FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
何気なく、テレビは毎日観ています。

自宅にいるときはほぼつけっぱなしなので、真剣に見ている時間はせいぜい2時間くらいでしょうか、あとは家事、ネット、食事etcの合間のチラ見、もしくは音だけ聞いています。

何十年もそんな感じ、放送内容もニュース、ドラマ、バラエティ、スポーツがメインでこれも何十年も変わっていないかな、ただ、最近、いやここ4,5年かな、気づいていたことがあります。

それは旅番組やバラエティーで、昼間からアルコールを飲むシーンが出だしたことです。



写真は日テレで放送中の「火曜サプライズ」(毎週火曜日 19:00~19:56)

この番組の目玉企画に「アポなしグルメ旅」というのがあります。
メインパーソナリティーのウエンツ瑛士が、ゲスト(100% 映画かドラマの番宣目的)とともに、事前にアポを取らずに直接その場で撮影交渉を行い、お店や料理の紹介を行うというもの。

番組自体は2010年からスタートしており、当初は「アポなし」ではなかったと記憶しているのですが、スタイルは現在も一緒です。で、4,5年位前からでしょうか、昼間の撮影なのですが、料理に合わせてビールを飲むシーンが登場しだしたのです。

タレントが「仕事」として「お酒」を飲む番組は、昔もありました。
ただそれはスポンサーが酒類メーカー(ほとんどサントリー)で、番組の中でその商品を紹介するのが主な目的でした。
演じるタレントも「宣伝」が目的なので、「演技」として飲んでる感じでした。

それに対して「アポなし旅」では、番組進行の自然な流れの中でアルコールが飲まれるようになったのです。
普段、我々が休日の昼間に外食するときと同じ感じです。真夏の昼間の冷えたビール、うまいですね!それと同じように、番組内でもタレントたちがうまそうに飲んでいます。

これ、10年前だったらどうでしょう?

恐らく視聴者から「昼間からアルコールを飲むなどけしからん!」とクレームが入ったのではないでしょうか。

「昼間っから、酒」は、あまりよろしくない行為と思われていました、いや、今でもそう思う人は少なくありません。
休日は朝から飲んでるAniでも、ほんの少しですが「後ろめたさ」はあります。

ただここ4,5年(もっと前かもしれない)、「休日なんだから昼間からお酒を楽しんでもいいじゃないか」という風潮が、ずいぶん広まったように感じます。

日本には「晩酌」という言葉があります。これ、英語には類似する表現がありません。それは日本語の「晩酌」には、ただ単に夜に酒を飲む という意味だけではなく、その行為を「楽しみ」としてとらえているからです。

日本と西洋で飲まれている、それぞれの「酒」の性質の違いも影響していると思います。

本来「日本酒」は、それ自体を楽しむもので、それに合うちょっとした「つまみ」の料理と楽しんでいました。
あくまで「酒」が主役で、「つまみ」はサブ、それに対してビールやワインは、「食事」とともに楽しむものであって、あくまで主役は「食事」で、アルコールはサブ。

前にドイツ人と仕事したことがありますが、彼らにとってビールやワインは「酒」ではありません。「水」がわりとは言いませんが、食事の際のビールやワインは当たり前、平日のビジネスランチでも必ず飲みます。というか、日本人が「仕事中なので」といって、それを断ると、不思議そうです。彼らには「昼間は飲まない」という概念が、まったくありません。

まあ、「日本酒」は「ご飯」に合うかといえば、微妙ですね。「おかず」は「つまみ」になりますが、「かつ丼」に日本酒はどうかな。
なので日本では、飲んだら酔うまで飲むことになるので、どうしても夜に飲まざるを得ないのでしょう、昼間だったらそのあと仕事にならない。

「真面目」だったんですな、日本人。たとえ休日でも、昼間から酔っぱらっているのは、だらしがないと。
またかつては女性がお酒を飲む機会が少なかったので、せっかくのお休みに亭主が昼間から酔っぱらっているのは許せなかったのでしょう。

ただ、今思いついたのですが、日本でも「昼酒」、まったくなかったわけではありません。
蕎麦屋は昔から、昼でも飲んでいました。食事の前の「食前酒」ですね、蕎麦を食べる前に軽く一杯。
でもあくまで「軽く」で、かつ飲む人も「カタギ」というよりは、「自由人」、落語家とか作家とか、昼に酔っぱらっていても非難されない職種の人のみでした。

