FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
そろそろ 「あまちゃん」 以来の大ヒットを期待していた、現在放映中の 「半分、青い。」

なんか最近、違った意味で話題になっているようです。

その1:話の展開

主人公 楡野鈴愛(にれのすずめ)が、少女漫画家を目指して奮闘するストーリ展開が続くかと思いきや、漫画家デビューはしたものの自分の才能に限界を感じて、あっさり100円ショップの店員になってしまいました。

齢30歳。半年間オンエアする朝ドラの場合、歴史ものなら生まれてから死ぬまでを描くことが多いので、これぐらいのペースで歳をとっていくのは普通なのですが、現代物のオリジナル作品の場合はそんなに過去から描けないので、主人公はもっとゆっくり歳をとるのがこれまでのペースでした。

例えば「あまちゃん」だと、主人公は高校1年生から始まり、最後は25、6歳だったと思います。

で、今回の「半分、青い。」

そこからあっという間に結婚して、子供が生まれ、そして離婚。漫画家を辞めてから放送期間にして2ヶ月弱でこの展開、主人公は昨日の時点で37歳になってしまいました。


ぎり、「37歳」に見えるかな(>.<)

巷ではこの展開の速さに戸惑っている声が多数聞こえます。
次の展開を予想する間もなく、またエピソードの余韻を楽しむまもなく、話が次に展開していくので、正直印象に残らない。
このところ、話がどんどん進んでいくのを、淡々と見守っている感があります。

あきらかに、このようなストーリー展開はこれまでの朝ドラにはなかったので、脚本家を含め、NHKとしては実験的(?)な挑戦をしていることは間違いないでしょう。

果たしてこの「挑戦」、吉となるのか?

今のところAni的には「様子見」ですね。
見れなくはないのですが、面白いとは言い切れない。

まあ、どういう結末に持っていくのか、興味深いといえばそうですね。

その2:脚本家の行動

話の展開に関して、以上のように賛否両論なのですが、それに対して脚本家の北川悦吏子氏が、いちいちツイッターでコメントしていることが、どうも話題になってるようです。

Aniはツイッターを見ないので、内容については確認できていませんが、批判があれば反論したり、先取りのネタバレなども行っているようです。

これも含めて「実験」なのか。

わざわざ、他のメディアを使って自分の作品に対する「解説」、悪く言えば「言い訳」をするのはどうなんだろう。

ツイッターまでを含めて、ひとつの「表現」にしたいのでしょうか。

ちょっとそれについて、Ani的には「理解不能」です。

それでも、最後までちゃんと見るつもりです。

もう「習慣」になってしまったので、「見ない」という選択肢がないのです。





2018/08/12 12:05 映画・テレビ TB(0) CM(0)
その1



コーヒー、かつては自宅でもドリップして飲んでいて、好きか嫌いかといえば「好き」だった方だと思うのですが、タバコをやめてからほとんど飲まなくなりました。

本当に好きだったのかな?

そういえば、喫煙者だったサラリーマン時代、昼食後に駆け込んだのはタバコの吸えるコーヒーショップ(ドトールとかetc)。
そう考えると、好きでコーヒーを飲んでいたのかといえば、どうなんでしょうね。

飲み物としての「コーヒー」は、いわゆる「茶」系の飲み物、緑茶、紅茶etcと比べると、「重い」飲み物ではないでしょうか。
飲みごたえはありますよね、「しつこい」とまではいきませんが、「ガブガブ」飲む感じではありません。

それでもAniが一日に数杯のコーヒーを飲んでいたのは、たぶん「タバコ」のせいなのです。

タバコをやめるとご飯が美味しくなるって話をよく聞きますが、それはタバコのせいで麻痺していた「舌」の感覚が蘇るためだと言われています。
それでだいたい、タバコをやめると、「太る」んだよね。

