!



氷見、能登で取れた魚が普通に並んでいます、なんて贅沢なんだ!



時間がないので隅々まで見れなかったのですが、富山といえば「昆布」、この隣にあった「昆布〆」を、お土産に買いました。



初めての 北陸新幹線。



お昼は「富山グルメ」を楽しめなかったので、最後は「ます寿司」で締めましょう!
なんと「ぶり」とのハーフ版があるではないか!
おいしくいただきました!



空いてる隣の座席を見ると、真ん中が盛り上がっています。



北海道新幹線を除いて、他は全部乗車しましたが、これは初めて。
というか新幹線、新しい路線は何かしら新しい工夫をしてます。
でも一番嬉しいのは、充電できるのでコンセントかな。



無事帰宅、お土産に買ったのがこれ!

「さす」?

昆布に包まれていて中身がなんだか全然わからなかったので、となりで買い物していた老夫婦に「これ、何ですか?」と尋ねたら、カジキマグロの昆布〆との事。
「特選1級」は、いい品物らしい、「とっても美味しいですよ!、1週間くらいは日持ちもしますし」
これは買うしかないな。



封を開けて、身から昆布をはがしましたが、昆布ごと食べてもいいみたい、美味でしたよ!

ところがこの一品、身のカジキマグロは千葉産、包む昆布は北海道産でした。
確かに富山湾にはカジキマグロいないわな。

Ani思うに、地元の食材じゃないから、かえってご当地では「貴重品」だったのかもしれません。

以上、1泊2日の短い旅でしたが、楽しかったよ!

黒部ダムにも行ってみたいし、立山も登ってみたい。
なにより「富山湾」の幸を堪能したいので、富山再訪、アリです。m(_ _)m
2017/10/22 06:07 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
昨日から急に寒くなりました。
先週は半袖で過ごせる日もあったのに、今日は厚手の上着が必要なくらい冷え込んでいます。

全く最近の天気は極端です。
まるで夏から一気に冬になるような、そういえば4、5月頃の春先も、急に暑くなったような気がします。

香港に暮らしていた頃、「食」に関してはほとんどなんでも手に入ったので不自由することはなかったのですが、無性に懐かしく感じたのは、「春の桜」と「秋の紅葉」でした。

恐らく日本人は、春・夏・秋・冬と徐々に季節が切り替わることで、日々の暮らしの調子が整えられるじゃないかと思います。
だんだん暑くなり、日増しに寒くなる、それで体も心も準備が出来て、それぞれの厳しい時期をやり過ごせるのではないかと。

常夏のグアムに暮らしたことのある人のよれば、1年中暑いところにいるとカレンダーの感覚がなくなるそうです。
今日が何月なのかわらななくなる、というか2月も8月も変わらなく暑いので、その違いを意識する意味がなくなるそうな。

そういえば香港には「真冬」がないので、なんとなく涼しくなっなと思ったら、そのうちすぐに暑くなって、どうにも「季節感」が感じられないことに違和感がありました。日本人的には、なんか調子出ないんだよね。

話は変わって「選挙」です。

野党陣営は、なぜいま「解散」なのか、「大義」がないと非難しますが、今の日本の政治制度では与党側に「解散権」があるので、「勝てる」と踏んだら解散に踏み切るのは別におかしくありません。
なのでそこを非難するのは、わかっていないというか、むしろ「解散」は野党陣営にとって勢力を拡大するチャンスでもあるわけで、そこを受けて立たないのであれば、初めから負けを認めているの等しいのではと、思うのですが。

なんだか「希望の党」も、よくわかりません。
早くから結党に尽力していた若狭さんや細野さんは、土壇場で小池さんが美味しいところを全部持っていったから、どうにも最近浮かない顔してますね。

で、当の小池さんは結局立候補せず。
まあ、これで都知事を投げ出したら、流石に理解は得られないよね。

都知事選の時も当ブログで述べましたが、小池さん、選挙は上図ですが、その行政能力について、Aniはかなり疑問です。
「目立つ」ことには積極的ですが、肝心なことは決められない印象があります。
築地移転問題、さんざん結論を引っ張った挙句、築地も豊洲もいかすという、なんとも中途半端な対応。

小池さん、「総理」になるための戦略はなかなかですが、本当に「総理」になったとき、この人ちゃんと日本の舵取りをできるんだろうか?
Aniはそこが心配です。

こんなことをつらつらと思いつつ、雨の日曜日、なんにもせずに終わりそうですが、それもまたよし v(^-^)



2017/10/15 17:17 その他 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。