時は流れ、いまは女性もガンガン飲む時代。
日本人が「真面目」じゃなくなったとは思いませんが、人生を楽しむために、必要以上に禁欲的である必要はないと思えるようになったのかな。

テレビの「アポなしグルメ旅」、これも「仕事なので飲まない」ほうが、休日の散歩を楽しんでいる風にはならないから、「飲む」ほうが自然なのでしょう、恐らくかつてのようなクレームも少なくなっているのでしょう。

それでも、「昼間の酒」はやはり「ほどほど」にですな。

せっかくの休日に酔って寝てしまい、何度も悔しい思いをしたAniでした。
2018/10/21 10:37 時事 TB(0) CM(0)
政治ネタです(^-^)

トランプ大統領に関しては、当ブログでも2度ほど取り上げています。

「 トランプが大統領になったら (2016/11/06) 」
http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

「 大統領になりたい理由 (2016/11/13) 」
http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

大統領になって2年弱経ちました。

この間、彼は何をしてきたか?

公約は? → メキシコ国境の「壁」は未だ作られていませんが、保護主義貿易政策(TTP脱退、中国への高関税政策)は実施されました。

予想しなかったのは、北朝鮮との首脳会談。これにはいろんな意味で驚かされました。

多かったのは、閣僚ほか政権内での重要人物の辞任、罷免。愛想を尽かしてやめる人、いうことを聞かないのでクビになる人。
でも、これらについては、なんとなく予想がつきました。さもありなん。

相変わらず、ゴシップもどきのスキャンダルは事欠きません。本人だけでなく、周りに関しても。

国際社会において、米国が何か貢献したかといえば、貢献よりも混乱の元凶になっています。イランに対する経済制裁再開、それに伴う原油高、これからは中国との関税問題で、何らかの影響が出ると考えられます。

で、これまでの彼を見てきたAniの感想。

この人は、目の前に現れる「敵」をともかくやっつけることが常に目的、なぜならそれを喜んで彼を「ヒーロー」として崇める「支持者」がいるから、なのでやっつけたあとのことは何も考えていない、むしろ「敵」が現れないと、自ら煽って「敵」を作っている気がします。

何もトランプ氏に「聖人君子」になってもらいたいとは、Aniも思っていません。

ただ「米国」という巨大な権力とパワーをもった存在が自国の利益を優先して自分勝手に動くと、「米国」自身にそのつもりはなくとも、多くの国や人々には甚大な影響(被害?)が及びます。

そう言った意味で、彼は「危険人物」だとAniが思うのです。「敵」をやっつけるために手段を選ばないから。

なにをするのかわからない、例えば、今度の中間選挙で惨敗したら、日本を標的に喧嘩を仕掛けてくるかもしれません。

ともかく、今の彼の関心事は「如何にして中間選挙に勝利するか」

これまで、米国の中間選挙の結果が、すぐに直接的に日本に影響することはなかったのですが、今回に関しては非常に気になるのですよ。

何しろ「何をするのかわからない」人ですから、日本が目前の「敵」になってしまう可能性も充分考えられます。



Aniの杞憂で終わればいいのですが。



2018/10/14 19:35 時事 TB(0) CM(0)
同テーマの前回で、「様子見」だった 「半分、青い。」が終了しました。



そろそろ「あまちゃん」以来の、オリジナルストーリー(モデル人物がいない、という意味)での大ヒットを期待していたAniでしたが、残念な結果に終わりました。

結局、最後まで何が「テーマ」なのか、わかりませんでした。全部が「中途半端」。

漫画家は挫折、結婚も離婚も、そこに至る「動機」が希薄、実家へ帰って「五平餅」で勝負するかと思いきや、唐突にフィギアスケートに目覚めた娘のためにあっさり投げ打って上京、で、東京での起業に失敗するも、いまさら田舎へ帰れず、五平餅の屋台で何とか凌ぐ生活(これが一番理解不能)。

主役の永野芽郁は、撮影当時 10代だったにもかかわらず、40歳の老け役までよく頑張ったと思います。
しかしその主人公に絡む相手がコロコロ変わりすぎ、佐藤健 → 豊川悦司 → 間宮正太郎(鈴愛と結婚・離婚した涼ちゃん)、で、最後はまた 佐藤健 に。 そうそう、ちょこっと斎藤工も出てました。