Aniの場合太りはしませんでしたが、コーヒーが飲めなくなった、ところが最近、週末に美味しいコーヒーを一杯だけ飲みたいという、そんな思いが強くなってきたのです。

で、モンカフェとかのカップに装着してドリップできるのを試したのですが、ちょっと量が足りない(お湯を多く注ぐと薄くなってしまいます。

かといって、挽いてある粉コーヒーだと、週に1、2回しか飲まないから、酸化してすぐにまずくなってしまいます。

なので最低限で買える量の豆を買って、ミルで挽いてやってみようかと、今日、ニトリで買ってきました。

来週までに豆を買って、さておいしいコーヒーは果たして飲めるでしょうか v(^-^)

その2



温度&湿度計です。

同じくニトリで買いました。

今年の「猛暑」、ここまで厳しいのは生涯で初めてでしょう。

毎日、熱中症のニュースが飛び交っていますよね、そんなに簡単に人は熱中症になるのかって、一瞬思うのですが、どうも本人が気づかないうちにかかっているのが熱中症なんですね。

うちにも温度計、あるにはあったのですが、安物のちゃっちいやつで、どうも信用できない。
なのでちゃんとした物が必要かと。

うちは窓を開け放つと結構風が通るので、体感的には涼しいような気がするのですが、実際の温度はどうなのか。
「体感」よりも客観的に部屋の温度を知る必要があると思ったので。

エアコンつけないと、30度以下にはならないようです。

PS.
台風一過。

熱海のほうでは、高波による被害があったようですね。
気象庁はさかんに「予測不能」と行っていましたが、確かに。

被害に遭われた方々におかれましては、心中お察し申し上げます。

まあ、我々も多少「被害」に遭いましたが。



昨日は恒例の「LIVE PATRY 2018夏の陣」でした。

関東直撃も予想されていたので、流石に「見に来て」とは言えません、むしろ交通機関のトラブルを考えると「来ない方がいいよ」でした。

ほぼ、出演者だけのPARTY。

なんか現役時代のサークル合宿の、最終日の発表会みたいなノリで、妙に懐かしかったな。

それでも台風に関わらず来場いただきました出演者以外の方々、
本当にありがとうございました。

2018/07/29 20:57 その他 TB(0) CM(0)
言うまでもなく、「暑い」!

「暑い」と人は、なぜか「怒りっぽく」なると、誰かが言ってた気がします。
確かに、「暑い」のはわかりきっているので、「暑いですね」といわれると、「わかっとるわい」と返したくなります。

Aniは気候・天候に左右されず、「食欲」だけは安定してあるほうなのですが、今回は「食べなくてもいいかな」と思うことがあります。
簡単に食べられる食材があるならばそれで済ませられるのですが、「火」を使う調理が必要な時は、「もういいや!」となってしまいます。

で、こういう暑い時期にぴったりな調味料を発見しました。



「トムヤムクン 鍋・スープの素」

タイ料理で有名な「トムヤムクン」が手軽にできるスープの素。
写真の製品は近頃あちこちで目にする「業務スーパー」で売っているやつ。
調べると、ほかにもいろいろなメーカーで作っているようなので、ご近所のスーパーで探せばあるかも。

知られるようにはなったとはいえ、それほどポピュラーとは言えない「タイ料理」

一番有名なのが「トムヤムクン」なのですが、本場タイに近い味となると、ちゃんとしたタイレストランに行かないと食べられない。
なので、タイ料理は試したことがない方には、「トムヤムクンラーメン」がおすすめです。

手っ取り早くいくなら、日清カープヌードルの「トムヤムクンヌードル」ですね。



もうちょっとちゃんとしたのがいいなら、レイクタウンのフードコートにある「ティヌーン」で食せます。
(ここはチェーン店なので、秋葉原ほかでも試せます)

味は、「酸っぱ辛い」

好みのわかれる味でしょう、近いといえば、中華の「サンラータン」かな。

Ani的には、食欲のないときにぴったりです。



さて、「スープの素」ですが、写真のように「ペースト」状なので、使いやすいです。

エビのはか鶏肉や野菜を入れて煮込めば「鍋」になります。
またそのままお湯で薄めて「スープ」で飲んでもぜんぜんOKです。

あと、最近ハマっているのは、そうめんのつけ汁として食する方法。

夏は引っ張りだこの「そうめん」ですが、ノーマルなしょうゆ味だけだと飽きが来ますので、これはAni的にはお勧めです。

お試しあれ!!!