やっぱり「朝ドラ」って、俳優にとっては魅力あるプログラムなのでしょうか。役の重要度に関わらず、みんなホイホイ受けてる感がします。1話15分ですが、週六日が半年間続くわけですから、名前はともかく顔は多くの人に覚えてもらえそうですしね。

結局、ヒロインに絡む相手役は 我が後輩(K高)の佐藤健に戻るのですが、最近の彼、なんか「イマイチ」です。

29歳、そろそろ「アイドル」は厳しいかな。デビューが「仮面ライダー」なので、もともと幅広くいろんな役をこなしていたのですが、最近の役にはあまり「はまり」感がありません。

この上半期でそこそこ話題になったドラマといえば、TBS「義母と娘のブルース」



仕事一筋のキャリアウーマン(綾瀬はるか)が、ガンで余命わずかなさえないサラリーマン(竹野内豊)と結婚、夫の死後、血のつながらない娘との暮らしを描いたコメディーです。

浮世離れした主人公のキャラは、まさに綾瀬はるかのはまり役、目新しさがあったかといえば、コメディアンヌとしての綾瀬の魅力に、いつものとおり乗っかっただけの作品だったのですが、なんか安心して視れる、視聴率も好調でした。

で、夫が亡くなった後半のからみ役として、潰れかかったパン屋の2代目として佐藤健が登場するのですが、この役がどうもしっくりこない。



何の仕事をやっても続かない、いわゆる「チャラ男」キャラなのですが、どうも「いい加減」に見えない。

同時にオンエアされている「半分、青い。」では、理系のエリート役、これまでの延長線でいけば、エリート役のほうが似合ってます。なので余計に「チャラ男」キャラには、無理を感じるんだよね。

今は彼の「転換期」なのでしょう、俳優としての佐藤健の今後に期待しましょう。

で結局、「半分、青い。」の評価は? 

タイトル通り「半分」でしょうか、役者たちは頑張りました(特に 律=佐藤健の母親=和子さん を演じた、原田知世 がよかった。 Aniは癒されました、多くの中高年男子も、そうだったのでは?) でも脚本がイマイチだったので。



さて、新シリーズは 「まんぷく」



今回は実在モデルがいます、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」の生みの親、日清食品 創業者・安藤百福の妻、仁子(まさこ)です。

夫の立身出世を支える妻ですから、おおよそストーリー展開は読めますね、まあ安心して視れるのでは。

話題性でいえば、ヒロイン「福子」役の安藤さくらが、初の「ママさんヒロイン」 ということかな。

で、昨日までの一週目を見た感想。

まず、主人公の子ども時代は登場しません。いきなり成人したヒロインの登場です。
一週目に「子役」を使うのは、朝ドラの定番、テレビ業界では、「動物と子役には勝てない」という名言がある通り、この2つを使えば、まず間違いはありません。ほぼ「反感」は買わないでしょう。

今回、あえて「その手」を使わない、ただモデルの仁子さんの子供時代を調べてみると、父親が事業に失敗してかなり悲惨な子供時代だったようなので、あえて避けたのかもしれません。

女優陣は相変わらず豪華かな、松坂慶子、内田有紀、松下奈緒が家族、安藤百福がモデルであるヒロイン相手役が長谷川博己、ほかに片岡愛之助、桐谷健太。

ただ主役の安藤さくら、彼女 映画界ではカンヌ映画祭で最高賞を受賞した「万引き家族」で、審査員に絶賛されたように、その演技力は高く評価されていますが、ほとんどテレビドラマには出ていません。(出ているのかもしれないけど、作品が全く思い浮かばない)

の、せいか、今回の演技は映画ならOKでも、テレビでは「オーバーアクション」気味かな。

オープニングのタイトルバックもなかなかユニークです。ドリカムが歌っているのですが、いい感じ、気に入っています。

さっき安藤百福と仁子の生涯をウイキペディアしたのですが、インスタントラーメンに関わる泥沼の特許紛争など、脚本に織り込めないエピソードが結構あって、おそらくかなり「創作」するのでしょうね。

別に朝ドラは、事実を忠実に再現する必要はないのでそこはいいでしょう、どう展開させるかは、脚本家の腕の見せ所ですね。

2018/10/07 08:28 映画・テレビ TB(0) CM(0)
宗像大社のお参りは、沖津宮、中津宮、辺津宮の3宮を全てお参りしてコンプリートなので、次は港まで戻って近くにある中津宮へ。

女子たちの帰りの飛行機の時間が迫っていますので、駆け足のお参りです。



正面に立つ鳥居。



「明治三十七八年」とあります。

? 「七八年」 ?

こういう鳥居に出会ったのは初めてです。どう言う意味かみんなで考えましたが、わかるはずもありません。
ずっと気になっていましたので、さっき調べてみると、これは日露戦争の戦役記念で建てられた鳥居だそうです。
日露戦争が行われたのが、明治37年2月~38年9月 だったから。

へぇ~、これは鳥居以外にも記念碑ほかの形で全国各地にあるそうです。今度探してみよう!



社殿にご拝礼。なんとなく普通の社殿とは違う造りのような?

この造りについて、さっきネットで見つけたのですが、再発見できず。あしからず。



境内にあった「鯛みくじ」。
珍しかった(Aniは初めて出会った)ので、ここだけのものかと調べたら、日本各地に同じものがあるらしい。

どうも「目出鯛(めでたい)」にかかっているらしい。

まあ、およそおみくじの類はやらないAniなので、ここは当然スルーですが。

そうそう、社殿を降りた道すがらにちっちゃな水の流れ(川という感じではない)があって、なんと「天の川」

川をはさんでこじんまりとした祠が建っており、上にあるのが「織姫神社」、下が「牽牛神社」

なんとここ中津宮が「七夕伝説」発祥の地だそうです。(諸説あり) 案内板にはそう書いてあります。

でもホントに地味で、「ほんまかいな?」の印象。
正直に言うと、その時はそこが本物の「発祥の地」か、疑っていました。
あまりにも安易な、なんだか後から取って付けたような感じがしたので。

でもどうも「本物」らしいです。

なので、写真は取りませんでした。m(_ _)m
どうも、それらしく写る気がしなかったので。m(_ _)m m(_ _)m



さて、港に戻り帰りのフェリーを待ちます。
昼食どきなのですが、名物の海鮮丼をわざわざ食べにいくほどの時間もなく、また離島なのでコンビニなどあろうはずもなく、ターミナルのカフェには軽食がありますが、ここまで来てカレーっていうのもね。





この写真には見覚えがあります。多分ここが世界遺産に登録された時の報道で紹介されていたはずです。それで見たはず。



上の写真では欠けちゃってますが、「みあれ祭」といいます。
秋の大祭の折に、宗像にある七つの漁港の500隻以上の漁船が、沖津宮と中津宮の神様をお迎えし、九州本土にある辺津宮へお送りして祭礼を行います。750年前から行われていたそうな。



映像では、かなり壮観なお祭りでした。
これは、観光的には「売り」になるでしょうね。

帰りのフェリーに乗船。行きは「海」を楽しみたかたので、ずっとデッキにいましたが、帰りは気になっていた最下層の船室へ。
絨毯敷の船室に靴を脱いで上がり、到着までゴロ寝です。
懐かしい、高校生の時に言った新島へ向かう「東海フェリー」以来です。



行きに乗ったバスの折り返しで、最後の神様「辺津宮」へ。
ここは大きな神社です。大型バスが入れる駐車場があって、いわゆる「観光地」の佇まい。

「宗像大社」という名称は正確には沖津、中津、辺津の3社の総称なのですが、この「辺津宮」を「宗像大社」と称することもあるようです。(出雲大社 的な)
地元福岡では、「交通安全」の神様として知られているそうな。



神社全体は、このような樹木で覆われています。
本州の神社仏閣は、多くが「杉」に覆われています。高尾山とか高野山、日光もそうですね、天狗が出てきそうな巨木に囲まれています。
なのでここの樹木は、見慣れていないので珍しいですね。いや、そういえば、香港の寺院の周りもこんな感じだったかもしれません。やはり九州は「南国」なんでしょね。



これは鳥居のようですが、参道には面していないので、観光用(?)の鳥居?

どうも3社目なので、少々「お参り」疲れでしょうか。(毎年 正月には「七福神巡り」で、7社も回るのにね_(>_<)_)
拝殿までの写真はとってませんでした。

なのでいきなり拝殿です。





これは珍しい、拝殿の内部には「額」が飾られています。「百人一首」?