2018/07/22 07:26 レシピ・グルメ TB(0) CM(0)
その日の北千住駅 7時35分。始発の38分発中目黒行きに乗り換えるため、いつものようにホームで列車を待ちます。
ほどなく時間通りに列車は到着、何の変哲もない、いつも通りの通勤でした。

事件を知ったのは昼過ぎ、昼休みに見たNHKのニュースでした。築地の駅前で多くの人々が倒れこんでいる様子が映し出されています。地下鉄内で何かが起こったようです。ただこの時点では、これが事件なのか事故なのかわかっていませんでした。
これがのちに判明した、「地下鉄サリン事件」です。

この時 同時多発的にオウムは地下鉄内での猛毒ガス「サリン」散布を行ったのですが、そのうちの一つである日比谷線での事件、起こった車両は、その日Aniが乗った1本後の7時43分発始発の中目黒行きでした。

これにはいろんな意味で驚きました。
もちろんちょっとでも遅れていたら当該の列車に乗り合わせていたことに驚愕したのですが、事件が起きたのがよく知っている路線や駅だったからです。犯人たちがどこで列車に乗り込みどこで逃走したのか、その光景がほぼ想像できました。
なのでAniには直接的な事件とのかかわりはないのですが、何かと印象に残っています。
あと、20年近く逃走していた「走る爆弾娘」こと、菊池直子氏(のちの裁判で「無罪」となったので敬称付きます)の出身が同郷の「草加市」だったことも理由の一つです。

一昨日、教祖「麻原彰晃」こと「松本智津夫」を含む、オウム事件の死刑囚 7人の死刑が執行されました。
久々のオウム報道、あれから23年ですか。もうそんなに経ったんですね。

昨日、今日と、この執行についてはメディアが騒いでいますね。
確かにこの事件の全容が解明されたかというと、Aniもスッキリしません。なので死刑執行はは先延ばしにして、彼らから更なる証言を引き出すべきではなかったかという意見もありましたが、彼らを生かしたところでこれ以上何も出なかったとAniは思います。

なぜ一昨日だったのかとういう疑問も起こりました。今後 天皇陛下の退位、東京オリンピックと重要行事が続きます、平成に起こった事件なので平成のうちにケリをつけたかったとの意見も。

「死刑」制度そのものについても、EUからクレームがつきました。
ただ昨今の日本の風潮、「極刑を望みます」という被害者遺族の声が多いことを考えると、日本では難しいでしょうね。

事件以降、再発防止のためにいろいろな法改正が行われたせいか、組織的なテロは起こらなくなりましたが、個人による身勝手な「無差別殺人」事件はあとを絶ちません。

人の心に「闇」が芽生えないようにする方法があれば、この手の不幸は起こらないのでしょうが、その方法は全く思い浮かびません。

事件が起こるたびに感じる「無力感」
自然災害や不慮の事故ではなく、人が「意志」をもって起こしているから、余計に腹が立ちます。

いつか世の中から、この手の「不幸」がなくなることを願い、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。



























2018/07/08 09:36 時事 TB(0) CM(0)
サラリーマン時代はデスクワークだったので、常に運動不足。
なのでたまにウォーキングやジョギングをしてたのですが、いまは肉体労働者なので、運動は足りてるかな。
よってウォーキングやジョギング、このところ全然してません。

そういえば、もう「梅雨」が明けちゃいましたね、6月中の梅雨明けは観測史上初めてだそうです。
梅雨らしい時期は1週間もなかったのではというのがAniの印象。

そのせいではありませんが、晴れてるし、ブログのネタもないので、「散歩」(健康増進のための「ウォーキング」ではなく、気が向くままにぶらつくこと)でもして、ネタが落ちていないか探すことにしました。



うちの近所で散歩するなら、やはり「綾瀬川」沿いになります。北上すればのどかな田舎風景、南に下れば名勝「草加松原」。
北の上流方面は、いつもの「花見」どころでもあるので、「花見」以来行っていない、今日はそっち方面に行ってみることにします。



一本だけ高い木(けやき?)がそびえる「蒲生の一里塚」。

この散歩ルートは、花見を含めて何度か当ブログで取り上げているのですが、川のたもとにある この一里塚は取り上げていないかも。



ふむふむ、江戸時代には街道の一里(4Km)ごとにこの手の塚を作って、旅人の休憩場所、馬や籠の待機場所にしたそうな。
「県指定史跡」 埼玉県内で現存する一里塚は、もうここだけだそうです。
昔から人の集まる場所ではありましたが、今もそうです。今はNHKラジオ体操の会場になっています。



綾瀬川は東武スカイツリーラインを超えた下流が江戸時代に開削された新しい流れで、足立区で中川に合流するまで人工的な真っ直ぐな流れです。
対してその上流方面は昔からの流れでゆるやかに湾曲しており、川岸も未整備なので「自然」な感じです。
いわゆる「田舎」っぽい風景です。



また川を挟んだ蒲生(越谷市)、新田(草加市)地区は古くから人の住むエリアだったので、神社やお寺が点在しています。
写真は蒲生側の「蒲生久伊豆神社」、対岸の草加側には、いつもの花見場所のすぐ裏に「氷川神社」があります。

「久伊豆神社」と「氷川神社」、どちらももっと大きいのが両方の市街中心にあります。
なので区別するために、蒲生の方は頭に「蒲生」とつけたのでしょうが、氷川神社の方は「新田」とはつきません。
なぜかな、と思ったのですが、そういえば草加の「氷川神社」、いつの間にか「草加神社」に名称変更されていました。
そのせいかもしれません。


境内の切り株。大きさを考えると古さを感じます。



旧4号線の橋から草加バイバスの橋まで、その間橋はありません。なので対岸の草加側に渡るには蒲生側を1.5Kmくらい歩くことになります。

途中見つけたポスター。

男体山の山頂に二荒山神社の「奥宮」があって、そこで「ご来光」を迎えるみたいです。
行ってみたいけど、今年は無理だな。



草加側、桜並木が続きます。日差しを遮る桜の青葉がうれしいです。
やっぱ夏場は、こっち側だな。



このあたりは専業農家もあったりして、ちょっとだけ「農村」です。



氷川神社のすぐ横にある「ここ」 田んぼではありません。

「くわい畑」です。

お正月料理に出てくる(というか、正月以外にはほぼお目にかかりません)「くわい」、関東地方ではこのあたりが一大産地です。



氷川神社を通り過ぎると、川沿いの散歩もおしまい。
旧4号線にぶつかる手前、前にコスモスが咲き誇っていた空き地が、とうとう住宅になるようです。

川のすぐ近く、大雨で川が決壊、なんてことは今はないのでしょうが、住むかといえばAni的には微妙ですね。
大震災の時、海面上昇の影響がこのあたりまで及ぶとの説もありますしね。

さて、久々の「お散歩」

肉体的な「健康増進」には不要とおもっていましたが、「精神」的な「健康増進」には必要かも。

のどかな「田舎?」の川沿い散策、気持ちいいですね、なんか気持ちが「スッキリ」しました。

たまにはしたほうがいいみたいです、「お散歩」 v(^-^)
2018/07/01 07:37 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。