色々調べたのですが、ヒットしません (:>_<:)
(誰か由来をお教えいただければ幸いです)

拝礼を終え、隣接する「神宝館」を見るぐらいの時間はあったのですが、スルーして福岡へ戻ることにしました。
神宝館には、宗像大社から出土した多くの国宝が見られるのですが、どうも美術品とか工芸品ではない、埴輪とか土器の類は、鑑賞してもイマイチ ピンときません。

大社からは、福岡市内まで直通の急行バスがあったのでそれに乗車。
電車での乗り継ぎを考えると、これは便利です。



夕方に福岡の繁華街「天神」着。

結局、帰りの道中に適当な店がなく、遅い昼食となりました。

写真は入ったお店「竹乃屋」(福岡の鳥系のチェーン店らしい)の、「凍結ライムサワー」
凍ったライムが「氷」替わり、これはいいね、今度自宅でもやってみようかな。

以上、1泊2日の夏休み。

そんなにメジャーではない「観光地(?)」への旅はAniの定番なのですが、ほとんど一人旅なので、ツレがいるのは初めてかも。
同行してくださった方々、楽しんでもらえたでしょうか。

やっぱり「旅」は、いいね!!
2018/09/24 20:55 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、福岡市の北に位置する宗像市までJRで行き、そこからバスで港まで出てフェリーで中津宮のある「大島」まで行き、そこから遥か向こうの会場に浮かぶ「沖ノ島=沖の宮」を参拝するのがルートです。

博多からJR鹿児島本線で、宗像市にある「東郷」という駅までいきます。乗車時間 約30分。単線ではありませんが、田園地帯を抜けていく長閑なローカル線です。



「東郷」駅 です。

古びたローカル線の「渋い」駅舎をイメージしていたら、ピッカピカのモダンな駅でした。
調べて見ると去年新築したよう。もちろん宗像大社が世界遺産になったからです。

でも、じゃあ もし世界遺産にならなかったら新築してなかったのでしょうか。
逆に、世界遺産になったのですぐに新築したとしたら、なかなかフットワークいいですね。

大島に渡る港は「神湊(こうのみなと)」といいます。そこまでは東郷駅から西鉄バスで移動。約15分。





神湊渡船ターミナル 到着。ここもなんだか新しいぞ。





渡船「おおしま」も、新しい船でした。わずか25分の航海なのですが、立派な船です。なんと4階建て!

最上階が外のデッキで、3階、2階はエアコンの効いた椅子席の船室、で最下層の4階が靴を脱いでくつろげる絨毯敷の船室(寝っ転がって昼寝もできます。) 

大島港着。ヤバイ、港の写真がない。まあ、普通の漁村の佇まい? いやいや、ここのターミナルも新築されてました。



2階はおしゃれな カフェです。

大島は周囲15Km、人口700人の島。恐らく、主な産業は漁業。
フェりーの乗客の中には、釣竿を抱えた方がチラホラいましたので、世界遺産になる前のここは、観光客といえば釣り客だったのでは。ざっと見回したところ、宿泊施設は「釣り宿」みたいな感じでした。

今回 一緒の女子組は夕方の帰路フライトなので、あんまり時間がありません。なので急ぎ、まずは一番遠い「沖津宮 遥拝所」へ。

さて、どうやって行こうかと思いきや、フェリーを降りたら目の前に、遥拝所行きのマイクロバスが待機していて、15分で到着です。





社殿の後ろは「海」です。遥拝所の周りは、一軒だけ民家があるだけで、海沿いの崖に立つ感じです。



ここが、一般人には上陸出来ない「神の島」沖ノ島=宗像沖津宮に拝礼出来る唯一の場所となります。
では、肝心の「沖の島」は、果たして拝むことができるのか?



肉眼でもかなり微かにしか見えなかったので、写るかなと思っていたのですが、やっはり無理でしたね。

ちなみに、ちゃんと晴れていれば、こんな感じ。

images (2)

南海の孤島の海沿いの崖に立つと、感慨無量です。ずいぶん遠くに来たもんだ!

でも、ここ、ほかにはなんにもありません。次のバスを逃すと、しばらくボーっ待ってるだけ。

さっさと港まで戻ることにします。

to be continue \(^o^)/







2018/09/17 18:07 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。